中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

PC危機一髪

2019年05月16日 | 日記
引っ越し後のネット接続の際に、windows defenderを7年間更新していないことが判明した我が家のPC。
慌てて更新を始めたのが5月8日、それが先程ようやっと更新完了しました。
更新が終わって、あなおそろしや警告レベル高のアドウェアが発見されたのでした。
無事、削除することが出来、ホッと一息ついております。

思い当たるのは何年か前、親戚の子供達が遊びに来たときにインターネットを閲覧していたのですが、帰った後から変な広告が出て消すことが出来ず、バックアップから日にちを遡ってようやく消すことができたあの時に入っていたものかもしれません。

子供達が帰った後、表示された電話番号に電話をしてお金を払わないと消えない仕組みのエッチな広告が出ていて、おばさん(私)は何じゃこりゃあ、とビックリしたのでした。
後日、本人にエッチな何か見たやろ?
とこっそり確認したら、案の定だったのです。
本人曰く、消すに消されず困った挙げ句に無理やり電源を切って帰ってごめんなさい、と言うので二人だけの秘密にしておりました。

広告が消えたことで大丈夫だと思っていましたが、アドウェア自体はこっそり生き残っていたのでしょう。
何年も経ってから、こんな形でまたあの時のことを思い出すとは。

あの子は、あれから自分ん家のPCでまた同じ過ちを犯していないだろうか?
ちゃんとwindows defenderの更新をしているか、またこっそり知らせてやらにゃあならんな、と思うおばさんでありました。
コメント