四十路男の失敗日記

40代独身男(永遠の三十路)の苦闘の日々。不安障害を患うアラフィフ男の青春の挽歌。

『おジャ魔女どれみ』Blu-ray BOX発売記念特番とか

2016年09月29日 | おジャ魔女どれみ
先日、たった一回だけですが「おジャ魔女どれみ」の再放送が、東京MXさんでありました。
Blu-ray BOX発売記念(告知)なんだそうで…まあ、とても手が出る値段じゃないんですが。
10年近く前に、再放送とかVHSとかその後DVDで見たりしたんですが、今回の録画を見て、そういえばこういう話あったなーと。
(押し入れにDVDがあるので、そのうち改めて見よう)

ホラ吹きの横川信子さん、いましたね~。
お父さんが行方不明で…という嘘をつかれた妹尾さん大激怒。たしかご両親が離婚したんですよね、妹尾さん。
横川さんと妹尾さんとが、仲直りに至るプロセスが良かった話。(チョーク投げる先生っていたなー)

横川さんのウソも、慣れれば楽しいと言っていた春風さんと藤原さん、「毛ガニの話」ってのが非常に気になります。なんだそれは?!
横川さんが書いていた「少年探偵縦川」を読んで、激怒していた妹尾さんの心が解れていく。
ちゃんと謝る横川さん、きちんと受け止める妹尾さんが教育的。魔法はあくまで後押しするだけという作り。日曜朝ならではという感じです。
ゆき先生(´ヘ`;)ハァハァ(ぉぃ

続きはBlu-ray BOXで!というSHOW by ショーバイ!!が上手いですね。レンタルDVDも、もう置いていないお店が多いみたいですし。
それはそれとして、ラノベの新作をアニメ化したら、結構受けるんじゃなかろうか。3巻か4巻くらいまでしか読んでいないのですが、なかなか良い内容です。
せめて馬越さんのイラスト集を、倹約して買おうかな。。

なーんてことを思った再放送なのでありました(販促効果あり??)
しいて言えば、放映当時の玩具CMを見られないのが残念といえば残念です。
コメント

おジャ魔女どれみ ナイショ 第13話(最終回) 「時をかけるお雛さま~どれみのないしょ~」

2013年07月02日 | おジャ魔女どれみ
弊ブログで、安定した閲覧数の「ナイショ」最終回記事。
最近では「ドキドキ!プリキュア」のレジーナ役でお馴染み、渡辺久美子さんがこの回のメイン
「ふぁみ」を演じておられるので、懐かしくなって再視聴しました。

※加筆・再録記事です


春風どれみにストーカー?
草葉の陰から、春風さんを見つめる女の子がいましたとさ。

かなりドジな上、「私って世界一不幸な美少女…」という科白。
何かもう、感じさせるものがあります。

いつものように廊下に立たされてる春風さんの前に姿を現した少女。

  
 「あたし、ふぁみ!小学校5年生」

廊下で話しているうちに、春風さんとふぁみさんは急速に親しく。
ふぁみさんは、お婆ちゃんに会いにやって来たとの事。

先生に見つかりそうになって姿を消したふぁみさん。
見つかりそうで見つからない、ハラハラさせる演出(学校見学という理由はどこへ…)。
関先生の怒りっぷりがギャグ調で良いです。

おジャ魔女仲間もまるっきり、ふぁみさんの存在を信じてくれません。
「給食にステーキが出る」と言ってたふぁみさん。それがリアリティ無いんだそうです。
挙句の果て、お化けかもしれないなどと言われる春風さん、案外人望無いな。。

 
夕方、ふぁみさんが再び春風さんの前に。
もしも魔法が使えたら…という話で、「好きな男の子に告白する勇気が欲しい」。
意見が一致して、ますます親しくなる、春風さんとふぁみさん。
魔女界のこととか妙に詳しかったり、怪しさ一杯の女の子ふぁみ。

  
  

ふぁみさんは、春風さんの家に招待され。
ふぁみさんの大きな帽子の中には、綺麗なピンク色の髪の毛が隠されてました。

春風さんとぽっぷさんが飾り付けるお雛さまに見覚えがあるらしい、ふぁみさん。
お雛さまの土台の裏の落書きに見覚えが…。

春風母によると、それは妹が生まれたばかりの春風さんが、妹にお雛さまを取られないように
自分の名前を書いたものだそうで。

春風母:
  「お雛さまにお願いします」
  「この一年、ぽっぷ(と、どれみ)が幸せに過ごせますように」

頭をなでながらの春風母の呪文(?)に、ふぁみさんは自分のお婆ちゃんの姿が重なって…。

  
  春風さん:
  「お雛さまにお願いします」
  「ふぁみちゃんがこの一年、幸せに過ごせますように。 えへへ、これ春風流」
春風さんがお母さんの真似をして、ふぁみさんにやってあげると
ふぁみさんは涙を流し、春風さんに抱きつき。。
この時、小さい声ではありますが、はっきりと「お婆ちゃん!」て言ってます、ふぁみさん。

  


その後、瀬川さんの誕生パーティーに行く春風さんの後をつけ、 MAHO堂の中で
魔女見習い服に着替えた春風さんを見て、ふぁみさんびっくり。

ふぁみさん:
  「好きな男の子に告白する勇気か…。大丈夫、あたしがここにいるから、告白出来るよ」
  「どれみお婆ちゃん」
ふぁみさんは、バレバレではありますが、未来から来た春風さんの孫娘でしたというオチ。
目的は、お婆ちゃんに会うため。お婆ちゃんがよく話してくれた、魔女の話が本当だと教えるために。
でも、お婆ちゃん自身が魔女見習いだったことに、満足げなふぁみさん。
要するに、ふぁみさんの生きている時代では、春風さんは既に…。

  

ふぁみさん:
  「ピーリカピリララ ポポリナペーペルト」
  「あたしを、元の時代に戻して」
ふぁみさんの呪文が、春風さんのそれと全く同じ未来の魔女見習いだったという話。

 
  おジャ魔女どれみ ナイショ  完


いつか、ふぁみさんが孫として生まれた時、このエピソードを春風さんは覚えているだろうか…。

なかなか感動的で好きな話なのですが、何度も観ているうちに少々矛盾する点が。
最後にMAHO堂で魔女ガエル(マジョリカ)を覗き見したふぁみさんが、「あれは…」と言ってますが、
ふぁみさんの時代には、魔女ガエルの呪いは解けているのでは…?
こまけぇこたぁいいn(ry

疑問点が無くはないですが、それを差し引いてもよく出来たお話で、「ナイショ」の最後を
飾るに相応しい一篇でした。
ふぁみ役の渡辺久美子さんの好演も光りました。ふぁみさん可愛い(*゜∀゜)=3
レジーナ様が人気出るはずだよ!

現在のところ、この話が「おジャ魔女どれみ」の最新作です。
OVAと言いつつ、各放送局で何度も放映された謎アニメ。
「ふぁみ」さん、なかなか良いキャラです。彼女を主人公にした「新・おジャ魔女」シリーズ(仮)を
やったら、結構ウケるかもしれません。

この話が収録されているDVD第7巻

  

私のしょうもない文章では、伝わらない部分も多いので、レンタルででも
是非、アニメを見ていただきたくm(_ _)m
感動しますコレ。  

本日発売のライトノベル「おジャ魔女どれみ17」に、限定ではありますがドラマCDが付くそうで。
経済的にちょっと厳しいですが、いつかは聴きたいと思います。

コメント

「プチぷりちぃー 飛鳥ももこ」とか「東日本大震災」から2年とか

2013年03月11日 | おジャ魔女どれみ
日曜日、「ドキドキプリキュア」の感想を書き悩んでいると、荷物が。
「脱・キモオタ」の禁を破ってしまった…

EVOLUTION TOY様の「プチぷりちぃー」シリーズ飛鳥ももこ。
「も~っと!おジャ魔女どれみ」での魔女見習い服とパティシエ服の2体セット。
発売からもうかなり経っていて、異常に安く売られていたのを保護しました。

2体、別々の箱になっていて、ビニールテープで緊縛されていました。
箱の中に、手首パーツが散乱しているのを見て、一抹の不安が…

まあなんというか、これほど扱いにくいフィギュアが他にあるだろうか…orz

  

造形は結構良いと思うんです。

可動フィギュアで、あちこちパーツ交換が出来るのが仇となったか…。
こちらを直せば、あちらがポロリ。あちらを直せばこっちがポロリ。
とにかくパーツがよく外れます。
見習い服の方は、左脚付け根がすぐに脱臼。直そうとすると首が取れ、さらに直すと
今度は腰と顔が外れ…かなーりストレス溜まります。接着したろかー!と思ったけどやめました。
イカリングの位置(というか向き)が悪く、首がほとんど無可動で肩の動きも制限されるorz

パティシエ服の方は、関節は外れないのですが、パティシエインカム(カチューシャ一体のやつ)が
頭にフィットしなくて、ポロポロ外れる。。。
パティシエポロンを持たせると、手の形が悪いのかポロンが曲がるorz

  

スタンド別売り。自立はしますが、地震で簡単に倒れそう。
関節ぐにゃぐにゃなので、いろんなポーズを取らせることは諦めました。

これは…ワシがハズレを引いたのかなぁ。
ワシがこれほど文句を垂れるのも珍しいと思います。。

  

なんだ、キモオタ部屋に飾っておるではないか。
うん、静かに飾っておくには悪い商品じゃないですよ。
倒れても軽量なので、ダメージほとんどないですし。
あまり弄らず、そーっとしておくのが良いかと思います(えー

もし購入をお考えの方がおられたら、専用スタンドを買うか、高さ10cm弱になる
スタンドを用意することをお勧めします。
関節等がポロポロ取れやすいのは、該当部分に瞬間接着剤を塗ってよく乾かし、
接合部をきつくすると良いかと。
工夫次第です。

あまり出回っていないのですが、初代見習い服のプチぷりちぃー飛鳥ももこには
ホウキやスタンドが入っているので、組み合せると楽しいかもしれません。

今日は文句ばかり垂れて、申し訳ないですm(_ _)m



ところで、今日は東日本大震災から丸2年。
キモオタ部屋で、荷物の下敷きになったり、一週間断水したせいで20リットルポリタンク一杯に
水を入れて団地の5階まで毎日運んだり(肩や腕が脱臼するかと思った)…。
水道が復旧したあの日の感激は、一生忘れないだろうと思う。
地元は埋立地のため液状化が酷く、今でも水道工事をしているところがあります。
道路が撓んでいたり、マンホールが突出したりしたまんまのところも多く。工事しないのかよ。。

震災当時の様子は、2011年3月12日の記事をお読みいただけたらと。
当時は、多くの方々にご心配をおかけしましてすみませんm(_ _)m
こんなにも励まされるのが嬉しかったことは無いです。

千葉県北西部の地元の被害など、あの日慄きながらテレビで見た大津波の映像と比べたら、
蚊に刺されたほどのものでもない。犠牲になられた方には、心よりご冥福をお祈りします。
避難生活を余儀なくされている方々も多い現状。どうかお身体大切に頑張ってください。
原発事故が、もう終わったかのように報道がおざなりなマスコミはいかがなものかと。
最悪、日本に住めなくなる危機だというのに。。

  

液状化の砂がまだ残る芝生に、カタバミの花が。
何か生命力の素晴らしさを感じて、写真に収めました。
コメント (8)

おジャ魔女どれみ16 TURNING POINT (第3巻) 感想っぽいもの

2012年12月01日 | おジャ魔女どれみ
東堂いづみ・原作
栗山緑・著
馬越嘉彦・イラスト
講談社ラノベ文庫

「おジャ魔女どれみ 16」の第3巻が、本日到着。
早速読んでしまいました。

今回の副題は、「TURNING POINT」。

あ、ネタバレを書きますので、まだお読みでない方はここでUターンお願いします。

第1巻の記事はこちら

第2巻の記事はこちら





表紙は、妹尾あいこさん。なんだ…この素敵なイラスト。
モモリアン感涙です(えー

単に、順番に表紙に登場しているのかと思ったら、ちょっと違うような。。

このシリーズ、早くも3冊目です。
しばらく「おジャ魔女どれみ」から離れていたのですが、読み始めたら俄然、春風どれみペース。
もう、キャラクターの声が声優さんの声で再生されまくり。ぬお~。

イントロダクションは、第2巻の終わりにちょこっと出ていた、ハナちゃんをとっ捕まえるお話。
ハナちゃんは、「パリの歌姫」として、フランス各地に出没。
不味い、騒ぎになると危惧したおジャ魔女さん。

捕まえてみれば、「ずっとみんなと会いたかったクル!!(大意)」
そして、ハナちゃんの目的は、妹であるユメちゃんを捜すこと。
ハナちゃんに妹が!?という新設定

彼女だけではなく、歴代女王様にも妹がいたという。
現在の(「ゆき先生」こと)女王様にも、マジョアヴェニールという妹さんがいたという新設定

ネタバレしてしまえば、この巻ではユメちゃんは見つかりません。
本の最後の方で、テレビ本編にも登場した人物が「マジョアヴェニール」であったという
新設定が明らかになり、彼女がユメちゃんを育てているらしい…という事だけ。

ハナちゃんは魔力で16歳になり、人間界への留学ということで春風さんと同じ高校に編入され。。

 

ピンナップ↑…(裏面にもイラストあります)。
高校生になったのに、無防備すぎますハナちゃん…(*゜∀゜)=3 ホンホンッ

※挿絵は、「ハートキャッチプリキュア!」風です。「Ω」という話も?
馬越先生の最近の絵柄なのか…。

それ以外の章では、妹尾あいこと藤原はづきの、いや、春風さん以外の
魔女見習いの「将来の夢」が描かれていくという内容。
「TURNING POINT」というのは、主に妹尾さんの夢に若干修正があった…というところとか。
魔女見習いになることを躊躇っていた瀬川おんぷが、意を決して魔女見習いになるところとか。
詳しくは感想サイト様をご覧ください(ちょ!

魔女見習いとして活躍する場面はあまり無いのですが、その分高校2年生の少女として、
笑ったり泣いたり、濃いお話が展開されています。
こういうハートウオーミングな構成は、テレビ本編とあまり変わらないので、すんなり小説の世界に
入って行けるのが良いと思います。
テレビに登場したキャラクターのその後が描かれたりとか、そういうのも嬉しいです。

春風どれみその人には、これといった夢が無い状況なのですが、少しずつ成長していることが
窺える内容です。少なくとも第5巻あたりまでは刊行されると思うのですが、その中で
春風さんも自分の「夢」を見つけていくのだろうと思います。


前2巻同様、平易な文章です。
主に春風さんの言葉として語られているので読みやすく、一気に最後まで行ってしまいました。
うむ、これがライトノベルというヤツか。。

巻末インタビューは、松岡由貴さん。
「早く声を乗せたい」と仰っています。超盛り上がれば、OVAとかもアリかも?

なお、第4巻からは「おジャ魔女どれみ 17」になるそうです。
コメント (6)

おジャ魔女どれみ16 ~Naive~ (第2巻)  感想っぽいもの

2012年05月01日 | おジャ魔女どれみ
ナイーブ。
ないーぶねぇ…。

おジャ魔女さん16歳、高校1年生。ナイーブなお年頃。

大好評のライトノベル、

  「おジャ魔女どれみ16 Naive」(講談社ラノベ文庫)
   原作・東堂いづみ
   栗山緑・著 イラスト・馬越嘉彦

早くも第2巻発売です。
予定よりも早く、予約していたAmazon様から届きました。
で、一気に読んでしまいました。

表紙は、藤原はづきさんの素敵なニーソ…いや、お年頃なお姿(〃∇〃)ホンホンッ
このままで行くと、第3巻は妹尾あいこさん?


  

ネタバレになるので、詳しい事は書けないのですが。

第2巻では、第1巻でスポットが当たらなかった人々について主に描かれています。

■私、春風どれみ!サッカー部マネージャーになる!

第1巻の終わりに出て来た飛鳥ももこさんが、非常に良い味を出しています。
「おんぷちゃんみたいなコを、ツンデレって言うんでショ?」とか笑った。
KYっぽいところが、彼女の魅力。

春風どれみの新しいお友達や、小竹くんとの甘酸っぱい話(進展してるような、
してないような…)、弊ブログでも検索が多い矢田まさるの話、瀬川おんぷの活躍等。
とくに矢田くんは、「かなりいい奴じゃん」という印象です。

前回出たような、裏サイトの話みたいな暗い話が無いのですよね。。
とにかく笑って泣いて、すんなりと「どれみ」世界に入って行けます。

キャラクターの科白が、声優さんの声で再生されます。
基本的に科白を多くして、その他の部分も春風さんの語りにして、読みやすいように
配慮しているのがわかります。さすがライトノベル。固苦しくない。

将来の夢が見つけられない春風さんの焦りを軸に、各キャラクターの活躍が
軽快な語り口で活き活きと描かれています。
決して後ろ向きにはならない春風さんが、とても「らしい」です。


舞台は、再びスウィートハウスMAHO堂。
「も~っと」放映当時は使われなかった「パティシエール」という言葉が使われています。
それにしても、MAHO堂の繁盛ぶりは不自然なくらい(えー)。
まあ、女子高校生が作ったスウィーツという点で勝ったも同然なんですが。

パソコンや携帯電話等、当時は出なかった便利機器も登場して(玩具はあったけど)、
話が滑らかに展開していきます。
今どきの女子高生は、携帯くらい持っているのが自然というところか。

巻頭カラーピンナップは、パティシエール服のおジャ魔女さんたち。
裏面(両面仕様)は、草原に横たわる制服のおジャ魔女さんたち。
巻末には、藤原はづき役の秋谷智子さんのインタビューがあります。

終わりの部分にはまた、第3巻に繋がる重要事項があって気を持たせてくれます。
……アコーディオンを持ってるクル?
あれ、謎の声が。。

当時、リアルタイムお子様でご覧になっていた方も20歳前後になるのかな?
懐かしい気持ちで読んでみるのも良いかと思います。
第1巻から先に読むのがベスト!です。

コメント (18)

おジャ魔女どれみ16  感想っぽいもの

2011年12月05日 | おジャ魔女どれみ
日曜日、スイートプリキュアの感想を書いていたら尼さんから到着。
あれ、日曜日は「ゆうメール」の配達は無いはずだけど…尼さんは特別らしい。。

  講談社ラノベ文庫 おジャ魔女どれみ16

内容は詳しく書けませんが(ネタバレ防止)、春風どれみ、藤原はづき、妹尾あいこ、三人の
16歳・高校1年生の姿を描いたライトノベルです。
条件付きで、再び魔女見習いに…???

ライトノベルというのは初めて読んだのですが、科白を多くし、平易な文章にした小説…
という感じでしょうか。
昔の中高生向けSF(ジュヴナイル)に近いものがあるかも。


  


巻頭にはカラーピンナップが付いてます。勿論、馬越嘉彦さんの絵で。
「ハートキャッチプリキュア!」でいうと、
春風どれみ=花咲つぼみ
藤原はづき=眼鏡をかけた花咲つぼみ
妹尾あいこ=短髪の来海えりか
瀬川おんぷ=月影ゆり+明堂院いつき
…という印象。

挿絵も馬越先生画ですが、鉛筆でさらさらっと描いた感じ。
もっと濃い絵も見たかったかな。。

それでも「おジャ魔女どれみ」シリーズは、リアルタイムでは見ていないのですが、再放送や
DVDで夢中になって見たクチです。春風さんたちが高校生に…というだけで胸熱。

科白が、それぞれの声優さんの声で読めてしまいます。
基本的にみんな変わって無いんだけど、少しお姉さんになってるところがなんとも。
肩がこらない書きっぷりだし、それでいてウルウル来てしまう内容には脱帽です。
これはもう、アニメ化するしか無いんじゃないかと。

巻末に千葉千恵巳さんのインタビューが載っていて、「期待を裏切らない」
「今後の注目キャラはももちゃん!」と仰っています。
飛鳥ももこは、最後にちょこっと出て来るだけなので(残念!)第2巻以降で活躍してください。

「期待を裏切らない」だけに、おジャ魔女ファン必読かと。
大事な事なので二度言いますが、これはアニメ化するしかありません。
OVAでもいいから、是非スタッフ様にはお考えいただきたい。

小説が売れれば無視できなくなると思うので、一人でも多くの方に買って読んでほしいです。
リアルタイム世代の20歳くらいの方々にとっては、とくに感慨深いのではないかと思います。

えー、まあ敢えて言うなら表紙の春風さんかな。
ニーソの素敵な脚が切れてるのが激しく残念!(えー)

コメント (20)

プチぷりちぃー 瀬川おんぷ おジャ魔女どれみ♯

2011年10月22日 | おジャ魔女どれみ
午後、ジュエルペットサンシャインの感想を書いていると、荷物が届きました。
数ヵ月前から予約していて、発売が延期、延期になっていた、

 プチぷりちぃー 瀬川おんぷ (おジャ魔女どれみ♯)

何とか10月中に間に合いました。
フィギュアはマケテラレネーションです。
買わなければ地球のキッキですよ(わけわかんねぇ

ということで、早速廃人の垂れながs(ry←どこまで怨むか

トップ写真が、「集まれ、花(ハナ)のパワー!」とか思ったりする私はほとんどビョーキ。
おんぷタクト!!とはさすがに思わなかった


  

なんか、第一期の箱と比べて薄っぺらい。何故だ…と思ったら、

  

スタンドパーツが別売りでした。
「マリー&ガリー」や「ふたご姫」の立体化で、斬新な作品を世に問うエヴォリューション・トイ様
サイトでスタンドが紹介されてます。
スタンドパーツ以外にも沢山の商品に目を奪われますが、財布が…。

一期で付属していたホウキもない。。一期も買え、ということなのでしょうが、
エヴォリューション・トイ様の通販でも売切れ。各ショップでも売切れということで
ホウキがレアパーツになってしまってます。

その代わり、今回は女王様謁見用マントが付属。

  

バリバリとして、着けていて痛そうなマントだな。。

とにかく、スカートの前後のパーツがぽろぽろ取れて、ストレスが溜まります。
ホウキに跨らせる以外に、取り外す必要の無い部分なんですがね…。
しかも、瀬川さんはホウキ横乗りです。意味ねぇ。


「♯」といえば、ハナちゃんを必死で育てるおジャ魔女さんたちを描いて人気だったそうな。
(↑リアルタイムで見ていない人)

  

「♯」が、暗いイメージばかりな印象なのは私だけだろうか。。
オヤジーデさんやFLAT4が出て、ドタバタも多かったのですが、泣かせる演出も
一期と比べて格段に増えました。
最終回なんか、もう激鬱ENDでしたから。


  

第一期と並べてみます。
コスチュームの細かい違いがよくわかります。表情も象徴的なものをつけてみました。
一期はひたすらギャグ、瀬川さんも悪役(?)で面白かったです。
二期は、なんか良い子な設定になっちゃって少し寂しい感じが。

第二期「♯」には、他にロイヤルパトレーヌ衣装があります。これもそのうち
商品化の予定だそうで。なかなか挑戦的ですメーカー様。

4年間を通じて出た見習い服の中では、個人的にこの「♯」がベスト。
今まで、ガチャガチャとか食玩にも無くて、欲しければガレージキットを組み立てるしか
ありませんでした。ガレキ


  

一期用スタンドを使ってディスプレイ。
スカート側面のふわふわしたところも、可愛くてよろしい。
でも、スカートの前後パーツがポロポロ取れる。接着するわけにもいかないし、いらいら。。


メーカー様がこんな辺境ブログを見ているとは思えませんが、やっぱりスタンドは
必要だと力説してみる。それも無色透明なやつで。

総合的なお勧め度は(独断と偏見ですが)、☆☆☆☆4個。(5つが最高)
やはり、「♯」の見習い服は珍しいです。(マイナスポイントは、前後スカートとホウキとスタンド)
よく出してくれましたメーカー様。

あとは、第三期「も~っと」の見習い服とパティシエ服の飛鳥ももこに期待しています。

コメント (4)

「ハートキャッチどれみ」?!

2011年09月06日 | おジャ魔女どれみ
もうあちらこちらで話題になっているので、今更感は漂いますが、
一応触れておきます。

 講談社ラノベ文庫

この12月発売のラインナップに、「おジャ魔女どれみ16」というのがあります。

原作:東堂いづみ 著:栗山緑 イラスト:馬越嘉彦

ぐお~、これは買うしかないじゃないかー。
しかもリンク先のイラスト(馬越さん画と思われる)にある、春風どれみ(16歳・高校生?)の格好は、
魔女見習い服+ハートキャッチプリキュアの衣装(白ニーソ)、お胸ありと、なかなか刺激的。
もう来期のプリキュアは、これでいいんじゃないかな(え

アニメ化の可能性も…という噂もありますが、とりあえず小説が発売されます。
(小説の売れ行きによって、アニメ化の有無が決まるかもしれないので、是非買って応援したい)

春風・藤原・妹尾・瀬川・飛鳥(・ハナ?)が16歳になっても魔女見習いやってるのか…?
単純にアニメの続きとも思えん。。摩訶不思議な感じがしますが、期待はしています。

春風さんの美少女ぶりにどきどき…
コメント (10)

おジャ魔女どれみ ドッカ~ン! 「愛よ正義よ!私たちマジョレンジャー!」

2011年07月14日 | おジャ魔女どれみ
久しぶりに、「おジャ魔女どれみ」を見てみた。
「どれみ分」は今まで、「ハートキャッチプリキュア!」で補給出来ていたので
視聴が滞っていました。
やはり、DVDで視聴するのはマイペースだけど停滞しがちです。


久々に見た話は、ギャグコメディー。
「おジャ魔女」さんは、重い話の回とギャグ回、上手い配分で放送してたんですね。

劇中劇、「バトルレンジャー」。
戦隊ものの特撮です。DVDを見て、すっかりその気になってしまうハナちゃん。

  

ワルワル将軍て…。
正義の味方、バトルレンジャーと彼らを率いるコマンダーホワイト。

感化されたハナちゃんが巻き起こすドタバタ。

  

コマンダー・ハナ。
魔法をそんな事に使って良いのだろうか…という疑問も湧きますが、何でもアリなのも
「おジャ魔女」さんの面白さです。深く考えちゃ駄目なんです。

最近見ない光景その1。

  

「不気味なガングロお姉さん(by春風どれみ)」を、魔法で綺麗なお姉さんに。
「チョベリバ」って久しぶりに聞いた。懐かしいです。

美空町の困りごとを解決していく、コマンダー・ハナ率いるマジョレンジャー。
たこ焼き屋さんのお手伝いは良いけど、塾のテストを中止させるのは業務妨害。よく放送出来たな…。

  

飛鳥ももこさんは、見るからにこういうの好きそう。
というか、暴走する役目をハナちゃんに奪われた4期のももたん。

コマンダー・ハナが活躍する度、おジャ魔女さんが一人ずつ仲間に加わるという演出には
若干無理がある気もしますが、細かいことはどうでも良いギャグ回。

  

藤原さん:「空き缶のポイ捨てはしない!マジョオレンジとの約束だ!」
特撮でこういう科白は定番なのかな。。

最近見ない光景その2。

  

今、吸い殻を捨てたら犯罪ですよ。よってマジョレンジャーの敵。
まあ2002年当時は、私もタバコ吸ってたから何も言えませんけど。

そういえば、瀬川さんだけは、マジョレンジャーに加わってません。
汚れ仕事はしない女・瀬川おんぷ。

  

瀬川さん:「あ、もうお仕事の時間だ(棒読み」

瀬川さんによると、バトルレンジャーはもうすぐ放映終了するのだそうで。
ショックを受けるハナちゃんと春風さん。
戦隊ものは、1年で終わるということを知らなかったのか春風さん。

番組が終わるのは、ワルワル将軍のせいだということで、撮影現場に乗り込むハナちゃん。

  

瀬川さんは、お姫様役で出演していたのでした。ひでぇ。

  

「撮影現場立ち入り禁止」と止めたコマンダーホワイト(役)を縛り上げ、現場に乗り込むハナちゃん。
バトルレンジャーたちとともに、ワルワル将軍どもと戦う。業務妨が…
監督さん:「あの子を撮れ!(大意)」

コマンダー・ハナの活躍が、もう終了決定している番組の監督の心を動かして…というベタな展開です。
ベタなんだけど、ハナちゃんの純粋さが全て救ってる。。
…EDを見たら、この回の演出は「ハートキャッチ」さんの監督である長峯さん。

  

バトルピンク:「おしりパンチ!
長峯監督…。
昨年話題になった「ブロッサム・おしりパンチ」の原型がここに。

  

スタッフに「やる気」を残して、コマンダー・ハナは去った。
てか、おジャ魔女さんたちに止められました、さすがに。

「バトルレンジャー」は終わったけれど、次週から「バトルレンジャーV」が始まることに。

  

ハナちゃんがモデルらしい、レディコマンダーホワイトが登場。
大喜びのハナちゃんでしたとさ。。

販促面でも、ハナちゃんが完全に中心。
主役はいったい誰なんだ(えー



■変身アイテム

  

「ピュアリンコンパクト」でしたっけ。改めて、どっかで見たような…。


■…。……。

  

(〃∇〃)ホンホンッ ハナちゃんは本当は二歳児とはいえ無防備すぎ。




  

  「おジャ魔女どれみドッカ~ン! Vol.6」 発売中
コメント (10)

おジャ魔女どれみ ドッカ~ン! 「七夕なんてやーめた!」

2010年12月02日 | おジャ魔女どれみ
今夜は七夕です。
恐ろしく季節外れな感じがしますが、とにかく七夕なんです。

おジャ魔女さんたちも、七夕を楽しみにしてます。とくにハナちゃん。

  

えらくステロタイプな絵本を見ながら。
そんなMAHO堂に現れた一人の女性。格好からして一瞬、男に見えた。

  

女性:「織姫どぇーす(大意)」
おジャ魔女さん:「子供たちの夢を壊すんじゃねぇッ!!(大意)」

とっても現代的な織姫さま。ババの知り合いだそうで。
ヘタレでダサい彦星に愛想を尽かして、人間界にやって来たのだそうです。
織姫、七夕拒否。

  

織姫さま:「あんたたちも、男を選ぶ時は気をつけた方がいいわよ」
そうそう、とくに春風さんはイケメンなら誰でもいいし(ひでぇ
てか、夢を壊しまくりです。こんなの日曜朝から放送していいのか。

ババやマジョリカと飲んだくれてる織姫さま。目も当てられません。
でも、織姫さまの羽衣が破れてしまった事も、関係があるみたいで。
…となれば、心の花を萎らせてる織姫さまのために、羽衣を直してやろうじゃなイカ。

  

必殺のマジカルステージ。
いくらおジャ魔女さんでも、星の世界へ行くなんて。まるで魔法少女モノみたい。

早速おカイコさま発見。
草をいっぱい食べさせて、糸を出してもらいます。

  

イキむおカイコさま、何かを思い出させるなぁ…。
さすがにプリリ~ンとはならず(当たり前だ)、口から糸を出すおカイコさま。

早速MAHO堂に帰って、羽衣の修繕です。

  

七夕を楽しみに飾り付けする子供たちや、夜なべして羽衣の修繕をしてるおジャ魔女さんを見て、
飲んだくれの織姫さまもちょっと心を動かされ。

しかし、七夕当日は雨。
がっかりするハナちゃんにたずねる織姫さま。
「どんなお願いするつもりだったの?」
ハナちゃん:「どれみたちと、ずっと一緒にいられますように、って!」
ははあ、この科白が今回の最重要ポイントか。

  

「織姫と彦星が、ずっと一緒にいられるように」という意味に加えて、
いつか来るであろう、春風さんたちとハナちゃんの別離をも匂わす名ゼリフ。
BGMの「たからもの(3期EDテーマ)」が憎い。
おジャ魔女さんは、音楽を巧みに使います。

心を打たれた織姫さまが、天に腕をかざしただけで天気が回復。
最初からそれやれよ、とも思いましたが、やさぐれていた織姫さまの心を変えたのは
おジャ魔女さんとハナちゃん。お得意の夕映えの空に帰っていく織姫さま。

  

彦星がヘタレでダサいということの解決にはなっていませんが、これで良いんですって。
ちょっと織姫さまの我儘も入っているという描写も一応あったし。

  

飲んだくれ織姫さまのハートをキャッチしたところで(えー)、以下次回。


  

 「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」 Vol.6 発売中
コメント (14)

おジャ魔女どれみ ドッカ~ン! 「きみたか、行かないで!!」

2010年11月20日 | おジャ魔女どれみ
久しぶりに、「おジャ魔女分」を補給してみた。
疲れて硬くなった大人の脳味噌を、柔らかくしてくれる栄養素です。

今回は、「どれみ」のもうひとつの側面である、春風ぽっぷメイン。
超ナマイキな妹(春風どれみ・談)も、この時期になると良い感じに丸くなってます。

  

いつもいがみ合っていたいじめっ子、きみたかくんの元気が無い時、悩み事を
聞いてやろうという優しさも表すようになった春風妹。

きみたかくんは、単身赴任中の親父さんの住む北海道へ、お母さんとともに
引っ越すことになって悩んでいました。

 皆と別れたくない

幼稚園からずっと一緒だった友達との別離…。
しかも彼は、ぽっぷさんに思いを寄せていました。


「好きな子には、ちょっかい出したくなるものよ(棒読み」
という瀬川さんの妙に大人っぽい話を聞いても、
「きみたかに限って…」
信じられないぽっぷさん。

でもやっぱり、ぽっぷさんもきみたかくんの事が気になって…という
幼い頃の、初恋とも言えない微妙な気持ちがせつない。

  

出身幼稚園に立て篭もって、「きみたかの転校を取り消すまで出ない」という
ぽっぷさんたち。
嫌われ者っぽかったきみたかくんですが、案外人望がありました。

何とか学校に連れ戻そうとする先生方と、それを魔法で邪魔するハナちゃん。

  

暴走しがちなハナちゃんを、抑え込もうとするおジャ魔女さんたち。
物語上、あまり必要が無さそうなシーンですが、このあたりが当時の販促なのかなと。
当時の販促は、ハナちゃん一点推しだったみたいだし。


そして、おジャ魔女さんお得意の夕焼けです。
流れ出す第1期ED、「きっと明日は」。

  

今まで意地悪してばかりいたのに、自分と別れたくないと言ってくれる友達の存在が
嬉しかったと言う、きみたかくん。
この直後、大胆にも告白する彼。

この幼さで告白とかアリなのか?という疑問もありますが、最近の小学生はそうなんですって。
その告白のせいで、きみたかくんが北海道へたつ空港へ、見送りに行けないぽっぷさん。
この幼さでもショックなのか?という疑問もありますが、そうなんですって。

ここで必殺のマジカルステージ。

  

きみたかくんが乗った飛行機から見えるように、街中に花を咲かせ、
赤い花で思いを伝えるという、なかなか大胆な餞別。

ぽっぷさん:「きみたかに伝わったかなー」
春風さんたち:「マジカルステージだから、きっと伝わるはずだよ(大意)」

「人の心を操る」禁断魔法に触れそうなラインで、しっかりときみたかくんに
ぽっぷさんの気持ちが伝わりました。

幼少時の淡い恋心、親しい友達と別れる苦悩等、いかにも「おジャ魔女」な直球ぶりが良かった。
以前までのシリーズだと、春風どれみの役どころだったのですが、それが出来るようになった
ぽっぷさんの成長も感じさせてくれる佳品でした。
ハナちゃんの販促以外は(えー


■「玉木」えりか様

  

「えりか」がウザ可愛いのは、この枠の基本なのだろうか…。


 
  

 「おジャ魔女どれみドッカ~ン!」 Vol.6 発売中
コメント (6)

プチぷりちぃー 瀬川おんぷ

2010年09月24日 | おジャ魔女どれみ

前日に引き続き、また荷物が届きました。
(この記事は、9月23日に書いてます)
9月、10月は予約品の発売ラッシュです。
これからは、ハートキャッチな方々の出番。

しかしまあ、私のしょうもないレビューを連発してもしょうがないので、
ごく簡単に。

 プチぷりちぃーフィギュアシリーズ 瀬川おんぷ

フィギュア界の新進気鋭、エボリューション・トイ様の新作。
「マリー&ガリー」のマリカさんを出すという快挙を成し遂げたメーカー様です。

「おジャ魔女どれみ」シリーズの最後を飾る、瀬川おんぷ発売。
もっとも、2期以降の見習い服バージョンも計画されていたようですが。。


  

瀬川おんぷが春風さんたちのライバル、悪役として登場した第1期のモデル。
DVDで、1999年当時の瀬川を見ると、あまりにイッちゃい過ぎてて憎めません。
宍戸留美さんGJ!!


  

パーツを綺麗に並べているため、箱がかなりデカいです。
開封したときに、美しくレイアウトされていることを重要視してるみたいで。


  

第35話、「人の心を操る」禁断魔法を使って映画のオーディションに合格する
チャイドル(死語)瀬川おんぷ。
右手のブレスレットに、魔除けのお守りを装着しているため、禁断魔法を
使いまくりな悪魔っ子おんぷ。
しかし、何故か憎めない。。

春風さんのクラスに転入してきた瀬川おんぷは、春風さんの師匠・マジョリカの
ライバル、マジョルカの弟子であった…。

  
  

「けいおん!!」に敬意を表して、平沢唯を抱っこさせてみる(えー


普段の瀬川おんぷは、ほうきに跨ったりしません。横乗りです。

  

藤原はづきとは逆向きの横乗り…という話がありますが、必ずしも
そうではありません。アニメを見ていると、むしろはづきっちと同じ向きに
乗ってることの方が圧倒的に多いです。


  

「三十路さんたら、いい歳しておんぷで一人遊び…(棒読み」

この子は、何でも知っていそうで怖い。
第2期以降はおとなしくなったのですが、1年目のワルガキぶりを愛する
ファンも多いみたいです。
どっかで、おジャ魔女の人気投票をやっているのを見かけましたが、
瀬川はぶっちぎりの第1位。愛されてます。

いつもクールな瀬川おんぷですが、やっぱり魔女試験に合格していけば
嬉しいと思うんだ。

  

「妖精ゲットだぜ!」


というわけで、みんな買ってね(棒読み

  

買ってくれないと、次回作の「ノリカ」の発売が危うくなりますから。
エボリューション・トイ様は、山田隆司氏&馬越嘉彦氏を贔屓にしてますなぁ。。
コメント (11)

おジャ魔女どれみ ドッカ~ン! 「大好き!オヤジーデ」

2010年09月04日 | おジャ魔女どれみ
久しぶりに、「おジャ魔女どれみ」シリーズを視聴しました。
何カ月ぶりだろう。。
愛しの飛鳥ももこが脇役になったのと、ハートをキャッチされてたのとで
視聴が滞ってました。
「おジャ魔女分」を定期的に補給しないと死んでしまう身体なのですが、
ハートキャッチさんで補給出来てましたから。
えりか様は凶悪だ。

というわけで、今週のハートキャッチな人。

  

マジョピーさん、あんたはファッション部に行きなさい。
というのは冗談ですが…

魔女幼稚園では、もうすぐ職員のボーナスが支給されるそうで。
マジョピーさんも浮かれてるわけです。
一緒に働きながら、身分がアルバイトのためにボーナスが貰えないオヤジーデさん。
幼稚園教諭の試験を受けることに。


今期の主役・ハナちゃん。
魔女試験6級を受けに、魔女界にやってきました。
ハナちゃんが1級に合格してくれないと、春風さんたちも本物の魔女にしてもらえません。
女王様は優しいのか、厳しいのか。シリーズが続く度に踊らされてる女王様が不憫です。

その春風さんたちが激しく空気扱いなのが泣けます。飛鳥さんに至っては、
画面に映れば良い方なくらいで。
主役級が多い場合は、こういうのもアリだと改めて思った。


受験勉強をするオヤジーデさんに懐いてるハナちゃん。

  

羨ましい。私も踏んでくれ。

ハナちゃんの試験は、試験官のペットの亀を捜すこと。
3日前に行方不明になって、魔女界中を探したけど見つからない亀。

その試験を放りだして、オヤジーデさんの試験を見るハナちゃん。

  

オヤジーデさんのピアノを、目を閉じて聴くハナちゃんが非常に印象的。
曲目は勿論、「ルピナスの子守唄」。
「どれみ♯」で、赤ん坊だったハナちゃんを思い出させる名曲です。
…マジョミラー園長が一緒にいるのに、「ハナは自分の試験に行け」とか
言わないのが不自然で気になった。管轄が違うのだろうか。

オヤジーデさんの試験結果は、合格と不合格が半々。
最後の試験・子守りをクリアしなければいけません。

ただし…

  

子守りに使うのは、風船の赤ちゃん。風船が割れたら即・不合格。
しかも魔法は一切使ってはいけません。魔法を使ったら風船が割れる
無慈悲なギミックが組み込まれてます。
マジョミラー先生曰く、魔法が使えない緊急事態においても、子供は
身体を張って守らねばならない、それくらいの覚悟が無ければ先生は勤まらない。

この科白、ハナちゃんを守り続けた春風さんたちを称える形になってるのが良いです。


風船を背負いながら、今度はハナちゃんの試験に付き合うオヤジーデさん。
魔女界を捜しても亀がいないのなら、魔法使い界にいるのかも。
連れ去りだッ!!

  

魔法使い界への扉をくぐったとき、オヤジーデさんの胸に熱いものが。
(ハナちゃん、よくここまで大きくなって…)

魔女は薔薇から産まれますが、魔法使い(男)はウィザードペンペン草から産まれます。
そのペンペン草が、水不足で元気が無い。

川に水を流すダムに、件の亀が引っかかって水をせき止めてました。
亀、発見。

  

強引に亀を引きぬいたため、ダム決壊。
このままではウィザードペンペン草が!

  

ダムの元栓を閉めなければなりませんが、リストバンドを落とした
ハナちゃんは魔法が使えず。身体を張って元栓を閉めようとする。

マジョミラー先生の言葉を、ハナちゃんが実践する上手い脚本です。
ペンペン草を守ること=魔法使いの子供を守ること、です。

  

ハナちゃんを助けるため、自分の試験が不合格になるのも構わず
魔法を使うオヤジーデさんが格好いい。

ハナちゃんは、オヤジさんとともにペンペン草を守った功績で5級に飛び級合格。
しかし、オヤジさんは風船が割れ、不合格。

  

ハナちゃん:「風船が割れたのが、そんなに悪いことなの?」

オヤジーデさんを合格させてほしいと懇願するハナちゃん。
でも、規則は規則なのです。ハナちゃんに言い聞かせる形で、番組を見てる
子供たちに教える構成。
なし崩しにオヤジさんを合格させないところが上手です。
それでも、出来過ぎていて鼻につく…という意見も出そうですが。

いつも頑張ってるオヤジーデさんに特別ボーナスが出て、めでたしめでたし。

「あんなオヤジのどこがええんか」と妹尾さんが言ってましたが、
ハナちゃんみたいな純粋な娘さんは、オヤジが好きなんだよ!(えー


久しぶりの「おジャ魔女」視聴でしたが、さすがに良く出来てます。
この勢いで、明日はハートをキャッチされようと思ったところで今回は幕。


  
  
  

  「おジャ魔女どれみドッカ~ン! Vol.6」 発売中
コメント (12)

プチぷりちぃー 藤原はづき

2010年08月26日 | おジャ魔女どれみ
また荷物が届きました。
6月に予約していた、

 プチぷりちぃー 藤原はづき

エボリューション・トイ様の、「おジャ魔女どれみ」
アクションフィギュアシリーズ。
先日は、「マリー&ガリー」のマリカさんが届いたばかりだし、怒涛の
新作発表です。(同時発売だったらしい)
無暗やたらと予約を重ねていたため、いきなり…な感じ。

丁度、親父が病院(前立腺の)へ行っていて、家に私ひとりのときに
届いたのが幸いでした。
ちなみに親父は帰宅して昼食をとった後、競馬に。うへへ(えー

かくして、堂々と開封することが出来ました。

  

もうこのレイアウトも見慣れた…。
9月には、瀬川おんぷ様が控えておられます。
エボリューション旋風は、当分収まりそうもない。


  

「プリティーウィッチーはづきっちー!」

か、可愛い…。
ちなみに、声優さんの秋谷智子さんもたいそう可愛らしい方ですこちら(Youtube音量注意)
あの顔で、「パイパイポ~ンポイプ~ワプワプ~」とか呪文を
言われると、おじさん駄目だよもう。


  

はづきお嬢様は、ホウキに跨ったりはしません。

藤原はづきというのは、春風さんの幼馴染なのですが、思った事をはっきりと
言えず、引っ込み思案な自分を変えたいと思っている少女…。
そう、花咲つぼみ直系の先輩です。

藤原先輩は、花咲さんにもっと厳しくメガネ着用の指導をすれば良いと思うんだ。

  

ポロンは、「プワプワポロン」。
妹尾あいこの「ポップンポロン」と同デザイン。落としたら、どっちが
どっちだかわからなくなる…とか当時の同人に書かれてた。
春風さんの「ペペルトポロン」とはデザインが違います。
(後半は、「クルールポロン」で統一。途中参戦の瀬川おんぷも装備)


  

事実上彼氏の、矢田まさるの話になると、しどろもどろ。
ぶっちゃけ矢田くんの存在が、藤原さんの人気に影を落としたことは否めまい。
アニメの世界でも、そういうところは厳しいのです。


  

矢田くん役を4年間つとめた宮原永海さんは、3期から「飛鳥ももこ」としても活躍。
宮原さんのブログを見ると、プライベートでも仲良しなようで。
3期の「なぎさのハマグリ」は、はづきさんとももこさんがキャッキャウフフする一篇。


  

彼女のポニーテールは、もう少し長かったような。
脱帽頭の出来はイマイチですが、全体としては良い造形です。
……相変わらず扱いにくいのは、「プチぷりちぃー」の仕様なのか。。

  

「あら、三十路さんたら…いい歳して…ウフフ」

昨日、Hな本を買う宣言しながら結局買わなかった…というような
下品な話も、ちょっと感性の変わったはづきさんは大らかに受け入れてくれます。
妹尾あいこ姐さんとともに、良妻賢母の素質があるような気がする。。

ときどきかますボケも、お嬢様らしい可愛らしさも、3期、4期と
シリーズを重ねる度に、影が薄くなっていった薄倖な藤原はづき。
それでも私はわかっているよ、君が偉いやつだってことを。
コメント (8)

プチぷりちぃー EX  飛鳥ももこ

2010年08月18日 | おジャ魔女どれみ

先日のワンフェス限定販売の「飛鳥ももこ」。
イベント終了後の夜中、エボリューション・トイ様のHPでひっそりと
通販が始まりました。
必死でWEBの販売ページにアクセスする私。

そう、私は「飛鳥ももこ」を愛してます。
どこぞのえりか様が現れる、ずっと前から。
本当に、馬越先生のキャラに弱いなぁ。。

そういうわけで、めでたくワンフェス不参加の私のもとへ、
通販のももたんが届きました。

まるで○○の男みたいに、急いで開封する私。
ガツガツするなよみっともない。

  

パーツ一式です。笑顔がデフォルトな飛鳥ももこ。
ももたん:「Oh! ミソジサ~ン」

見習い服は、「も~っと!おジャ魔女どれみ」での回想シーンに
出てくる、第1期の服です。
この頃はまだNYのマジョモンローのもとで修業してたはず。
もちろん、春風さんたちにはまだ会っていません。

  

「プリティーウィッチーももこっちー!」
誰もがやらせるであろうポーズ。箱の写真もこのポーズです。
ポーズをとらせようとする度、パーツがポロポロ外れるのは何とかならんのでしょうか。

  

いろんなポーズさせるのに、非常に苦労しました。
可動範囲は合格点。
同じシリーズの「春風どれみ」よりも、扱いにくい感じがするのは気のせいかナ。

  

「も~っと!どれみ」初期には、非常にネクラな子だった飛鳥さん。
回想では、めでたく魔女試験1級に合格したのも束の間、本当のお婆ちゃんみたいに
慕っていたマジョモンローに先立たれ、生き返らせようと禁断の魔法を使って
魔女の資格を剥奪された…。
それが、春風さんたちと出逢い、次第にボケ担当キャラに。

しかし、「も~っと!」終盤の「あやつられたももこ」で、再び涙腺を爆発させられた。
あの話は、何度も見ました。とくに幻か亡霊かわからないマジョモンローと
最後の抱擁をするシーンで涙腺爆発。

そういうわけで、この子は最愛のキャラクターなのであります。
ぶっちゃけ結婚してくれ(小学生…


  

脱帽頭と交換する度に、イカリングも付け替えないといけないのがちょっと。。
イカリングくらい、2セット付けてくれりゃいいのに。

  

この笑顔が一番良いかな。
笑顔がイイね、太陽へ向かい咲いてる心の花~♪


こちらも、誰もが再現するであろうポーズ。

  
  

まぁちょっと違うんだけど、この状態で飾っております。
かわええのー。


でもやっぱり飛鳥ももこといえば、一年中変わらないヘソ出し普段着がイイ。
(ガレージキット組立品です)

  

2001年当時は、この格好で大丈夫だったのだろうか。。
今、この格好で歩いていたら、変質者に襲われそうです。私みたいな(えー

今度は是非、私服版を出してください、エボリューション・トイ様。
このアクションフィギュア、まだ通販やってる…
噂だと、案外売れ残ったとか…。時代はえりか様なのか。



「………。」
コメント (4)

やるっしゅ倶楽部

  
来海えりか/キュアマリンをしつこく応援し続けようと思うんだ。
ハートキャッチプリキュア!を、何かとオカズにホンホンするクラブ。2011,09,01現在、部員2名(えー

gooブログ おすすめ

  • RSS1.0 RSS2.0