九想話

ブログ以前から書き始めて、19年目になります。



海の見える理髪店

2017年02月20日 | Weblog

オール讀物の直木賞発表号でこの小説を読んだ。
ここには「海の見える理髪店」「いつか来た道」「成人式」の三編が載っていた。
作者は荻原浩です。
「海の見える理髪店」はいい小説だと思った。
床屋の髪を切るオーナーの心と散髪してもらう客の気持ちがよく出ている。
私も自分の頭を刈ってもらっているような気持ちで、小説を読んでいた。
床屋のおやじが、自分のこれまでのことを語りながら、初めて来た客の散髪をする。
私は先日、この町にある床屋に初めて行って髪を切った。
そのとき、床屋のご主人が、散髪の修行をした東京のことや、独立して苦労した狭山市での話をしてくれた。
この小説の「海の見える理髪店」のオーナーは、じつに詳しくその人の歴史を客の男に語っていた。
そこまで話すか?と私は思いながら小説を読んでいた。
小説を最後まで読んでその理由が分かりました。
よい小説でした。
あとの2つの小説は、あまりよいとは思えなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福寿草?

2017年02月19日 | Weblog

このつぼみは、福寿草だと思うのですが、どうなんでしょう?
アンジェラさん、教えて下さい。
昨年、この場所にアンジェラさんからいただいた福寿草・忘れな草・・・を植えた。
そのところに生えてきたつぼみです。
この姿の感じが福寿草だと思う。
福寿草だったら嬉しいです。
花が咲いてくれたらいいな。

2016年4月27日九想話「福寿草・忘れな草



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

来週は北軽井沢

2017年02月18日 | Weblog

2月25日(土)、北軽井沢のパンカーラでワイワイガヤガヤコンサートがあります。
私は久しぶりに参加します。
ワイワイガヤガヤコンサートで私は次の曲を演奏します。

「LLAQUI RUNA(悲しい人)」

「Plegaria Del Inca (インカの哀歌)」

1月から毎日ケーナを練習している。
私としては出来るだけ良い演奏をしたいと考えています。
来週の土曜日私は、北軽井沢にいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

船村徹逝く

2017年02月17日 | Weblog

風雪流れ旅 歌船村徹

船村徹が亡くなりました。
84歳、私より20歳上です。
私はその歳まで生きられる自信はありません。
私は、なんとか71歳までは生きたいということが、今のささやかな希望です。
それは、この家の住宅ローンが私が71歳の12月で終わるのです。
いや、それ以前に私が死ねば、保険でこの家のローンは終わります。
それはそれとして、私はこの家のローンが終わるまで生きていたいです。
話がそれました。
船村徹という作曲家が好きです。
あの人は、自分にもまわりにも嘘のつけなかった人のようです。
よい曲が多い。
あの人の栃木訛りもいいです。
私は茨城なのでほとんど一緒です。
2年前(2015年9月)、私は栃木県日光にある船村徹記念館に行った。
船村徹は、栃木県が、いや、日本が誇れる作曲家だと思います。

 


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネオ三本締め

2017年02月17日 | Weblog

【ネオ三本締め】超絶の一体感を生む三本締め!/よなよなエール
~ Sanbonjime Remix by Yona Yona Ale



今日の「シブ5時」で紹介していた三本締めの動画です。
佐久市にあるビール会社で作った動画だ。
気に入ったので、九想話で紹介します。
佐久が懐かしい九想です。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桑子真帆、「ニュースウオッチ9」

2017年02月16日 | Weblog

今日、NHKの来年度の新番組のキャスターなどの発表があった。
それで、桑子真帆が 「ニュースウオッチ9」のキャスターになることが分かった。
私が長野にいたときから応援していた桑子真帆。
ここまでになると私の目が狂ってなかったんだと、うれしい。
 「ニュースウオッチ9」って、NHKの顔のようなものだと思います。
桑子真帆が大きくなっていくことが、私はほんとうにうれしいです。 

 

2013年3月5日九想話「桑子真帆

2014年6月25日九想話「ついに、桑子真帆

2014年8月12日九想話「ええっ?桑子真帆

2014年8月17日九想話「またまた!!桑子真帆

2015年3月6日九想話「ブラタモリの相方に桑子真帆

2015年4月2日九想話「ニュースを読む桑子真帆

2015年4月13日九想話「桑子真帆だ

2015年10月03日九想話「久しぶりに桑子真帆のこと

2015年10月14日九想話「さすが桑子真帆

2015年12月11日九想話「好きな女子アナランキング

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

耳掃除は不要

2017年02月15日 | Weblog

2017年1月、アメリカの耳鼻咽喉科頭頸部外科学会が「耳掃除は不要」という見解を発表した。
なんでも、同学会はこれまで何度も「耳掃除のやりすぎは注意が必要だ」と訴えていたとか。
これを受け、最近ではテレビやネットでも「耳掃除アリナシ」問題が取り上げられている。
(R25より)

「習慣的な耳掃除は必要ありません。3カ月に1回程度、もしくは、『耳が聞こえづらい』と思っ
た時にするぐらいで十分です。そもそも『耳垢』は、外から入ったホコリをキャッチしたり、
皮膚を刺激から守ってくれたりと、私たちの耳に必要なものなんですよ。さらに私たちの耳は、
毛が穴の外側に向かって生えていて、ある程度耳垢が溜まったら、耳の外に出す機能が備わって
いるんです。気持ちいいからといって綿棒や耳かきで無理やり耳垢を取り除いてしまうと、徐々
にその機能が衰えてしまいます」
                         (川越耳科学クリニックの坂田英明先生)
この文章は、「R25 30オトコの本音に向き合う」から引用しています。

これから私はどうしょう?
私は耳掃除をしてもらうことが大好きです。
でも、最近誰にもしてもらっていません。
(誰もしてくれない)
女房には30年ほどしてもらっていない。
いや、結婚した頃は耳掃除をしてくれましたね。
それが、いつの頃からかしてもらえなくなりました。
最近の床屋さんはしてくれませんね。
むかしの床屋はしてくれた。

私はたま~に、自分で耳掃除をしています。
するとけっこうな耳垢が出る。
終わるとスッキリします。
2ヶ月に1度ぐらいは、これからもやるでしょう。
だって、あの“快感”は捨てがたいです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あなたは何色?

2017年02月14日 | Weblog

職業訓練の今週のスピーチは「あなたを色にたとえると何色ですか?」ということだった。
スピーチは毎週月曜日ですが、今週は事情があって今日になった。
先週の金曜日にこの題を先生から聞いて困りました。
この「あなたを色にたとえると何色ですか?」ということはいい。
しかし、このことを3分間話すということを考えたら途方に暮れた。
1分間ぐらいならなんとか話せるとは思ったが、3分間です。
ネットで検索したら、面接でこういうことを聞かれることがあるらしい。
でもそのときは「私は○○色だと思います。性格が○○○○だからです」と答えればいい。
スピーチは3分間という決まりです。
自分を色にたとえるならば○○色です。それは・・・・・。
3分間なんて話すことはない、私は金曜日からずーっと悩みました。
それでも私は昨夜、なんとか考えて原稿を書きました。

今日、スピーチが終わってから、1人ひとりのスピーチについて全員で感想をいうことになった。
意見がある人が、挙手をして話すという形をとった。
私は、次のようにスピーチで話した。
> 私はいつも物事を冷静に考えたいと思います。
> 未来を考えるときは、いつも良いことは考えなく、
> 悪くなったらどうしょうと、そうなったときの対策を考えてしまいます。
> 楽天的に軽はずみには生きられない人間です。
> 私を色にたとえるなら、どうしてもブルー、青い色かなと思います。
何人かの人が私の色をいってくれた。
深い緑色、黄色、味のある藤色、銀色。
これは興味深かった。
私のことをそういう色に見ていた人がいたということがです。
この職業訓練のクラスにいると、私が思うこと以外の自分を知らされることが面白いです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

歯の治療

2017年02月13日 | Weblog

先日、壊れた歯のところを治療に行って、そのとき歯を少し削って型をとった。
そして今日、つくられた歯を私の歯にかぶせた。
けっこう違和感なくその歯が私の歯にかぶさっている。
つくられてきた歯を私の削られた歯につけるとき、
「この歯医者はうまいな」と思った。
1時間ほどで治療は終わった。
たった2回治療に来ただけで直ってしまった。
料金も合計6,000円ほどでした。
また歯の具合が悪くなったらこの歯科クリニックに行こう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

清水富美加

2017年02月12日 | Weblog

私は、清水富美加の未来を楽しみにしていた。
この人を私は、NHK連続テレビ小説「まれ」で初めて知った。
観ていて、いい女優になると思った。
「まれ」が終わってからも、彼女をテレビで観ると嬉しかった。
彼女が芸能界を引退するということを今日知った。
ネットに書いてある記事だけでは本当のことは分からない。
ただ私は、この女優が芸能界を引退することはさびしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加