チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

米軍が山城博治さんらを手錠をかけ拘束---基地内に引きずりいれて刑特法違反容疑で逮捕

2015年02月22日 | 沖縄日記・辺野古

 2月22日(日)、辺野古新基地建設を許さないための抗議集会がキャンプ・シュワブ前で開催された。

  午前中は海上行動が予定されていたので船長たちは汀間漁港に集合した。しかし、強い南風のため大浦湾には大きなうねりが入り込んでいる。いったん平和丸を出して様子を見たが、とても無理ということで海上行動は中止となった。今日は抗議船を6隻出し、議員さんたちに乗ってもらって海上パレードを予定していたのだが残念だ。

 汀間漁港から戻り、シュワブ前抗議行動に参加した。ところが、我々が行く直前に山城博治さんら2名が米軍の警備員に拘束されたという。博治さんは、立入り禁止を示す黄線にまたがった辺りで、抗議の人たちが黄線内に入らないよう注意をしていた。そこに突然、米軍の警備員らが襲いかかってきたらしい。両足を持って引きずられ、基地の中では後ろ手に手錠までかけられている。その後、米軍の憲兵隊に引き渡され、現行犯逮捕されたという。昨年夏からゲート前抗議行動を指揮し続けていた博治さんへの米軍の狙い打ちとしか考えられない。

・「辺野古基地建設反対で抗議の男性2人 米軍に拘束」(AABニュース 2015.2.22)

 ゲート前には次第に多くの人たちが集まってきた。米軍、警察への抗議行動が続く。

沖縄平和運動センターの山城博治議長(右)の足をつかみ、引きはがすシュワブ警備員ら=22日午前9時すぎ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート

 写真を見ても、米軍の警備員らが山城博治さんの両足を引っ張り、無理やり基地の中に引きずりこんでいった様子がよく分かる。   (沖縄タイムス WEB版より)

          (山城博治さんらを拘束した米軍の警備員ら)

 午後1時から県民集会が始まった。2000人が目標だったが、3000人以上が集まり、基地建設反対と拘束者の解放を求めた。

 拘束された2人が名護署に移送されたというので、集会の後、大勢の人たちが名護署前に集まり、2人の解放を訴えた。接見した弁護団によると、刑特法違反の疑いだという。しかし、2人が拘束された現場では、最前列に機動隊員らが警備にあたっていたが、機動隊員らは博治さんらを規制していない。それにもかかわらず、米軍の警備員らが前に出てきて2人を拘束したのだ。

 最近の高江の動きを見ても、米軍が直接、県民の前に出てくるようになっている。しかし米軍のこのような行動は、沖縄県民の怒りを買い、米軍基地の存続そのものを危うくするだろう。

********

 朝の汀間漁港。出航準備をしたが波風が強く、やはり海上行動は中止に。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 県は防衛局の違法行為に対し... | トップ | 山城博治さん、釈放される!... »
最近の画像もっと見る

沖縄日記・辺野古」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事