九想話

ブログ以前から書き始めて、18年目になります。



人生の終い方

2016年05月23日 | Weblog

昨夜、NHKスペシャル「人生の終(しま)い方」(NHK総合午後9:00〜9時49分)を観た。
人生の終い方なんてことは考えたくもない。
でも、いつか私にもおとずれることなんだな。
仕方ない観てやるか〜、てな気持ちです。
番組の案内人は、桂歌丸。
午後6時55分まで笑点の司会を生でやっていた。
NHKのこの企画はうまい、と思った。
笑点の司会最後の日に合わせて「人生の終い方」なんていう番組を歌丸で作った。
ニクイね。

番組では最初に水木しげる(93歳)のことを取り上げていた。
死ぬ半年前の頃、マンガを描かないで写真を撮るようになっていたそうです。
家族の笑顔の写真をたくさん撮っていたようです。

66歳のある男性を取材していた。
郵便局で長いこと勤めてきた人で、定年退職後癌になった。
そして妻と息子と娘に手紙を書いた。
口ではいえないことを手紙では書けた。
その人が亡くなった。
奥さんは、その手紙を見ると生きて行こうと力づけられると話していた。

35歳の末期癌の男性の家族、妻と息子と娘がいる。
自分の命はもう残り少ない。
悲しいですね。
死ぬ間際、家族で温泉に行った。
食欲もなく、歩くこともやっとというときにです。
自分の姿を子どもたちに残しておくために…、とその人はいっていた。
息子と娘と温泉に入った男性は笑顔だった。
その男性は、娘の小学校の入学式前に亡くなってしまった。

90歳の女性は長いこと居酒屋を経営していた。
1人娘は軽い知的障害者です。
その娘を育てるために必死になって居酒屋をやってきた。
そして他界した。
亡くなってから店の常連客がお別れ会をやってくれた。
ああ…、その女性は素晴らしい居酒屋をやっていたんだな、と思った。
店の経営者の娘(66歳)のために、50人ほどでお別れ会をやってくれたのです。

やはり人間、真面目に生きなければだめだな、としみじみ思いました。
少なくとも、自分に嘘をついたり、ごまかしてはいけない。
私は、どんな人生の終い方をしよう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

笑点

2016年05月22日 | Weblog

今日で桂歌丸が、笑点(日本テレビ 午後5時半〜6時)の司会者をやめる。
私は、この番組が好きでかなり観ている。
私のテレビに、連ドラ録画予約に設定してある。
つまり毎週、笑点は私のテレビに録画されているのです。
それにしても番組が50周年というのはすごい。
私が13歳のときに始まっていたのだ。
私が、笑点を観始めたのは高校生の頃だった。
立川談志が司会をしていた。
そのときから談志が好きになった。
これから春風亭昇太が司会をやるという。
どんな笑点になっていくのだろう?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の作業

2016年05月22日 | Weblog

今日、この地域の清掃の日でした。
町役場とここの自治会の共催で公園の清掃をする日だった。
私と女房は9時5分前に集合場所の公園に行きました。
15・6人の人がすでに清掃作業にとりかかっていた。
1時間ほどやって家に帰った。


そのときに集められた木の葉や雑草です。

汗みずくになった身体、シャワーを浴びる前に何か作業をしたいと考えた。
先日、種を植えたヘブンリーブルーのためのつるの這う紐を作ることにした。

 

さあ、これでいつヘブンリーブルーが成長してもかまわない。
ゴーヤのための紐を作るときに買った30mのシュロの紐はなくなっていた。
近くのホームセンターに行ってそれを買ってきた。
ちゃくちゃくと九想庵の庭は、夏用になりつつあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花壇の整理

2016年05月22日 | Weblog

 

花壇の隅に花の咲かない木があった。
その枝が沢山あり葉っぱも多かった。
それで、コニファに日が当たらなかった。
そのコニファは他のものと比べて育ちが遅かった。
女房がその枝を切った。
昨日それを私は、根っこごと抜いた。
少し花壇が広くなったような気がする。
私と女房の庭は、前の持ち主の頃と比べるとかなり変化したと思う。
バラの木を植えかえたり、花の咲かない木などを抜いたり、
もう女房と私の庭になったと思える。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ文芸館「車窓家族」

2016年05月21日 | Weblog

今朝のラジオ文芸館(NHK第一 8:05〜8:45)は、高田郁(カオル):作「車窓家族」という短編小説だった。
大阪と神戸を結ぶ私鉄電車は、さまざまな乗客を運ぶ。
その車窓からいろいろな景色が見える。
あるところでなぜか停止信号で電車が停まると、文化住宅という表現がふさわしい家の中が見えた。
そんなのをほとんどの人は注意もはらわないが、5人の人間は見るともなく見てしまう。
頭の禿げた太った中高年のサラリーマン、仕事中に差し歯の抜けた美人秘書、浪人の学生、などなど。
いつも丸いドーナッツ型の蛍光灯で明るい部屋では、夕方老夫婦が食事をしていた。
ある日は、おでんのようでそれを美味しそうに食べている老夫婦が見える。
それを見ていて、電車の中でお腹をググゥと鳴らす人もいた。
あるときは焼き魚を食べているときもあった。
ある日の夜(クリスマスだったかな?)、電車が長く停まっていた。
車窓から見える老夫婦の家の照明が消えていた。
その家を気にかけている5人は、どうしてだろう?と心配になった。
「考えると2日前から電気は消えていた」
そう1人が独り言をいうと、「そうでしたね」と応える人がいた。
そんなことからそれまで話したことのない5人が話し始めた。
するといきなり、老夫婦の家の電気がついた。
電気工事をするかっこをしている人が脚立を片づけていた。
どうやら、老夫婦の家の照明器具が壊れてそれを修理したようだった。
5人は、ホッと安心した。
5人の人たちは、次の駅からそれぞれの駅で電車から降りていった。

というなんとも不思議な短編だった。
しかし、私の心は温まりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生誕300年記念若冲展

2016年05月20日 | Weblog

私は19日の朝6時40分、会社に行く女房と一緒に家を出た。
若冲展に行くためです。
心のどこかでもう少し遅くてもいいかな?、という気持ちもあった。
バスに乗り、東武東上線の電車に乗ったのが7時10分。
2つ空いている座席はなく、女房とは離ればなれで坐った。
池袋駅には8時15分に着き、山手線に乗り換えて上野駅に行く。
池袋駅で降りるときに向かいの席に坐っていた女房を見ると、目が合った。
人と人のちょっとした隙間から女房が見えた。
それにしても、あの人は毎日こんな状況の電車通勤をしているのだなと思った。
昔、私もこのような電車通勤をしていた。
女房の会社は、池袋から先の駅だ。
私にはもうこのような通勤はできないと思う。
軽井沢での私の通勤は、車に乗って30分です。
途中、渋滞はない。

  

9時頃上野駅を出る。
東京都美術館のまわりにはものすごい人がいた。
9時半開館だというのにもうこんなに並んでいた。
でもこれはチケットを持っている人の列で、
チケットを買うためには別な列に並ばなければならなかった。
チケットを買う列の最後尾にいた係の人が、
「チケットを買うのに45分、入場するには3時間並ばなければなりません」といっていた。
40分ほどならんでチケットを買った。
ところがチケットを買うときに、「若冲展に入るのには270分待ちです」と女性にいわれた。
4時間半、私は一瞬今日は帰ろうかな、と思った。
そうは思ったが、どうしても若冲の絵を見たかった。
しかたなしに9時45分、列の最後尾を探して炎天下の下、4列になって並びました。
しかし、日本人はすごいと思った。
みんな静かに文句もいわずに4時間以上も並んでいるのです。
途中、2ヶ所に給水所があった。
日傘なども用意してあった。
美術館としても、並んでいる人に倒れられたりしたら大変だからでしょう。
並んでいるのは、私も含めてほとんどが中高年の人です。

 

東京都美術館に入ったのが午後2時、それから若冲展に入れたのが2時20分。
待ち時間270分というのは、悔しいけれどほぼ合っていた。
人混みの中、私は必死になって若冲の絵を見た。
素晴らしかった。
ただ、人と人の間から見なければならない絵です。
こんな環境で見なければならない絵で感動は難しい。
若冲の筆の集中力は確認できた。
鶏の足のぶつぶつが精細に描かれていた。
鶏のあの羽の模様の違いはすごい。
「動植綵絵」の描写がいい。
でも私は、水墨画のエンドウ豆の絵がよかった。
私は、4時半に会場から出ました。
最近、こんなに疲れたことはない。
なにしろ朝、8時過ぎ(池袋駅で電車を降りたとき)から立ちっぱなしです。
展示場の中にあるベンチに5・6分坐ったが、ほとんど立っていました。
63歳の最後の日が、こんな過酷な日になるなんて考えてもいなかった。
でも、若冲の絵は素晴らしかった。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

明日、若冲展へ

2016年05月18日 | Weblog

行くつもりです。
来週までの私の予定を考えると、なんか若冲展に行けなくなりそうなのです。
だから強引に明日行くと決めました。
今日、東武東上線が脱線して大混乱している。
東武鉄道としては、なんとしても明日の朝から電車を動かすとはいっている。
でも私は心配してない。
地下鉄有楽町線を使えば池袋には行ける。
今日はシルバーデーで65歳以上は無料ということで、かなり混乱したそうだ。
明日はどうなんだろう?
静かに鑑賞したいものです。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

九回、藤川マウンドへ

2016年05月18日 | Weblog

阪神が逃げ切り勝ち 球児が4年ぶりセーブ

藤川球児が4年ぶりにセーブをした。
うれしいですね。

西武も菊池雄星で勝った。
久しぶりに心安らかに眠れます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年はゴーヤ

2016年05月18日 | Weblog

 
今年は台所の前にゴーヤを植えることにした。
そのために、今まで楽しませてくれた小松菜と春菊を取り除いた。
春菊の花をダイニングテーブルに飾りました。
 
地面を耕し、腐葉土と肥料をまいた。
2階の窓の柵にシュロの紐を結わいて、ゴーヤが茎をからませるものを作った。
 
ホームセンターで買ってきた(1本198円)ゴーヤを植えた。
さぁ、ちゃんと育ってくれるのでしょうか?

台所のグリーンカーテンはゴーヤですが、
リビングはやはり…、去年と同じところにヘブンリーブルーの種をまきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜の花は美しい

2016年05月18日 | Weblog

 
左はナスの花、右はメイクィーンの花です。
控えめですが、キレイだなと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加