四十路男の失敗日記

40代独身男(永遠の三十路)の苦闘の日々。不安障害を患うアラフィフ男の青春の挽歌。

12歳。 セカンドシーズン 第21話 数学旅行

2016年11月30日 | 漫画・アニメ
数学旅行…それはガマンする桧山クンが脳内で必死に掛け算をするという…
ってのはジョークとして、修学旅行でパツイチ決めようという綾瀬さんと蒼井さん。

旅行先は、今どきらしくスカイツリーです。
うさパンダのミントのお菓子を買おうとする綾瀬さんと蒼井さんに、

小倉さん:
  「ミントはチュウの前のエチケット♪ってお姉が言ってた」

ろくなこと言わないな、まりん様。
前半は、綾瀬さんと蒼井さんがイチャイチャ。
高尾クンと桧山クンもイチャイチャ…とはならねーんだなこれが(ぇ

クラゲのベールイベントなるものに参加することになった、高尾&綾瀬、桧山&蒼井。
唐突に稲葉クンが登場するも、桧山クンと蒼井さんとのスパイスになっただけでした。チッ。

クラゲのベールを被った彼女を見つけるというだけのイベントですが、顔が見えないのがミソ。
ベールをめくった後は、チューするのが定石だそうです(小倉談)
見事、それぞれの彼女のベールをめくる高尾クンと桧山クン。ベールの形が微妙にあれですな…というのは無しで。
大人も参加しているので、各所でキスが見られると思うのですが、そこは健全アニメ。

桧山クンがベールをめくると、「かわいい結衣ちゃんだと思った?残念!稲葉でした!!」というのに期待したのにズッコケました(ねえよ

で、あっという間に夜。夜といえば旅館、旅館といえばお風呂シーンです。
健全アニメの「12歳。」、さすがに女湯は映さなかったか…

しかし、女子部屋に男子どもが乱入してくんずほぐれつの枕投げ大会。
見回りに先生が来る!ということで、同じ布団に隠れた蒼井さんと桧山クン。
蒼井さんがチューをせがむも、拒否る桧山クン。いいのかそれで…と思ったら、先生に見つかって罰として風呂掃除。

気まずい中での風呂掃除、「キスとか、焦んなよな…大人になってから思いっきり楽しむんだからよ…(大意)」
という桧山クンですが、小学生から付き合っていて大人になっても…というのは夢見すぎな気がしないでもなく。
桧山クンだって、今は可愛い系イケメンですが、成長したらニキビ面のイカ臭いキモオタ男になってるかもしれませんのに。

焦るなと言いつつ、蒼井さんにブチュ~とキスをキメる桧山クン。
言ってることとやってることとが違うぞ…と思ったところで以下次週。

チュウしたあとの、二人の行動が見たい気もしますが、それはご想像にお任せします、か…
生々しい想像しちゃうよおじさん。。

そして、次の心愛さんの物語がはじまるのです
コメント (2)

プリパラ 第124話 ジュリーとジャニーズ

2016年11月29日 | ジュエルペット、プリパラ等
先週の無人島サバイバルで優勝し、意気上がるノンシュガー。

ウサチャ:
  「グランプリで優勝するウチャ!」

ペッパーさん:
  「おまえ喰うの楽しみ!」

なんていうギャグをかましていますが、パクトの中のジャニスはなかなか厳しいです。
あくまで目標は神アイドル。日々努力を重ね…と説教たれるジャニスが赤ん坊の姿なのはギャグですか?

ところで、姉の女神ジュリィがまた突然大きい姿に。
大きいなりしてらぁらさんに抱きついて「ママ!」というのはギャグですか?
前回、大きくなったときに言いかけた、何故アイドルになりたいかというらぁらさんの問いに、

ジュリィ:
  「こまけぇこたぁいいんだよ!(大意)」

ボケかましてるのか、本当に忘れているのかわからないジュリィなのであった…
しかし、さすが女神だけあって、モブのアイドルさんたちの名前等、みんな記憶しているようです。たちまち人気者になるジュリィ。

その頃、妹のジャニスも大きい姿に。
服装が目立つので、ヤギの着ぐるみで外出、多数の実物のヤギに囲まれてこちらも人気者。

ジャニス:
  「あっだめ、そんなところ…ああっ!!(大意)」

姉のジュリィと妹のジャニス、サシで話し合い。
サイリウムタクトを渡し、女神の座をよこせというジャニスに、

ジュリィ:
  「だが断る」

なんで駄目なのか、それはジャニスが自分で気がついてほしいというジュリィ。

アイドルなんて愚かで不完全なもの。私がアイドルたちを管理運営してこそ、プリパラは永遠に生き延びることができる。これ以上放置すれば、プリパラの存亡にかかわるのだ。。
そいう独裁者的な思考のジャニスが駄目なんだろうな、たぶん。
ジュリィのライブを見て「女神がライブなんて破廉恥な!(大意)」というくらい、頭が固いですから。

ジュリィはたぶん、「みーんなアイドル」という番組の方針みたいなことを考えているのでしょうきっと。
努力次第で、誰もがアイドルになれる。アイドルは作るもんじゃない。

赤ん坊に戻ったジャニスは、月川ちりさんを使ってジュリィのサイリウムタクト強奪を計画しているようです。
なんか、一時期の紫京院ひびき様みたいな悪役ぶりだなぁジャニス。
らぁらさんはまだしも、他のメインキャラが姉妹喧嘩のために影が薄くなってる。あと、ノンシュガー推しすぎな感も。。
次週、誰もがアイドルということで、ちゃん子が金網デスマッチで大活躍?(*゚▽゚*)=3というのは楽しみだけど。

今週の欽ドン賞は、ジュリィのライブ。
きわどいローアングルいいよジュリィ。…と思った後で、赤ん坊であることを思い出して萎えるのであった…(えぇ~
コメント (2)   トラックバック (2)

走り回っていた頃の日記

2016年11月28日 | 雑記
昨日、親父が緊急入院しまして。
明日以降、本格的に入院手続きをしなければならんようです。
とりあえず今日は、午前中に見舞い。
主治医から重要な確認事項が…

夕方、母上がスーパーにお遣いに行って、なかなか帰ってこないと思ったら低血糖で倒れてしまいました。
通りがかりのおばさんや工場のおじさん、助けてくれてありがとうございますm(_ _)m
結局、救急車を呼んで病院へ搬送。
幸いすぐに意識を取り戻し、大事には至りませんでした。
ということで、てんてこ舞いな一日でありました。
……あれ、(*´д`*)ハァハァとか言わないの珍しいな(ぇ

■つくって!たべて!たたかって!!
新プリキュアのロゴ発表きました。キャラクターも早く知りたいです。

 キラキラ☆プリキュアアラモード

うーん、主人公の実家はお菓子屋さんなんでしょうか。スイーツ(笑)?
お菓子作りがメインになって、バトルがオマケになるのが見えるようですな…
とりあえずタイトルの☆は、ちょっと変換しにくいなぁ。。
コメント (4)

魔法つかいプリキュア! 第42話 チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!

2016年11月27日 | 魔法つかいプリキュア!
今回は、チクルン寝返り回。
密偵であるチクルンですが、脅されてしぶしぶスパイ行為におよんでいたチクルン。
なんでも妖精の里で、仕事をサボっているのを「女王様にチクるよ?」とオルーバさんに脅され、手下になりさがったのだそうで。

シャーキンスさん:
  「プリキュアどもに情が移ったのではあるまいな?」

図星です。
怖い女王様に叱られるより、混沌さんたちの方が怖いと思うがな…
リンクルストーンというやつを奪えば、やつらは変身もできませんぜ、というチクルンにリンクルストーン奪取の命令を下し、さもなくば、プリキュアどもを叩き潰すというシャーキンスさん。

プリキュアにならなければ、ただの女子中学生とぬいぐるみ。朝日奈さんたちが危険にさらされることもないだろうという、チクルンの優しさの表れのようです。

朝日奈さんたちがプリン作りに気を取られている間に、まんまとリンクルストーンを持ち出すことに成功したチクルン。これで朝日奈たちを痛い目にあわせないでくれとシャーキンスさんに頼むチクルンですが。。
混沌さんたちも、そこまで甘くはなく。というかこれで戦わなくなったら番組が終わります。

リンクルストーンを飲み込んだシャーキンスさん巨大化。やばい死亡フラグだ。
ま、待てシャーキンス!それでは約束が違う!
シャーキンス「プリキュアを助けると言ったおぼえはない(大意)」

あくまでプリキュアを叩き潰すつもりだったシャーキンスさんに、チクルン怒る。

チクルン:
 「このやろーー!」

小さいなりで巨大化シャーキンスさんに向かっていくチクルンが、なかなか良いシーンでした。口の中に突撃してリンクルストーンを奪い返すチクルン。
リンクルストーンを奪われたことに気づき、駈けつけた朝日奈さんたちの目前で痛めつけられる改心チクルンに、朝日奈さんたちの闘志が燃え上がります。
えーと、友達とわかりあえたワクワクもんだぁが、プリキュアさんをパワーアップさせたと。チクルンを「裏切り者」と断罪するシャーキンスさん死んだな(ぇ

そんなにチクルンとプリキュアさんとの深い交流があったかな~と思わないでもないですが、そうなんですって。
巨大化しても、友情パワーで戦うプリキュアさんには敵わないシャーキンスさんが、軽く馬車で屠られてしまいました。合掌。
巨大化した意味がまるっきりなかったなシャーキンスさん…。。
浄化して元の姿に戻すとかじゃなくて、ブチ●したところが容赦ないです。魔法つかいさん怖い。

土下座して謝るチクルンは、これで完全にプリキュアチームに加わることになりそう。
しかしこのままでは戦力にならないので、キュアチクルン登場に期待(たぶんない

一緒に妖精界の女王様に謝りに行ってあげるよ!という朝日奈さんたち。
フェアリルドア(仮)を開けて、妖精界に乗り込むところで以下次週。

おっかない女王様ねえ……てっきりはーちゃんが女王様だと思っていたのですが、違うかもしれません。
でも、次回予告ではーちゃんに羽が生えて「妖精に戻っちゃった!」という描写があるので、女王様の一部分である可能性はあるかと思います。

妖精界にプリキュアチームが乗り込むことで、妖精界や魔法界に謎が解ける?という予告。
まだ11月終わったばかりですから、完全に謎が解けるということはないでしょうけど。どこまでわかるのか、注目です。

今回、ミトメールが馬車に入って残り4つ。
クリスマスに照準をあわせているようです。
相変わらずデウスマストの話が出ません。実在が怪しい感じになってきました。。
コメント (14)   トラックバック (10)

リルリルフェアリル  第43話 

2016年11月26日 | リルリルフェアリルほか
今週は、マーメイドフェアリルの筆頭・あこやさんのビッグヒューマルでのモデルデビュー。
そういえば以前、すみれさんたちがあこやさんのドレスを作ってたっけ…

りっぷさんとすみれさんが、お手伝いとしてビッグヒューマルへ。
引率はレオン先生。か、可愛いよレオン先生。。。

トラブルメーカーなんだろうなぁと思ったら、案の定りっぷさんがフェアリルパッドを紛失。花村クンのご近所の(?)絵里ちゃんに拾われてしまいました。
フェアリルパッドを弄って、リトルフェアリルの様子を見る絵里ちゃん。
見られている!と悟ったフェアリルゴールの緊急の通達で、ゲームのふりをするフェアリルたち。なかなか良い販促でした。
劇中で「もうすぐ発売」となっていましたが、リアルで既に売られています(参考価格¥14,040)
なかなかの高額玩具、強気ですなあ。

前半はドタバタで過ぎ、後半戦はあこやさん本格デビューの巻。

メイクの仕方もわからないあこやさんに、メイクしてやるモデルさん。聞けば北関東のマーメイドと呼ばれる有名モデル、るこさんという方でした。
見た目はセーラーヴィー●ス、姉御肌な喋り方はセーラージュ●ターなるこさん、今回でモデルを引退するんだそうです。

リハーサルで緊張しすぎ、自信喪失して今回のファッションショーを辞退すると言い出すあこやさんに、るこさんのきつい一発。
「大事な夢は、簡単に手放したりするな!」

いいですねえ、るこさん。
彼女のおかげで、あこやさんがやる気を出して無事にランウェイ。
トリを飾るるこさんとすれ違うあこやさんのシーン、なかなか感動的でした。

大事な夢は、簡単に手放したりするな。
今回限りでモデルを辞めようと思ったけど(家庭の事情)、母ちゃんと相談してもう一度よく考えてみるよという、るこさんが爽やかなところで以下次回。

教育的内容とともにギャグを織り込むつくりが、土曜朝のほんわかした空気に絶妙にマッチしているのが良いのだと思います。

いやー実に教育的。
りっぷさん(フェアリルチェンジ)が絵里ちゃんとぶつかって尻もちをつくシーンが惜しくて教育的だったっ(←コラ

しかし、今回一番気になったのは絵里ちゃんの声。
前半でゲームしてはしゃぐ絵里ちゃんの声優さん、これ絶対来海えりか様だろ?と思ってEDを見ると、森永千才さんという表示。
おかしいなあ。偶然似てる声の方だったのか。。
コメント (4)   トラックバック (1)

響け!ユーフォニアム2  第8話

2016年11月24日 | 漫画・アニメ
重い話が続いているユーフォ2。
黄前姉の、大学辞めたい問題がここにきてクローズアップ…

美容師になりたいから辞めたい

あと一年なんだから、卒業してからでも

それじゃ遅いの!!

深い理由があるのでしょう。でもどちらかと言うとご両親の意見に賛成せざるを得ません。
高校とか大学とか、辞めたいと思うこともあるけれど、卒業したらそれは大きな財産だし。(お金もかかってるし)
かといって、死ぬほど嫌な場合は勿論、辞めるのもありだし難しいところではあります。

この話とシンクロさせて、田中あすかこと黒パンスト六花副部長(仮)の話も(ぇ)続いているようです。
部活に来るのか来ないのか、来たと思ったらすぐに来なくなるし。。親御さんと揉めているのだろうか…心配しているのは黄前さんだけではなく。

橋本ちゃん:
  「陰気臭い」
  「音がガチャガチャで聴いててきつい」
  「明るく、楽しく、朗らかに!」

全国大会前だというのに、絶不調らしいです北宇治高校吹奏楽部の皆さん。
やはり、指揮官たる副部長が必要なのか。。

副部長:
  「黄前ちゃん、数学苦手だよね」
  「勉強教えてあげるから、うちにおいでよ!」
  「一人でき・て・ね(はぁと)」

黄前さん:
  (い、いきたくねぇ…)
           (以上大意)

そうなんです、黄前さんには高坂さんという彼女がいるんです。
どんなプレイを要求されるかわからない、怖い先輩は願い下げなのです。
…黄前さんにどのような深い話があるんだろう…本当に大丈夫なのか田中あすか。。(←ファン

黄前さんが聴いていたユーフォのCD、どこかあすか先輩の音に似てるという高坂さん。
演奏者の名前は「進藤」さんって、はっきり映したのは伏線でしょうか。

とうとう滝先生が、六花(仮)が部活を続けられる可能性がないようだったらユーフォは中川さんに替えます、と。
やばいよ黒パンスト副部長(仮)、戦力外通告一歩手前だよ。番組がつまらなくなっちゃう(←ファン
全国大会を前に、まだまだ嵐が続きそうです。

黄前さんが吹奏楽を始めたのは、姉への憧れがあったから。
吹奏楽をやめて大学へ行った姉への、黄前さんの複雑な気持ちや如何に。
黄前姉は妹の気持ちを知って、何か突破口を見つけそうなところへきたかも(?)

田中あすか問題も未解決ですが、黄前姉とシンクロ…いや、2年後の黄前さん自身をも映しているようなところで以下次週。

えーと、あすか先輩のお宅で黄前さんが可愛がられるのはいつですかね…。。。(←ファン
コメント (2)   トラックバック (11)

ブログ開設11周年

2016年11月23日 | 雑記
本日は、弊ブログ開設11周年記念日です。
いい兄さんの日?


開設から4,018日

しばらくは「三十路」なんて名乗っていましたけど(今もか、HNとして)…すっかり老いて(というほどでもないけど)
肉体だけが老いている感じで、基本的に気持ちは若輩者です。

2005年というと、不登校の頃の恩師を乳癌で亡くした年でした。
プリキュア(MaxHeart)を見て感激している最中でもありました。
あれから時代がずいぶん変わったものだと、感慨にふけっている余裕はないのですが。。
個人的には、親父の病気と引越しが大きな出来事だったかな。

乱暴な書き方をして叱られたりもしましたが、概して温かく、長い目で見守っていただいている感じです。
しょーもない日記ではありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

m(_ _)m
コメント (16)

12歳。 セカンドシーズン 第20話 オトナじゃ~ん(古)

2016年11月23日 | 漫画・アニメ
今週は、綾瀬さん悩むの巻。
悩むといっても、「約束は絶対じゃない、だから高尾が好きだと言ってくれるのも永遠じゃない」
そんな当たり前のことで…と思ってしまいますが、そういう悩みも思春期にはありがちだったりするのでしょうか。

人間の心は変わっていくもんで、ずっと好き(愛してる)なんて言葉ほどあてにならないものはないです。(結婚すればまた違うと思いますが)
まあ、綾瀬さんと高尾クンは同じ学校だから、しょっちゅう会ってるわけで、「気持ちを確かめないと、いつの間にか別れてる論」なんて気にすることはないと思いますが。。

綾瀬さん:
  「デッデトシテクラサイ!!」

改まって高尾クンをデートに誘って、気持ちを確かめてみようとする綾瀬さん。

小倉さん:
  「花日、大人の階段のぼるのよ~~」

ろくなこと言わないな、まりん様。
思いっきり背伸びをして、リバイバル映画を見てみる綾瀬さんと高尾クン。
「セシボ~ン、セシボ~ン」とかいう映画じゃなくて良かった。。(ぇ
サテンでは、エスプレッソなんぞを頼んでみる。

次のデートも決まって、なかなか良いムードです。どこに悩む要素が??
次のデート、待ち合わせ場所に高尾クンが来なかった…高尾クンのお祖母さんが倒れて、という緊急事態でありました。まあそれも、説明すればわかることだし。

悩んでいるらしい綾瀬が、何か言い出すのを待っているという高尾クンに、堤クン立腹。

堤クン:
  「大人ぶってんじゃねーよ!」
  「花日と一緒に、悩んでやれよ!」
  「おまえがそんなんじゃ、花日はオレがもらう!」

チッ…堤クンが高尾クンをもらうという話じゃねーんだなこれが(当たり前です

高尾が綾瀬をすっぽかしたという話が、早くも「破局だぁ~」とクラスの話題に。
しかし、高尾クンが綾瀬さんに謝って、すぐに解決しました。
がっかりなギャラリーと、舌打ちする心愛さん。

「約束」って絶対じゃないから、恋する気持ちも変わるかと思って悩んでいた綾瀬さん。
そうだね、心は変わるからね…という高尾クンですが、

高尾クン:
  「でもこれだけは(綾瀬が好きな気持ち)変わらないかも」
  「そう思ったのは、綾瀬だけだから」

なんとなく、有耶無耶な終わり方だな~。
恋心なんて一瞬のうちにぶち壊れるし(別に好きな人が現れるとか)、一瞬でなくても卒業して環境が変われば、最初だけは連絡とるけど徐徐に自然消滅するのが常だし。環境、距離、時間…

…なーんて話を持ちこんだんじゃ台なしです。これはあくまでフィクション、アニメーション、娯楽ですから。
これからも童心にかえって綾瀬さんや蒼井さん、心愛さんたちを応援していきませう。
甘酸っぱい恋の味を、思い出させてください。

次回は修学旅行回かー。バスに酔って…というろくでもないことを思い出してしまったっ(←コラ
コメント   トラックバック (1)

プリパラ 第123話 ノンシュガー漂流記

2016年11月22日 | ジュエルペット、プリパラ等
123話、何かサプライズがあるのかと思ったら、とくになく。
チーム「ノンシュガー」をまとめることで頭がいっぱいの、真中のんさんですが、いきなりプリパラのイベントに放り込まれてしまいました。

アイドル無人島サバイバル

あー、なんかやらしいやつだ。ポロリとか(ねえよ
実際、かなり強引に各無人島に放り込まれた各チームですが、サファリルックとは固い、固すぎるぞ…

番組でフィーチャーされたのは、やはりノンシュガー。
「ギブアップボタン」が備え付けられており、押すと脱出できるけどアイドルランクが「腰抜けアイドル」に落ちるという鬼仕様。

5日間、木の実等をとってなんとか頑張っているノンシュガーですが、ペッパーさんは野性に還り、月川ちりさんは発狂気味。
のんさんは辛うじて意識を保っているものの、これも時間の問題か。
数日経ってもチームが少しもまとまらない…というか、ちりさんがペッパーさんを生理的に嫌うのが治らず、のんさんブチ切れ。

のんさん: 
  「もう解散~~~!!」

ギブアップボタンを探す、というところで、もののけ(ペッパー談)にさらわれて、洞窟に連れ込まれたのんさん。
「ちりは、ペッパーを包み込むことができるウチャ!」というウサチャの言葉を信じ、怯えるペッパーさんを抱きしめるちりさん、良いシーンでした。
ちりがクジャクにみえる、でも美しい羽をたたんだまま…というペッパーさんの言葉を活かして、ペッパーを包み込むクジャクが羽を広げる描写に上手く繋げました。

結局、洞窟で壁画を描いていたあじみ先生が、作品を見てほしくてのんさんを連れ去っただけだったという、なんじゃそりゃあ(;゜Д゜)?!
「ある意味、もののけより怖い」という、のんさんのセリフ。あじみ先生のネタキャラ化が止まらない…(つ∀`)

別の無人島で、そらみスマイルとドレッシングパフェも頑張っていたようですが、ギブアップしてノンシュガー優勝。
見事、ちりさんとペッパーさんが神アイドルコーデを手にし(ゲーム筐体の販促?)、ノンシュガーがグランプリ参戦への道を拓いたところで以下次週。

のんさん:
  「恥ずかしながら帰って参りました」

お子様は、横井さん知らんだろ…

次週は、やはり筐体販促か(?)女神ジュリィとジャニスの対決。
ジャニス、今回はおまるプレイまで披露したことだし、頑張ってほしいな(ぇー
コメント   トラックバック (2)

走る!ハッピーモフルン ほか

2016年11月21日 | 魔法つかいプリキュア!
秋があまりなくて、いきなり初冬になってしまった気候ですね。
先日、タンスにぶつけて傷めた足の指、まだあまり痛みがひかないまま…ひどくはなっていないので、もう少し様子見です。少しは動くようになったので。

巷ではキュアモフルンが人気のようで。プリコーデドールも出てるのかと、恩師のバロン金山さんのブログを見て感心してしまいました。
マスコットキャラが、ここまでの人気を獲得するのはプリキュア史上初めてかも?
ドリーとかシリーとかはかなり人気あったけど。

某景品にモフルンが

高くはないので何とか入手できました

プラスチック製モフルン(画像中央)
食玩プラモ、ガシャポンと比較しても、かなり造形良好です。
あえて毛っぽい感じを出していないのが良いのかもしれません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

話は変わって、先日我が家のベランダにカマキリが迷いこんできました。


一応、サムネ表示にしておきます

ハラビロカマキリの褐色型、雌ですね。普通は緑色で、子供の頃、さんざん捕まえて飼ったものです。
コカマキリとともに、あまり凶暴ではないところが好きでした。
しかし、近所にカマキリがいたとは。。

かなり弱っていて(卵を産んだあと?)、かわいそうだったので外に出て草の中に逃がしてやりました。
よろよろと歩いていく姿が、目に焼き付いています。昨年亡くした猫が茶色だったので、なんか似ているなぁと。。
コメント

魔法つかいプリキュア! 第41話 ジュエリーな毎日!魔法学校へ放課後留学!

2016年11月20日 | 魔法つかいプリキュア!
カタツムリニアが、以前より格段に早く魔法界とナシマホウ界とを行き来できるようになったそうで。
朝日奈さんの学校が終わると、魔法学校へ日帰り留学するプリキュアさんご一行。

私事ですが、定時制高校の頃、昼間は専門学校、夜は定時制というダブルスクールをしている級友がおりました。なかなか大変だと思います。朝日奈さんたちは若いから、あまり心配はいらないのかもしれませんが。

早速というかなんというか、ジュンさんの部屋でパジャマパーティという桃源郷が展開され。
パジャマがガード固すぎるのが若干ツマラン…いや、エミリーさんかわいいよ。
見回りにくる教頭先生の下乳でかいよ(ぇ

ケイさん:
  「みらいが、私たちにワクワクを運んでくれたのかもね」

みらいが現れて、みんな変わった。成長した。メインヒロインの面目躍如というところでしょうか。
まさに、楽しい毎日・幸せの絶頂な朝日奈さん。この楽しい毎日が、ずっと続けばいいのに…と思ってる時点で長続きしねーんだなこれが。
リコさんと愛を確かめあっているとき、窓外を飛んでいく校長の姿が。

ここで校長の、クシィの回想が入ります。
これはいったい…?ドクロクシィは滅びたはずでは。もしかすると、デウスマストとも関連があるのかクシィ。

クシィの遺物はすべて海に沈んでいる模様。
そこへオルーバさん登場です。へそ出しイケメン、この番組で需要があるのかどうか微妙ですが。
校長を追ってきたプリキュアチームに探し物の邪魔をされたくない、ということでドンヨクバール戦です。

オルーバさん:
  「もうすぐ世界をめちゃくちゃにするんだ…」

こんなに楽しい世界を滅茶苦茶にはさせない!このあと滅茶苦茶プリキュアした。
ダブルスクールとかパジャマパーティとか、楽しいことを描いた上でのこの状況、持って行き方が上手いです。

ただ、ドンヨクバールと戦うプリキュアさんたちが、微妙に虚しい。足止めされているだけですもの。
肝心のオルーバさんは、海中からクシィの本を取り出し満足げ。そ、それはクシィの本!という校長の焦り方からみて、かなり重要なものらしいですが。

クシィの本を持って帰ったオルーバさん、それを読んで目覚めずにいる仲間を復活させようというのか、はたまたデウスマストの役に立てようというのか。
デウスマストが実在するのかどうかも、こう話が長引くと怪しい気もしてしまいますが。。

クリスマス回に向けて(?)、今週はミトメールはなし。
チクルンが、オルーバさんに報告するシーンが描かれていましたが、次回はチクルン寝返りきそうな感じ。
それにともない、シャーキンスさん戦死っぽい。
チクルンが突撃しているらしき予告がありました。これでキュアチクルン爆誕だったら最高なのになぁ(たぶんない

そして、次の戦いが始まるのです(あっ別番組か
コメント (12)   トラックバック (9)

リルリルフェアリル 第42話 

2016年11月19日 | リルリルフェアリルほか
今週は痴話喧嘩…というか、おのろけ回(?)
ダンテくんにお弁当を食べさせるひまわりさん…フォークには、ひまわりさんの唾液とかついてるんだろうなーと危ない妄想をしてしまったっ。
僕にも食べさせて~というアキアカネくん、何を言っているんでしょう、カレカノの間に割って入るとは。
恥ずかしいダンテくんとひまわりさんは素直になれず、意地の張り合いから喧嘩になってしまいました。

折悪しく、ぼっくり先生の授業はフェアリルドアを作る練習です。
危険な場所にドアが繋がってしまう恐れがあるという、ぼっくり先生が危惧したとおりのことに。。

ダンテくん:
  「ところで、このドアを見てくれ。こいつをどう思う?」

級友:
  「すごく…大きいです…」

ドアのサイズは問題ではないと思うのですが、意地をはったひまわりさんとダンテくんが大きさを競っているうちに、巨大ドアに吸い込まれてビッグヒューマルに行ってしまう二匹。
ビッグヒューマルで離れ離れになってしまったひまわりさんとダンテくんは、それぞれヒューマル(人間)に捕獲され。

ひまわりさん→カノさん
ダンテくん→ハルトくん

それぞれを捕らえたヒューマルが幼馴染の子供で、丁度喧嘩中というご都合主義(ぇ
形としては、フェアリルがヒューマルにはたらきかけ、仲直りさせることによってひまわり、ダンテが自分たちを省みて仲直りする、という内容がとてもわかりやすく綺麗にまとまっていました。
あまりに綺麗すぎて、書くことがないです。

フェアリルと人間との交流を着々と進めていて、来るべき「りっぷ×花村」に期待を持たせてくれます。
まあ、若干無理やりな交流に見えなくもなかった今回ですが、仕込みを急いでいるみたいなのでしょうがないか。。
怖いオジサンに捕まってお祭りの見世物にされたりすることもなく、無事に帰還したひまわりさんとダンテくんが微妙につまらなかったところで以下次週(コラ

次週はまた、ビッグヒューマルに係わるお話でしょうか。
レオン先生の笑顔ドアップに期待。レオン先生かわいいよ。
コメント   トラックバック (1)

痛いです提督

2016年11月18日 | 雑記
Japanische Marine Konteradmiral

誰でも最初は痛いんだから…(ぇ
(※思想的に偏っているようなことはありません、念のため)

痛い、いたぁい。らめえぇ。
昨夜は親父の具合が極度に悪く、医療機関に状況を説明する紙を書くため、自室から紙をもってくるときに左足薬指(?)をしたたかにタンスにぶつけまして。
それほど慌てるくらいの状況だったもんで…そんな足をぶつけたくらい、親父の苦痛から見たらどうってことないだろうというのが家族の反応。そんなんで病院行ったら笑われるよ的な。

指の付け根が内出血してどす黒く腫れて、今朝になってみると足の甲にアザがひろがって。指は少しは動かせるけど、かなり痛い。ポッキリではないかもしれないけど、ヒビくらい入っているかも。
週末はしょうがないけど、来週もこんなだったら整形外科病院だなあ。

とりあえず今日は、親父を病院に連れていくのは見送りました。持ち直したので。
私の怪我はいったい…

痛みは増えないけど内出血が…

グロ注意
コメント

響け!ユーフォニアム2  第7話

2016年11月17日 | 漫画・アニメ
憂鬱展開が続いているユーフォ2ですが。。
今週は、田中あすかこと黒パンスト六花副部長(ん?)の心の闇をクローズアップ。

何かのイベントでしょうか、駅ビルで演奏を披露することになった北宇治高校吹奏楽部の皆さん。全国大会前であるからこそ、演奏のチャンスは逃すな、ということらしいです滝先生。
よし、一丁やるかというところで、職員室に六花(仮)の母上が怒鳴り込んできました。娘を退部させてもらうんだそうです。

そうだよなぁ、六花(仮)は3年生、推薦入試ではなく一般入試の予定なのに秋になっても部活を続けていたら、親御さんとしては心配になるでしょう。いっそ音楽系の大学へ進んではどうかとも思いますが、それにしても勉強をしなければ。
母上が書いた退部届を受け取らない、滝先生。生徒の意思ではない退部届は受け取れないと。嗚呼、こちらもかなり癖のある男だ。。

辞める気のない六花(仮)に、ビンタをかます母上。母ひとりで育てた娘さんらしいですから、無理もないかな。
姉の大学辞めたい問題と、自分が部活を続けていることとがちょっと気になっている黄前さんも憂鬱気分に。

あすか先輩、部活辞めちゃうの…?
皆には迷惑はかけない、心配かけてごめんね。そう言った六花(仮)ですが、翌日から部活に現れなくなってしまった…
教頭が代理で、あすか母から娘の退部届を受け取ったという噂。

滝先生:
  「なんじゃこりゃぁっ?!(大意)」

動揺して、演奏が腑抜けになってしまった部員たちを叱る滝てんてー。
六花(仮)の退部届を受け取った事実はないという滝てんてー、どういうつもりなんだろう。あくまで噂だったのか。

とにかく、六花副部長(仮)がいないだけでヘロヘロな演奏になってしまうことが問題です。

小笠原部長:
  「私に一分間だけ時間をください!(大意)」

これまで私たちは、あすかに頼りすぎていた。何でもそつなくこなして、当然の顔をしているあすかだから、精神的にも頼りすぎた。これ以上あの子に負担をかけないで、今度は私たちがあすかを助けよう。

今回ソロパートを任せられたこともあるし、伊達に部長やってません。小笠原先輩かっこいいよ。今まで影が薄かっただけに(えぇ~

駅ビルコンサートは、六花(仮)抜きでも頑張ろうと気合いを入れた黄前さんたちですが、ひょっこりと現れた黒パンスト六花副部長(仮)
よっしゃあ!これで思いっきり演奏できるゼ、って、ろくに練習していないはずの六花(仮)が当たり前のように演奏していたのが気になりました。陰で練習していたのだよ、こまけーこたー(ry
それよりも、小笠原部長のソロを見てくれってことかな。。はー!(違

田中あすか問題は、まだ解決したわけではなさそうですが、次週は黄前姉の暗部にスポットが当たるのか…鬱だ…
黄前さん自身、音大に行くわけでもないのに吹奏楽部を続けているわけで、あすか先輩問題とともに黄前さんの心に暗い影を落としそうです。

今週は、あすか母が抗議している場面で腕を組んだ六花(仮)の乙牌ムニュに欽ドン賞(゚∀゚)b
あれ描くことにした人はド助平だなマチガイナイ。(そして喜んで見てる方もド助平
コメント   トラックバック (9)

12歳。 セカンドシーズン 第19話 カタオモイ

2016年11月16日 | 漫画・アニメ
堤 歩クン:
  「ちょっといいか?」

小倉まりんさん:
  「キターーーー(゚∀゚)!!」

てっきり「おっオレもう、花日への想いを抑えられないんだッ」とか言うかと思ったら、転校前の学校からの友人にしつこく告白されて困ってる、どうしたら諦めてもらえるのかと小倉さんに相談だそうです。

小倉さん:
  「ぶっちゃけツマンネ…(大意)」
  「お姉みたいに、キープしたら?」

ろくなこと言わないな、まりん様。
それはそうと、現在の学校にまで押しかけてきて堤クンにつきまとうストーカー的な、怖い女の子を想像したのですが…
杏実(あみ)さんという、非常にカラッとした明るくて美人な良いお嬢さんじゃないですか。くるくるちゃんにつきまとう、あじみ先生的な(えぇ~

なんというか、応援したくなりますよ杏実さん。もっとこう、呪ってやる~というような女の子を想像していたので、意外でした。堤クンがそれだけまともな男だということかな。杏実さんとは、まるで夫婦喧嘩しているみたい。。

敏感な杏実さん、すぐに堤クンが綾瀬さんを想っていることを嗅ぎつけ。
じゃあ、花日ちゃんの彼氏も誘ってダブルデートしよう!ということに。歩が花日ちゃんを好きなじゃいことを確かめるんだそうで。

ショッピングモールでダブルデートする、高尾、綾瀬、堤、杏実。
ハンバーガーショップで、間違えて綾瀬さんのジュースを飲んでしまった堤クン、ストローの替えを取ってくると言いつつ、物凄く動揺しているのを、杏実さんに見られてしまいました。
そりゃね、一度口に入ったジュースが容器やストローに残ってるだろうし、唾液も(ぉぃ

男女別れてトイレに入ったのをいいことに、歩がいなくなった…と嘘をつく杏実さん。別れて探すよう仕向けて、花日ちゃんだけはぐれてしまえばいい。。だって、まだ歩は花日ちゃんのこと好きなんだもん!と言って泣く杏実さんせつない。
堤クンが「おっオレもう、辛抱たまらん!」といってトイレに籠る展開にはならねーんだなこれが(当たり前です

杏実さんのウソはすぐにばれてしまいました。
それでも、問い詰める堤クン(と高尾クン)に自分のせいではぐれたと嘘をついて杏実さんを庇う綾瀬さん。。
なんというか、純粋すぎちゃってる杏実さんとか、大人な対応をする綾瀬さんとか、とっても綺麗ですね。現実離れしているとかじゃなくて、子供らしくて微笑ましくもせつない。

後日、綾瀬さんに謝りにくる杏実さん。いいんだよ、あれは…という大人な対応の綾瀬さんに、

杏実さん:
  「バッカみたい。でもわかるわ、歩が好きになるのは」

裏表のない、凄く良い娘さんです杏実さん。堤クンも罪な男よのぉ。
それでも、恋する気持ちはだれにも止められないということを、恐らく今回限りのゲストの(ぇ)杏実さんが、綾瀬さんに教えてくれました。
綾瀬さんが、何かひとつ考えるきっかけになったようです。それがどんな結果を招くのかは、まだわかりませんが。
EDでチューしていたカップルは、高尾クンと綾瀬さんでしょうか。いつそこまで進んだ(;゜Д゜)?!

そして、新しい修羅場が始まるのです(違

■蛇足
桧山クンと蒼井さんがやってたゲーム、「ファイナルラップ」みたいで懐かしかったです。
高校生の頃は、ファイナルラップ、ボウリング、カラオケBOXでドロドログチャグチャな男女くんずほぐれつの汚泥にまみれていたよ…
コメント (2)

やるっしゅ倶楽部

  
来海えりか/キュアマリンをしつこく応援し続けようと思うんだ。
ハートキャッチプリキュア!を、何かとオカズにホンホンするクラブ。2011,09,01現在、部員2名(えー

gooブログ おすすめ

  • RSS1.0 RSS2.0