四十路男の失敗日記

40代独身男(永遠の三十路)の苦闘の日々。不安障害を患うアラフィフ男の青春の挽歌。

ガルオウガ様の憂鬱

2019年09月18日 | スター☆トゥインクルプリキュア
スター☆トゥインクルプリキュアで、絶賛活躍中の筋肉馬鹿・ガルオウガ様。

感想記事では貶して(はいないが)いるような書き方してるけど、本当の彼は悲しい人なんじゃないかと思った次第。

故郷の星が滅び、仲間を助けることもできずに故郷の星のそばに留まっていたガルオウガ様。
そこに似たような境遇の河童や天狗が集う。

やがて、黄道12星座に入れてもらえず(時代遅れゆえ)スターパレスを追われたへびつかい座であるダークネスト様が降臨。
力のないガルオウガ様たちは、一も二もなくダークネスト様に従うことに…

宇宙空間では呼吸ができない、というか呼吸が必要な肉体であるガルオウガ様は地球人に近いタイプに違いない。
あの筋肉を見れば、エネルギー燃焼の際に多量の酸素が必要なことは明白だ。

その水色の筋肉も、ジムに通って必死にトレーニングしてパンプアップしまくってたに違いない。
そう、会社帰りや休日にジムでビール腹を引っ込めようと運動している地球人リーマンと変わらないのだ。

ガルオウガ様:
  「ダンベル何キロ持てる?」

滅びる前の母星で、仲間と和気藹々トレーニングに励んでいた姿が目に浮かぶようです。
ときどきチラっと、意中の女性がベンチプレスする姿を視界の端に焼きつけたりして、あぁ~もうたまらねぇ、運動したら30分以内にたんぱく質を摂取すべきだがここはいったんトイレでたんぱく質を処理せねば…💦

そんなガルオウガ様がダークネスト様の部下になって、何がしたいかといえばもちろん、ユニと同じように母星の復活を目論んでいるわけで、星奈ひかると同じように一人では何もできない凡人であるガルオウガ様はダークネスト様の力を借りようとしているわけだ。

星奈ひかるたちがスタープリンセスの力を借りようとしているのと同じで、ガルオウガ様たちは元スタープリンセスの一人であるダークネスト様の力を借りようとしている…。

あと足りないのは、フワです。
見かけによらず強大な力を持つフワ、これがないと起爆剤がないようなものでダークネスト様も力を発揮できない。
これをプリキュア側から奪うことが、ガルオウガ様たちのこの秋以降のお仕事なのだろうと。

ユニはレインボー星の復活を目指していて、まだガルオウガ様も共感できるけれど星奈たちはとくに必要もないのにわけわからん御託を並べて殴りかかってくる。

本当は心優しくちょっぴりえっちな中年であるガルオウガ様、思春期の経●くさい小娘どものオヤジ狩りに(ご褒美だ…)などと屈することなく、悲願の母星の復活を果たしてほしいと願わずにはいられない。



  妄想です 苦情は平にご容赦いただきたく
コメント (1)

イクにゃん!

2019年09月17日 | 雑記
今日は歯科病院いくにゃん。
治療中の大事な歯が痛く、神経とってあるのになぁ~?と医師が言っていました。
原因はよくわからんそうで…

この歯は、近々部分入れ歯の金具を支える歯となるので、失うのは困るのだ。
何とか治療して生かさねば。
まだ麻酔から目覚めて時間が経っていないのでホゲホゲ。
次の予約は年末か~、入れ歯は来年にはなんとか。

今日は兄とガンダムの話で盛り上がってしまった。
やっぱり一年戦争だよなーと一致するあたりは昔と変わっていないなぁ。池田秀一談義してしまったよ。

その兄、ライダーさんを見ているそうで。
特撮を見ているなら、私がプリキュア、プリチャン、アイカツ見ていても馬鹿にはできねぇわなあ、というか血は争えん。
あと、乃木大将だかなんちゃらのアイドルグループが好きとか、おいおい50代…

割と自由人な兄で、なぜかホッとした一日だった。
コメント (2)

キラッとプリ☆チャン 第75話 いっしょにハピなる!めが姉ぇさんと私!だもん

2019年09月16日 | キラッとプリ☆チャン
部屋とかな恵と私。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

ディアクラウンの幸瀬なる店長が持ち込んだ純粋な共同企画に、ひたすらごうつくBBAな態度をとるめが姉ぇさん。
プリチャンアイドルたちからも、時代遅れのオールドミス扱いされて鬱状態に…

そりゃ中学生店長(前世)のなる店長と比べりゃやることなすこと古いわ、だが経験と年輪ってもんがあるわけで、古きものすべてが悪しきものではない。

なる店長にとって、かつてプリチャンアイドルデビューの背中を押してくれた恩人、そして今では憧れの店長……紙芝居でめが姉ぇさんに感謝の気持ちを伝えるなる店長が健気でかわいかった、脚線美がセクシーだった。

ここで萌黄のライブ、ついにジュエルチャンスくるのかと思いきや、めが×なる仲直りのダシに使われただけで本当に気の毒だった。くそドえっちなコスチュームで唄い踊る萌黄が悲しくて、かな恵と英美里の感動の和解よりも泣けた…

虹ノ咲デビューとか青葉が二代目めが姉ぇ候補とか、いろいろと伏線があったような今回だけど、萌黄と赤城のジュエルアイドルだけは読めんな。

とりあえず今週は、ビラを配る桃山の太ももに欽ドン賞(〃'▽'〃)太山!
コメント

スター☆トゥインクルプリキュア 第32話 重なる想い☆新たなイマジネーションの力

2019年09月15日 | スター☆トゥインクルプリキュア
淫獣玩具販促回。

「フワを育てよ」とのスタープリンセスの命令で、フワを猫かわいがりして飯を喰わす星奈たち。
なんかかわいくなくなった上に手間がかかるようになった淫獣に、とっ捕まえたガルオウガ様もがっかり気味。

そのガルオウガ様は、ユニと同じように故郷の星と仲間とを守れずに失った、オレヨエーとまたぞろ自分語り。
スタプリのおっさんどもは自己憐憫好きな。

つらい過去を背負っているんだかなんだか、それを哀れだと思えと口に出してる筋肉馬鹿は負けること決定なんだよな、そんなんでマウント取んなって話。
とはいえ今週も小娘たちに袋叩き、新たな合体技の実験台にさせられたのは少々気の毒ではあった。
ダークネスト様が助けに来なかったら●んでた。

部下が負けても叱責はせず、新しい力を込めた腕輪を授けるダークネスト様はいい上司。
まぁ新必殺技のお披露目に付き合ってやったわけで、いい仕事はしたと思うよガルオウガ様…

フワという「器」を満たすためにトゥインクルイマジネーションとやらを探せというプリンセスども。
ペンを全部集めたと思ったら、今度はどこにあるのか皆目見当がつかないブツを探せという無理難題を押し付けられたところで以下次回。

つらい過去+元怪盗のユニの立場が微妙なんだよなぁ、フワを守るの一点張りが免罪符になってるような感じがしないでもないのがもやもや…
とりあえず今週は、ニーソと靴を脱いで足水浴びするユニの脚線美に欽ドン賞。
コメント (12)

木戸カツ……

2019年09月14日 | アイカツフレンズ!
ようやく湿度が低くなって、涼しくなった感じ。
スーパーに母上とお遣いに行ってから、駅前量販店に行ってみた。

用事を済ませて、玩具コーナー偵察デュフフ。
おう、プリチャン商品が充実している……スタプリも新しいフワの玩具出てる~古いの買った親御さんは哀しいですな。
なんかキュアスター新フォームのプリコーデドールが出て、ネタバレしているんですが……一緒に入っているプルンス君のフィギュアが欲しかったけど我慢汁。

ここへきてアイカツフレンズ!商品も登場、ワゴンセールじゃなかったのは意外だった。
湊みおの人形が欲しかったが(ぇ)値下げされるまで待ってもよかろう。。

ということでゲーム筐体です。
土曜日だというのに、プリチャンもアイカツフレンズも遊んでいるお子さんやお姉さんがいない。
木戸&あいねが必死に客寄せしていたのが健気だったのでパチリ(撮影可)

もうあと2~3週間で、アイカツオンパレードの筐体に替わるのかと思うと寂しさを禁じえなかった。
ここで一発、アイカツ総選挙に投票するためにプレイしてみるか……という勇気はなかったっ(腰抜け)
コメント

アイカツフレンズ! 第74話 時を超えたステージ

2019年09月12日 | アイカツフレンズ!
ソルベット閉店セール第2弾。

何年前の設定だっけ? おばさんたちの意地の対決はいいけど、苦手な椎茸とブラックコーヒーの克服、危険な冬山登山……これってアイカツか?
まぁちょっと変な作画も相まって、へごパイセンがかわいく描かれていたから良しとすべきか。

後ヅケ設定ながらラブミーティアとアイビリーブ因縁のステージ対決、地元の王女が出てる時点でアイビリーブの勝ち確定だろ……ってこれは勝負じゃないのか、盛り上がらないなぁ。

熟年夫婦の田所&へごと、初々しい●ズカップルの日笠&大西との対比はよかった。
正直日笠のヘソしか印象に残らなかったけどな!

残り2回になってしまったけど、次回がトリのピュアパレットのステージ、最終回は日本に戻って涙、涙のお別れか…
うん、木戸さんは戦犯じゃないよ、ここまでアイカツシリーズを支えてきた功労者、新番組も頑張ってほしいのだ。

今週は意外なところでココさんと夜明けのコーヒーを飲むことに成功したが、10月からが心配でしょうがない。
予告を見ると、スター宮夢の競演に希望が持てそうな気もするのだけど…。
コメント

シャボン玉戦争

2019年09月11日 | その他・趣味
日中はクソ暑いけど、日暮れが早くなって秋の夜長がやってきた。

私は蝉の鳴き声が途絶え、紅葉の始まる悲壮美が好きだ(幻魔●戦?)
少年の頃の、秋に体調が回復した記憶が影響しているのだろう。



夕方になると、よく自転車で走り回ったものだった。
だんだん走る距離が伸びて、いろいろなところに出かけられるようになっていき、世界が拡がった。

…という一人で気張っていた時代から数年後、遅れて高校に入った年の秋、失恋したたっ
友だちでいようよという悪夢。
何度その定型台詞に泣いたことか。

それからはまっていった、男女の汚泥にまみれた世界……翻弄され、傷つけ傷つきでキたおロしたの恐ろしい世界…
その流されまくった学生時代は遠くなり、気がつけばとっくのとうに人生の折り返し点を過ぎ、あとは枯れるだけのシブい人生だよなぁと思っていたのだけど。

旧友の幸せ報告と、人の縁は年齢とか境遇とかぜんぜん関係なく訪れるとの励ましをいただいた。
まぁ諦めたら何でも終わりだよなとわが身の駄目さ加減を棚に上げての希望を捨てない姿勢、姿勢だけでもいいんだよ、突然の幸運を逃さないようにすれば。

そんな幸運そうはネーヨ、周囲を見回したことあるのかおまえ、省みたことあるのかおまえ。
せいぜい同人誌に開きグセがつくくらいの「青春」しか残されてネーヨという自己憐憫にも似た思いが去来する。

「自己憐憫だけはやめれ」ときつく言われているので、しょーもない自分語りはやめにしよう。

とりあえず無精髭と鼻毛はやめようよ、白髪も一度は諦めたけど染めようよと思った秋の夜長だった(寝れ)

コメント (2)

キラッとプリ☆チャン 第74話 みーんなオシャレ!デザインパレットだもん

2019年09月09日 | キラッとプリ☆チャン
総集編と販促回、ネタ切れか?

「いい匂いがしそうなみらいちゃん」の映像を見ながらの虹ノ咲の自慰タイム、桃山との結婚まで妄想してる虹ノ咲の病み具合がいい感じ。

これまでのジュエルアイドル誕生回の回想、残るは萌黄と赤城……
仲が良すぎるクボタとセリコが残ってるのは、何かサプライズがあるんじゃないかと期待させます。
今週も顔くっつけての喧嘩っぽい愛情表現が妬けたわ。


今後登場する「ダイヤモンドコーデ」
デザイナーズ10に選ばれた10人から、一人だけ獲得できるスペシャルなコーデ。
キラッツ、メルティック、リングマリィ合わせても8人なわけで、ここに虹ノ咲とその相方が入ってくるんだろうな。

虹ノ咲も、レアもののデザインパレットを所持。「だいあ」なんだから当たり前だが、プリチャンでは選び抜かれた者だけが獲得できるアイテム、みんな買おう(参考価格¥10,778)
めるめるなら簡単に自作できそうだけど(禁句)

デザインパレットの販促&ダイヤモンドコーデ予想でくんずほぐれつなアイドルたち、恥ずかしいコスプレを桃山に褒められてまた手淫が捗る虹ノ咲であった…

コメント (2)

スター☆トゥインクルプリキュア 第31話 守り抜け!最後のプリンセスのペン☆

2019年09月08日 | スター☆トゥインクルプリキュア
月面で宙返りした顔のくせに。

安定の星奈のケツ…じゃなくて、星空連合のトップとやらのジジィ、星奈を宇宙戦艦に連れ込んで何をするのかと期待させておいて責任がどーのこーの。

老害の自分語りに続いてのオレヨエー、弱くてもプリンセスを護る責任がある、だからプリキュアも星空連合の傭兵になれと。
まぁ面倒くせぇな、地球での日常パートもあるし、相手にしないよありえない。

しかし、意外と責任感の強い星奈には効いたジジィの言葉。
ガルオウガ様に圧倒されても諦めない、自分ひとりでは弱いが仲間がいれば守り抜けるという伝統的なプリキュア根性。

マッチョおやじを小娘どもが袋叩きにする構図だけど、これが宇宙を護るスタプリの自覚と責任、オヤジ狩り的に最後のペンを奪ってのスターパレス復活劇の流れはスムーズだった…

なんか淫獣が変化しちゃってるぞ。
一角獣座がモチーフなのかしらんけど、フワフワ感がなくなって可愛さもなくなったのは問題だなぁ。
なんで他所で使うフワ人間態をここで出さないの? キャラクターの無駄遣いは勿体ないですよ。

プリキュアとしての責任なんて、話題にするほうが野暮というか無言のうちに片づけられていたような気がする。
プリキュア娘には日常生活があるし、ただでさえ要らないんじゃないかと言われるバトルパートとの兼ね合い…

「プリキュア」という番組の本質を自ら問う、スタプリスタッフの本気が素晴らしい。
どう収めるのか大変興味深いです。まさか新玩具を登場させるためだけの前振りじゃないですよね?

……というのはまぁ表の感想で、実は冒頭でぼんやりジジィの話を聞くユニの胸の谷間に欽ドン賞、とか思っていたのは秘密。



コメント (12)

夏の残り香

2019年09月07日 | 雑記
いやあ残暑厳しいですね。
蝉の声も数が少なくなってきて、秋はもうすぐ…


一応サムネで
羽がボロボロ、木の枝に支えられてるような蝉が気の毒だ。

虫といえば、壁に変わったのが止まっていたので撮影。


ほぼ葉っぱ、しかも少し枯れてるところがすごい
昆虫の擬態ってのはすごいもんです

台風が明日から明後日にかけて接近するとのこと、勢力が強く、海からそのまま来るので油断はできませんな…


先日発行された新210円切手、偽造防止のために隠し印刷が


西表石垣国立公園、近年の普通切手では一番の好み。
コメント

アイカツフレンズ! 第73話 ジュエリングフェスティバル前夜祭

2019年09月05日 | アイカツフレンズ!
ところで今週の木戸カツを見てくれ、こいつをどう思う?

すごく……前座です…

前座ならまだいいんだよ前夜祭だし、ただなんかソルベット王国に戻るの見ていて疲れる…
観客もまばらだし、落日のアイカツフレンズ!を見ているようで辛さしかない。

木戸&あいねが司会進行役で厳しい役をやらされてんなぁと思ったが、間を繋ぐ春風わかばはもっと痛々しかった。
新人はこういう仕事も引き受けなければならないという、アイドル界の闇。

とりあえずステージ映像を流しておけば磐梯様にも顔が立つし、いいだろう的な思惑が透けてみえるような…
なんか盛り上がっているソルベット国民の目が●んでますよ!

次回は本祭、ラブミーティア、アイビリーブ、ピュアパレットのステージ。
アリシア王女が夫(天翔)を連れて凱旋、嬉し恥ずかし夫婦ステージを国民の前で…!
ソルベット王国の最期だなこりゃ。

木戸カツ残り3回、CMでも10月5日からの新番組の宣伝をガンガンやってるし、スター宮も元の姿に戻っちまった。
もう最後なんだからさ、ココさん実体化してくれよ、もう何でもアリだよ。
コメント

秋が来てあきられて

2019年09月04日 | その他・趣味
ちょっとまだ湿度が高いけど、関東はかなり涼しくなりました。

郵便物を出しに局へ行くと、発行予定にない(?)切手が売られていたので購入。
局員のお姉さんに聞くと、くじ付き暑中見舞はがきの賞品で、一般販売もするとのこと。

ネットの郵便局を見てもこの切手は載っていないようだが…小さい郵便局なので、間違って販売してしまったとかなら嬉しい。

月と桜、季節感がないような気もするけどいいデザイン。
秋の寂しい黄昏を思い出す…
月をよく見ると十六夜というのもポイント高い。

明け方の夜空は、ひと足早く冬の星座で賑わっております。
やっと厳しい夏が終わって、ホッとしている昨今でした。


先日、3か月ぶりの歯科病院へ。
いよいよ部分入れ歯が近くなってきたけど、今年中は無理かな。。
コメント

キラッとプリ☆チャン 第73話 さらちゃん悩む…スランプを乗り越えろ!だもん

2019年09月02日 | キラッとプリ☆チャン
後から来たのに追い越され。

化粧品CMのオファーが緑川さらに来たけど、いい新曲が思い浮かばないというスランプ。
なんのことはない、緑川が自分を特定のカラーに決めつけすぎていたという単純明快な話だった。

クールなだけを売り物にしていると行き詰まる、かわいいもの好きだっていいじゃないか、ただちょっと度が過ぎて変態なだけで。
どんな緑川だって受け入れてくれる、それがファンってもんだろ。
ということで、虹ノ咲から気づきを得た緑川が新曲披露であっさりジュエルアイドル化。

無邪気に応援している場合じゃないんだぞ萌黄……とも思ったが、そういうところが萌黄の人間的な器の大きさだと好意的に捉えておこう。

虹ノ咲と会話しているバーチャルだいあは、今流行りのAIなんだろうか。
虹ノ咲デビュー&ジュエルアイドル化を自身が裁可するようなインチキはないのか、多少の贔屓はあるのか、プリチャン世界の闇を見る思いだ。

今週は、CM撮影の邪魔をする金森のムチムチプリリ~ン(死語)ばかりが印象に残って欽ドン賞(〃'▽'〃)j


コメント (4)

スター☆トゥインクルプリキュア 第30話 ララの想いとAIのキモチ☆

2019年09月01日 | スター☆トゥインクルプリキュア
オヨ子凱旋篇パート2。

アイワーンと天狗おばさんとの共同戦線でサマーン大混乱、ペン泥棒の件は有耶無耶に。
星空連合は、プリキュアよりマザーAIを瞬時に乗っ取って活用するりえしょんとかいう天才を傘下に入れた方がいいんじゃないのか。

アイワーンの狙いはユニただ一人、そのストーカーぶりを見るに、よほどバケニャーン大好きだったとみえる。
ユニを捕らえて性奴●に……ユニアイあくしろよ。

それと並行して、オヨ子とパーソナルAIとの人知を超えた愛情……なんかフ●タ製菓の気味悪いロボのCMを見ると余計に新感覚だなララ×AI、「ひかララ」はもう古い、古いんだ。。

AIに頼りきりでむしろ退化したオヨ子の家族と、地球という辺境でサバイバルして成長したオヨ子との対比、でも家族という観点では「いつまでも子供(妹)は子供(妹)」、親兄弟を大切にというメッセージ性も完璧。気の毒だが、家族のいないアイワーンが敗れるのも自然な流れだった。

決して家族を蔑ろにせず、驕ることなくプリキュア道を邁進するオヨ子に感動を禁じえなかった。ただ急に人間味溢れだしたAIとの●ズもどきが少々気味悪かっただけで……それもLGBT的な多様性をもって肯定的に描くあたり、さすが社会派アニメ・スタプリだった。

コメント (12)

やるっしゅ倶楽部

  
来海えりか/キュアマリンをしつこく応援し続けようと思うんだ。
ハートキャッチプリキュア!を、何かとオカズにホンホンするクラブ。2011,09,01現在、部員2名(えー

gooブログ おすすめ

  • RSS1.0 RSS2.0