九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



苦渋の9月

2007年09月30日 | Weblog
たしかにこの9月はひどかった。
半年勤めた足場の会社を膝を傷めて退職することになり、
友人の紹介で入った会社も、身体に負担がかかるので辞めた。
(友人は重い物を持つことはない、と紹介してくれたんだが…)
陶芸もやめてしまった。

今年もあと3ヶ月、年内には落ち着いた暮らしをしていたい。
明日から、心を入れ替えて前向きに生きていこう。

------------------------------------------------------------------

9/1   誕生日プレゼント    九月なり四の五のいわず生きてみる
9/2   虫時雨          傾いた心景色に虫時雨
9/3   似たもの夫婦      夫婦して歩行困難秋の夜
9/4   陶芸反省会       また無職情けなさだけ秋に入る
9/5   夢枕            秋の朝なんでおまえが夢枕
9/6   半年
9/6   台風9号         ゆっくりと台風九号北上す
9/7   臥薪嘗胆        遅すぎる臥薪嘗胆秋の蝿
9/8   ディズニーシー
9/8   入場
9/8   昼食
9/9   火と水のショー
9/9   夕暮れ           ディズニーは整形美人秋の風
9/9   阪神10連勝      
9/10  板観
9/11  菜の国古本まつり    手にとって置いてまたとり本の秋
9/12  職場放棄           放棄する職場あるのがうらやまし
9/13  夏の終わり       
9/14  もうすぐ1年
9/14  笑顔             孫笑う爺行き暮れる九月かな
9/15  思いこみ
9/16  職に就く           職に就く帰るときには月はなく
9/17  三日月            三日月や百八十度秋の空
9/18  センサーバルブ     疲れ果て落ち込み帰る秋深夜
9/19  2勤暮らし
9/20  パイロットフィッシュ  
9/21  みんなのうた
9/22  孫の誕生日       秋あつし孫泣き顔の誕生日
9/23  開演前
9/23  女房に負けた日     秋彼岸どうやら女房に負けている
9/24  ロック・クラシックス    人がみな吾を指さす秋の暮
9/25  中秋の暗い雲      中秋の名月返せ暗い雲                                                                      空一面中秋の雲月はなし
9/26  地球温暖化       稲架(はざ)がけがさびしくなる温暖化
9/27  和製英語
9/27  虎8連敗          なんで今虎八連敗月も出ず
9/28  XP と Vista            パソコンやバージョンアップ秋の空
9/29  ホテル・ルワンダ     長き夜「ホテル・ルワンダ」DVD
9/30  苦渋の9月        いつの日か酒の肴にこの九月
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホテル・ルワンダ

2007年09月29日 | Weblog
夕方、駅前にあるTSUTAYAに女房と行く。
今日は、DVDの貸し出しが半額だという。
それでおれは、女房に「ホテル・ルワンダ」を借りてもらった。
おれは、TSUTAYAの会員ではないので借りられない。

今、観終わった。
つらい映画だが、あかりの見えるものだった。

映画を観ながらビルマのことを想った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

XP と Vista

2007年09月28日 | Weblog

来年6月までXPを販売 マイクロソフトが5カ月延長(共同通信) - goo
ニュース


初夏の頃だったか、
おれは今使っているパソコンがうるさくて
ノートパソコンなら音は静かになるかなと考え、
買おうと思っていくつかの電気店のパソコン売り場を見た。

ほぼこの機種を買おうと決定したときに、息子に電話して訊いた。
すると、
「メーカーとか機種の以前に、ウィンドウズビスタはやめたほうがいい。
 まだ、安定してない。買うならXPにしたほうがいいよ」といった。
現在、パソコンを使って仕事をしている息子のほうが、
おれよりもパソコンにくわしい。
その息子がそういうので、ノートパソコンを買うのはやめた。
店に展示してあるものは、すべてVista搭載のそれだった。

そういえばどこかのサイトで、
「Vista から XPにバージョンアップ」という記事を見た。
その人は、Vista に替えたが、そしたらそれまで使っていた、
周辺機器が使えなくなり、やむなくXP に戻したそうだ。

考えればおれは、XP でなんの不自由もない。
お金に余裕ができたら、XP のノートパソコンが欲しいな。

参考サイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虎8連敗

2007年09月27日 | Weblog
だめだよ~。
これじゃ、おれの気持ちはますます下がる一方だ。
みなさん、疲れているのは分かります。
でも、どこの球団も疲れているよ。
なんとかしてよ、お願い。

連勝のあとには連敗が…、
なんていうおれの予想なんかにつきあわないで欲しかった。
もうおれの心は八方塞がりです。
なんとかクライマックスシリーズには出て欲しい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和製英語

2007年09月27日 | Weblog
実は和製英語だと知らなかった言葉ランキング - goo ランキング

英語に無知な私です。
それにしても、これらの単語がみんな和製英語だなんて…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地球温暖化

2007年09月26日 | Weblog
クローズアップ現代(NHK総合 7時半~)
「地球温暖化 身近に迫る異変」を観た。

今年の8月の異常な暑さは、
チベット高気圧と太平洋高気圧が重なったからだという。
これまでは、チベット高気圧は中国あたりまでしかこなかった。
これからは毎年日本まで来るのではないかといっていた。

ということは、今年の8月の異常な暑さは、
“異常”でなくなるかも知れない。
2、3年もすれば“普通”になるのではないか。

温暖化によって、農産物に異変が起きているらしい。
みかんの産地でいいみかんが育たなくなっているという。
将来を考えて、違う作物を作る試みをしている。

ある東京の米の販売店では、最近北海道から買い付けしている。
北海道の米がうまくなっているからだという。
ということは、現在うまい米がとれているところは、
そのうちそれが生産できなくなるということだ。
今、インディカ米と日本の米をかけあわせて、
おいしい米を作ろうと研究している所があった。

何週間か前、あるラジオ番組で、
農産物の産地が北に移動している、ということを報告していた。
山梨のぶどうより、山形のほうがうまくなり、
山形のさくらんぼが、もっと北の方がいい味を出すようになる。
青森のりんごが北海道で作られるようになり、
そして、新潟は米の名産地ではなくなる、なんて。

しかし、しみじみ思うのですが、
これから固定観念というのはいけませんね。
「うまい米越後魚沼こしひかり」(五七五にしてみました)
なんて思っていると、いつしかうまい米の産地がかわっちゃたりして。
世の中どんどん動いている。
流れについていかないといけないな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋の暗い雲

2007年09月25日 | Weblog
今夜の月はきれいだった。
みごとな中秋の名月です。

また見てこようと思ってベランダに出たら、
厚い雲が空一面に広がっていて見えなくなってしまった。
午後10時ごろまではそれほど雲がなかったのに、
今(11時半)は、まったく見えない。

今日は、足場の会社の給料日だった。
わずかしかないが菓子折を持って取りに行った。
おれが担当していた小物のところには、
何枚ものパレットの上にクランプ、壁つなぎ、ストッパーなどが
散乱していた。
整理する人がいないのでそうなったらしい。

訊くと、先週の金曜日に新しい人が入ったという。
しかし、今日は来ていない。
春に2人入ったがすぐ辞めた。
あの職場で働くのはよほどの覚悟がいると思う。
おれは膝さえ悪くならなかったら、ずうっといるつもりだった。

も一度ベランダに出てみたが、暗い大きな雲しか見えなかった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロック・クラシックス

2007年09月24日 | Weblog
昨夜、落ち込みながら九想話を書いていたとき、
ラジオ深夜便の2時台では〔ロマンチックコンサート〕
「ポピュラー名曲アルバム:ロック・クラシックス」が流れていた。

最初が、「ライク・ア・ローリング・ストーン」(ボブ・ディラン)だった。
これはおれが20代のとき、武道館のライブで聴いた曲だ。
その頃を思い出し、なんか泣きたくなってしまった。
次が、「夢のカリフォルニア」(ママス・アンド・パパス)。
懐かしい。思わずハミングしてしまう。
そして、メロー・イエロー(ドノバン)、
ドノバンはおれ、かなり好きだった。
続いて、
「サウンド・オブ・サイレンス」(サイモン&ガーファンクル)、
「あなただけを」(ジェファーソン・エアプレイン)
「ワイルドで行こう」(ステッペンウルフ)
「スウィート・ホーム・アラバマ」(レナード・スキナード)
「ブラック・マジック・ウーマン」(サンタナ)
「キープ・ミー・ハンギング・オン」(ヴァニラ・ファッジ)

これらの曲は中学から高校生のとき深夜放送でよく聴いていた。
懐かしいが、あの頃に戻りたいとは思わない。
暗い思春期だった。
いや、おれはいつの時代も暗く落ち込んで暮らしていた。
そして、現在も…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女房に負けた日

2007年09月23日 | Weblog
鍜地陽子フラメンコ教室の発表会が、
新宿エル・フラメンコで午後1時に開演した。
おれは店の中央の通路に臨時におかれたイスに坐っていた。
女房から、ステージに向かって正面の席に坐るようにいわれていた。

おれが家を出たのが11時だった。
11時半にはエル・フラメンコに着きたいと考えていたが、
なんだかんだで遅くなってしまった。
12時10分に着き、並んでいる客の列の最後は4階だった。
エル・フラメンコは6階にある。
ヤバイ、これじゃいい席はとれないなとあきらめていたが、
なんとか正面には坐れた。
しかし、前にテーブルはない。
ビール頼んだが、小瓶とグラスは手に持っているほかなかった。
ほんのり酔ったときにステージは始まった。

カンテ(歌)は女性と男性が2人、ギターは1人(先生のご主人)、
パカッション(カホーン)1人がステージに入る。
(カンテの横に1人女性がいた)
おれは、カホーンを注目して見ていた。
いつかはおれもフラメンコでカホーンを叩いてみたい。
できることならギターで女房の伴奏をしたいと考えている。

プログラムの2番目の「ファンダンゴス」に女房は登場。
3人で踊った。女房がフラメンコ衣装を着て輝いていた。
髪の毛は今朝、義母の団地のともだちが家に着て結わいてくれた。
おれは、そんな女房を観ていて目頭が熱くなった。

これまでのいろんな女房との暮らしを思った。
息子たちを育てるためにともに苦労をしてきた。
今年はじめ、作業所を辞めたときのこと、
膝を傷めて足場の会社を退社することになったこと、
昨夜、仕事から帰って、今の仕事が続けられないと話したこと、
ああ…、おれはどうしょうもない宿六だ。
人生の敗北者だ。

踊る彼女を観ていて涙がにじんできた。
そのうちあふれ出てきた。
ハンカチで拭かないと前が見えなくなった。

次はプログラムの6番目に踊った。
「ガロティン」
女房は自信たっぷりに踊っていた。
9月はじめ、膝を仕事で傷めたのに治ってよかった。
写真を撮りたかったが、撮影禁止なのでできなかった。
おれは、やっぱり涙なくして観ていられなかった。

休憩時間、おれは息子を探したが見つけられなかった。
女房の会社の同僚、フラメンコ仲間と会う。
席に戻り、またビールを注文する。
後半では女房は踊らなかった。

「ブレリアス」のとき、カンテの横に坐っていた女性が立って踊り始めた。
それまで手拍子やハレオをかけていた人だ。
うまい、と思った。
最後に、鍜地陽子が「アレグリアス」をソロで踊った。
それで分かったのだが、さっき、うまいと思った女性が先生だった。
さすがだ、これなら観ていていいなと思った。

女房がフラメンコを初めてどのぐらいたつのだろう。
10年以上は過ぎているはずだ。
今日の彼女の踊りを観てうまくなったものだな、と思った。
亭主のおれがいうのもおかしいが、ほんとによかった。
これまでは足の動きなどにとらわれていたと思う。
今日は、手の動きがよかった。
フラメンコらしいあでやかさがあった。

発表会が終わって店の外の通路で女房に会う。
彼女の荷物を持って帰るのがおれの本日の重要な役目だ。
そのとき、「Uに会ったよ。彼女はいい感じのコだったよ」という。
「おれは会ってないよ。探したんだけどな」
なんでUはおれを探してくれなかったのかな。
それともおれを避けたのか?
ちょっと不満だった。
帰り、紀伊国屋書店に寄った。
久しぶりだが、今の心境では本を見る気もない。
新宿をぶらぶらしたかったが、女房の重い荷物を持っていてはかったるい。
そのままおとなしく電車に乗った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開演前

2007年09月23日 | Weblog

エル・フラメンコに来ている。
女房の発表会です。
12時過ぎに来たが、すごい人が並んでいた。
1時開演だ。
職場は男ばかりだが、ここは女ばかり、
へんな気持ちです。
ほんとのところ、こんな場所に来てる心境ではないのです。
さあ、開演です。
女房のフラメンコの成長を確認しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加