九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



9月も終わる

2006年09月30日 | Weblog
9月も終わり、明日からは10月です。
今年もあと3ヶ月しかない。
わけもなくあせります。

今月、孫娘が誕生した。
私の人生で記念に残る月となった。

新しい車が来た。
快適な乗り心地です。

10月、気持ちを入れ替えて必死に生きなければ…。

--------------------------------------------------------------------

9/1  まさか       秋の雨まさかという坂転げ落ち
9/2  秋ですね      目が覚めて生き方正す秋の朝
9/3  高価な買い物    
9/4  ザ・ハリケーン   放屁虫(ヘッピリムシ)わが人生を泣き嗤い             
9/5  陶芸教室反省会   焼き物の出来を語りて秋の暮
9/6  まんざらでもない  わがままに土をひねってそぞろ寒
9/7  親王誕生
9/8  祝就職!!     秋晴や祝就職と一人酒
9/9  吉村昭の死     井の頭ヒグラシ鳴いて風が吹く                                                  生きてても死んでみたって秋の空
9/10 起立性調節障害   バカ息子信じるしかない竹の春
9/11 電子メール雑感   流星やアホなメールを捨てる日々
9/12 九想窯のウェブサイト
9/13 サンマが小さく
9/14 電動ロクロ     土こねる廻るロクロは秋心
9/15 さよならロゴ
9/16 新しい“友人”   爽やかに新しき友風を切る
      巾着田       巾着田曼珠沙華の花まだまばら
9/17 ささやかな希望   男なら希望捨てずに秋の虎
9/18 としよりの日    この秋をいくつ数えて歳をとる
9/19 50代の生き方   生きてやるとしがいもなく藪からし
9/20 疲れてます
9/21 静岡割り      
9/23 孫誕生
9/23 娘からの試練    
9/24 水琴
9/25 恋人いるのは?    たった今星生まれたぞ天の川
9/26 青い三角定規
      いけすの中の魚    秋天へ虎舞い上がる甲子園
9/27 嫁の退院
9/28 営業という仕事    秋闇の向こうに見える吾が未来
9/29 阪神9連勝      死んでいる自分ぶら下げ曼珠沙華
9/30 9月も終わる     何もせず九月見送るふがいなさ

              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神9連勝

2006年09月29日 | Weblog
今夜の阪神中日戦は、今年のセ・リーグにとって重要なゲームだった。
今日負けたら阪神の優勝はありえない。
阪神が勝ったので、優勝の可能性はまだ残っている。
しかし、まだまだ中日のほうが優勢だ。

今シーズン最後の3連戦を阪神が3連勝しても
中日のほうが有利らしい。
でも、阪神はがんばる。
一戦一戦、きちんと戦うのだ。

復帰した今岡の走者一掃の二塁打がよかった。
下柳、矢野、今岡のヒーローインタビューが楽しかった。
JFK、ちょっと久保田にハラハラしたがよくやった。
藤川が投げると安心していられる。

明日、明後日はデーゲームなので仕事のある私は観られない。
つまんないな。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

営業という仕事

2006年09月28日 | Weblog
送迎を終えて家に帰ると、食卓の上に封書があった。
先日車を買ったディーラーからのものだった。
なんだろう?と思って封を切ると、「新担当の挨拶状」が入っていた。

  いつもお世話になっております、
  この度は大変ご迷惑おかけしました。

なにがこの度は、だ。なにも迷惑なんて受けてない。
おそらくそれはこれからだろう。
あの人はもう辞めてしまったのか。
7月に私の担当になったらしい。
車を買って1ヶ月だ。
もうあのディーラーで私の担当になったのは、10年間で5人目だ。
みな退職してしまった。

車を買ったときの担当者がいないというのは寂しい。
私を相手する新担当者だって、力が入らないだろう。
新車を買ったばかりの客はあと何年かは換え買えない。
私は10年は今の車に乗るつもりだ。

あの青年は感じよかった。
だから、いつか近いうちに辞めてしまうだろうな、と思った。
真面目過ぎた。
若い(27歳)ということもあるのだろうが人当たりが堅かった。
私と女房は、息子から営業されているようで、
ぜひとも彼から車を買ってやろうという気になった。

私は車ではないが、営業という仕事をしたことがある。
結婚した年で27歳だった。
そのことは九想話「営業マンだった私(1~4)」に書いた。
今、読んでみた。
自分が書いたのに“ほろ”としてしまった。

車を買って1週間ほどして、
前の車の運転席の前の棚に(「の」が続くとATOK に怒られるんだよな)
サングラスを忘れてしまったことを思い出した。
そのことを彼にメールした。

  お世話になってます。ホンダカーズ新所沢店の**です。
  お乗り頂いていたロゴは現在オークション会場に行ってるそうです。
  今現在当社の中古車部で確認している最中ですが、
  最悪回収出来ないかもしれないとの事です。
  また詳細わかり次第ご連絡いたします。
  失礼いたします。

これでサングラスは絶望的だな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いけすの中の魚

2006年09月26日 | Weblog
26日、阪神が広島に3-2で勝った。
これで29日から甲子園でやる中日との3連戦が楽しみになった。

よく「首の皮一枚残った」とかいうが、私はこれはおかしいと思う。
皮が一枚残っても、首を切られていては死んでしまう。
今夜、ネットであるブログ(浅岡真一 独断流 nikkansports.com )
を読んでいい表現を知った。

「いけすの中の魚」
一応は捕獲されたけれど、まだ料理としてお客さんに出されていない。
生きているということです。
日刊スポーツ評論家の木戸克彦氏(前阪神2軍監督)の言葉らしい。
「寿司屋、料理店ではあり得ないことですが
『いけすの中の阪神』は再び、海へ放流されることが、あり得るのです。」
という文章でそのコラムはしめくくられていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青い三角定規

2006年09月26日 | Weblog
「青い三角定規」元メンバー、飛び降り自殺か 埼玉
(2006年 9月26日 (火) 23:46)
という記事がasahi.comにあった。

埼玉県入間市豊岡1丁目のマンションから飛び降りたらしいが、
おそらくそこは所沢の私の家から車で30分はかからない場所だ。

  狭山署の調べで、男性は「太陽がくれた季節」をヒットさせた
  フォークグループ「青い三角定規」の元メンバーで、
  同市東町5丁目、無職高田真理さん(59)とわかった。

高田真理という名前から、ボーカルの女性かと思ったが、
ネットのウィキペディアで調べたら、
高田は男で、一旦は歌手として活動後、
芸能界引退、居酒屋を経営していたようです。

「太陽がくれた季節」は私が20歳のときにヒットした曲です。
いずみたくのメロディがよかった。
東京駒込での暗い生活をしていた私にとって眩しい歌だった。

自殺した高田真理はその頃、華やかな暮らしをしていたんだろうな。
今月の11日午後にバイクの酒酔い運転で交通事故を起こしていた。
「青い三角定規」が33年ぶりに、本格的に活動再開の計画があったが、
この事故で消滅してしまったという。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

恋人いるのは?

2006年09月25日 | Weblog
9月23日の朝日新聞に、
「未婚、恋人いるのは?」という記事があった。

  「彼氏」いる未婚女性は3割、
  「彼女」のいる未婚男性は4分の1。

国立社会保障・人口問題研究所というところが調べた。
18~34歳について集計、分析したと書いてあった。

私が結婚するまで女性とつきあっていたという時間は少なかった。
ちょこちょこと恋人らしき人はいたこともあったが、
たいがい短い期間で失恋して、
ほとんど交際している女性などいない時期が長かった。

  「いずれは結婚したい」と考えている人は
  男性の87.0%、女性の90.0%だった。

私もその頃、そう思っていた。
しかし、なかなかそういう機会に恵まれなかった。
私が結婚し、子どもが生まれ、ましてや孫までが授かるなんて、
宇宙に地球が出来たような奇跡だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘からの試練

2006年09月23日 | Weblog
今日の午前中は、昨日飲んで二日酔いのため寝ていた。
午後1時頃、女房が仕事から帰ってきた。
それでも私は寝ていた。
3時前、息子から女房のケータイにメールが入った。
今日の4時までなら孫と面会できるという。
もちろん行くことにした。
面会出来るのは祖父母だけというので、
お義母さんには遠慮してもらった。

しかし、ここで判断のミスがあった。
車で出かけてしまったのだ。
電車で行くつもりだったが、
ナビもあるし車で行こうということになった。
電車で行けば30分ほどで行ける病院なのに。

土曜日の東京の練馬近辺は混んでいた。
結局、女房は今夜バイトがあるため途中で車を降り家に戻った。
私一人病院を目指した。

しかし、ナビがへんだった(私がおかしいのか)。
私はこっちの道に行けばJ病院に行くと思うのだが、
ナビは違う方向を指示する。
私がナビを無視して行くと、病院に着いた。
その頃ナビは、「目的地近辺に着きました」なんていいやがる。
「おれのおかげだろ、お前は間違っていたんだ」
といいたかった。

病室に行くと、ベットで寝ている嫁の横で、
息子はポータブルのゲーム機で遊んでいた。
「遅かったね。エレベーター前のあそこで待っていて」
私は、嫁に挨拶もそこそこに待合室に行った。

5時になり息子が来た。
2人で小児科に行った。
孫は生まれるとき羊水を飲み過ぎたとかで、
小児科に入院ということになっていた。
それを昨日聞いたときは心配だった。

病室の前でビニールのエプロンをして、
手を石けんで洗って病室に入った。
孫は保育器の中でうつぶせに寝ていた。
小さかった。
左の腕と足に点滴のチューブが刺さっていた。
看護婦さんに「顔をこっちに向けてもらえますか」
と息子がお願いした。
看護婦さんが手を入れるところを開け、
孫をうわむきにしてくれた。
しわくちゃだったが、可愛いかった。
あくびなんかしている。
ああ…、これがおれの孫なんだ、と思った。

36時間の難産だったと息子が説明してくれた。
その間、嫁も息子も一睡もしてなかった。
それを聞いて、私は涙が出た。
ベットの上で闘っていた嫁も大変だったろう。
それを病室の前で待っていた息子も…。
息子夫婦の娘は、息子たちが親になるために試練をあたえた。

私は息子たちが生まれるとき、家で寝ていた。
なんの苦労もしていない。
明け方、病院からの電話で誕生を知った。
なので、親としての自覚が少ない。
その点、息子夫婦は娘にきたえられた。
頼りなさそうな息子は、しっかり父親になっていた。

まだ、感染症の心配があるのでしばらく小児科に入院しているらしい。
早く元気に退院して欲しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫誕生

2006年09月23日 | Weblog
昨日、息子の嫁が出産した。
難産だったようだ。
今、会ってきた。
涙が出てしまった。
くわしくは帰ってから書きます。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

静岡割り

2006年09月21日 | Weblog
義母(はは)がわが家で暮らすようになって、
いくつか変わったことがある。
これまでうちのお茶はウーロン茶だった。
一年中、冷蔵庫にありました。
息子たちは小学生の頃からそれを飲んできた。
それが、緑茶になった。

これまで私は晩酌のとき、(第3の)ビールを1缶飲んだ後、
焼酎をウーロン茶で割って飲んでいた。
なんてことはない、ウーロン茶があったからだ。
それが今は緑茶になっている。

最近ラジオで聴いた。
焼酎を緑茶で割ったものを“静岡割り”と呼ぶ、と。
静岡県で焼酎の緑茶割りを広めようと、
「静岡割り」普及推進委員会なる団体を作ったらしい。
狭山茶の近くに住む私としては、“狭山割り”としたいところだが、
狭山茶の生産地では、そんな活動はしていないようだ。

そんなことは私としてはどうでもいいが、
緑茶割りはおいしい。
自分で焼いたいびつなビアジョッキで飲むのがいい。

ところで9月21日は、息子の嫁の出産予定日だ。
2週間ほど前息子に「順調か?」などとメールを送ったが、
ずーっと“音信不通”だ。
私としては、“静岡割り”を飲みながら、吉報を待つしかない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疲れています

2006年09月20日 | Weblog
一日中、立ちっぱなしで働いていた。
毎日のことですが今日は疲れた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加