青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

マザー牧場へ

2014年08月15日 22時47分47秒 | 青い空の日は旅立(全般)
8月15日(金)

朝6時15分に出発。
みんなで向かったのは、千葉房総半島にあるマザー牧場だ。

首都高速、湾岸道路では、カーゲームのような車線の変更の連続で、緊張しまくり。
林道のほうがましだ。



▲ あのレインボーブリッジも。

あっちこっち行っている私だが、基本は埼玉の田舎者。
首都高に乗り入れることはないし、レインボーブリッジも初めてだ。



▲ 東京湾アクアラインに入るまでが超渋滞だった。

で、マザー牧場に着いたのが、10時過ぎだった。




▲ わー、きれいだねー。




▲ 「桃色吐息」と名付けられたペニチュアが、今見頃だった。




▲ トラクターに引っ張られた2両のオープン列車に乗る。

Umiちゃんのお目当ては、山の向こうにある、馬の牧場だ。





▲ 馬に、恐る恐るニンジンのスティックをあげる。




▲ 馬にも乗って小さいグラウンドを1周した。

初めちょっと、とまどっていたが、案外すんなりと馬に乗ったよ。





▲ 背筋も伸ばして、どうどうとしているよ。ハイドードーだ(笑)。





▲ お母さんも乗りたがって。ハイドーゾー。


お昼は、マザーファクトリーレストランで。




▲ 窓からの房総半島の丘陵の景色がいいよ。




▲ 例によって一杯広げて食べる。カツカレー、直営工場で作ったソーセージ盛り合わせ、ペパロンチーノパスタ、サラダ。それにお子様ランチだ。 美味しいね。




▲ 黄花コスモスの斜面。




▲ 牛の牧場では、乳しぼり体験ができるということで行ってみたが。

長い列で、みなさん待っているので、これはあきらめた。(まだ牛は来ていない)




▲ 朝はやくからの行動だから、Umiちゃんはお父さんの背中で寝てしまった。

帰ろうか。




▲ まだ1時過ぎだけど、帰ろう。

当初の予定では、夕方の花火の打ち上げを見てから帰ろうと言っていたが、主役のリトルプリンセスがもたないだろう。




▲ 直売場で、チーズとかも買ったし。



行きは、アクアラインへ入るまでの渋滞がひどく、当然うみほたるの駐車場も満車で入れずだった。

帰りは、海の真ん中の駐車場のうみほたるに入れるかと思ったが・・



▲ アクアライン自体は流れている。前方にうみほたるが。

やはり、満車。 今回はあきらめ。




▲ 本来は通行料3000円のアクアライン。2014年4月に向こう10年間、臨時の800円料金を継続することになった。
800円のあいだの内に、また来れるだろう。





▲ 東京湾を横断すると、またすぐこの景色に。

身内びいきのdecoさんは、「房総よりやっぱり信州の方がいいわ」


都内に住む息子夫婦を下ろして、私達は一路また埼玉の田舎に戻った。

明日からは、オトナの旅が始まる。

コメント