九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



太宰治

1998年10月02日 | Weblog

 またテレビのことです。
 NHK教育10時45分からの金曜フォーラム「太宰治文学・その魅力と津軽」
を見た。
 鈴木健二が司会で、ドナルド・キーン、中沢けい、三浦雅士がパネリストだ
った。
 私にとって興味深い話を聞けました。
 太宰は、私にとって大切な人です。
 二十歳の頃、東京で暮らすようになって、それまで読書の習慣がなかった私
に、本を読もうと思わせてくれた小説家です。
 今では、その小説の内容をほとんど覚えていないのですが、太宰を読んで思
ったことは、「こんな人でも生きてたんだから、おれも生きよう」ということ
でした。
 私が二十歳だったかな、「津軽」を読んで感激し、津軽半島に行きました。
 青森の合浦公園の海水浴場の脱衣場で1泊し(不法侵入かな。前日は、秋田
城跡の公園で野宿してきた。貧しい旅でした)、バスで竜飛崎まで行った。会
社の夏休みに行ったのですが、津軽は夏でも暗いな、と感じた。
 竜飛崎の、太宰が泊まったという旅館に宿泊した。
 そこに荷物を置いて、竜飛崎の突端まで一人で行った。灯台の先の立入禁止
区域まで行き、沈みゆく夕陽を眺めました。左は日本海、右は津軽の海、目の
前はほとんど海だった。そのとき竜飛崎という立て札の裏に、「詩」みたいな
のを書いた。なんて書いたかな、日記には書いてあるはずだけど今では思い出
せない。
 宿に戻って生意気に、飯のとき酒など注文し、一人で太宰を思って飲みまし
た。
 また、太宰の小説読んでみようかな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンモノを見抜け

1998年10月01日 | Weblog

 今日のNHK10時からの「ようこそ先輩」は、経済評論家の佐高信だった。
 番組の内容の説明は、今日は疲れているのでナシです。
 今夜はなんとしても12時には寝ます。今朝、女房も寝坊して、起きたのが
7時10分前だった。こういう朝ではいけません。もっと余裕のある朝の時間
にするために、寝ます。
 佐高が授業で子供たちに伝えたかったのは「ホンモノを見抜け」ということ
だった。46の私にとっても、ありがたい授業だった。
 佐高信は、慶応大学を卒業して、故郷の山形県酒田市のある高校の教師
になったが、27歳で辞め、離婚し、上京して評論活動を始めた、とナレーシ
ョンがいっていた。
 私、この人好きなんだな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加