森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

2017年の11月よ、さようなら。

2017-12-01 02:46:09 | 梢は歌う(日記)

画像は、「おおたかの森」と言う駅周辺の秋模様です。 

昨日まで、今日まで、そして明日は」 と言う記事の中に

『今週と来週、あえて言えば11月も乗り越える・乗り切るという気持ちが少々。

と言っても、別に誰かにやらされているわけでもなくて、ゼイゼイ言っているけれど好きな仕事、フゥフゥ言っているけれど自分で望んだボランティア、ブーブーと言っているけれど意外と達成感がある自治会の仕事、そして後はワーイワーイと楽しみにしている遊びです。(その隙間に家事(^_^;))』

と、書きました。

まさに、それでも「ああ、終わったなあ11月。」

そんな気持ちがするのですよね。

 

今月は自治会の私の仕事が議事録作成も含めて、イベントなどが月の半ばで終わってくれて助かりました。

なんたって11月は中学生は期末テストがあるものですから、仕事もピークで、実家に行っても、その翌日帰って来てから3時間の時間を組んだり、その翌日には自分の家で仕事して、そしてバイトにも出かけていくと言う私的には掛け持ちハードさ。さすがに歯医者はキャンセルして日にちを変えてもらいました。1日家を空けると、その分家事が溜まっているからです。家事は侮れない時間のかかる仕事です。

そしてその翌日に旅行に行ったのですよ、私。でもなんたって遊びのモノだから、誰も私が頑張ったからって「好きにすれば」って思うんじゃないかと思うのです。

それでも「私、頑張ったのよ。」って誰かに言いたくなるってもんでしょう。だけどやっぱり誰にも分かってもらえそうもありません。それゆえにブログと言うのは、そう言う時の自己消化の場所として助かるのかも知れませんね。

 

先月の終わりに、夫殿が

「いつ3日居ないんだっけ。」と聞いてきました。

「3日じゃなくて、3回居ないって言ったのよ。」と私。

それは

1回は横浜に行った時。

2回目は房総に行った時。

そして3回目は大腸ポリープ切除の為に1泊入院した時だったのでした。

たった1泊でも、感じたことはたくさんありました。

でもそれは今は胸の内にと言う所でしょうか。

入院中は、本を1冊読み終わり、そしてひたすらグーグー寝ていました。

さながら11月の疲れを一気に取り戻そうとしたかのようでした。

 

そう、私、『』に書いたこと以外でも病院通いと言う項目が加えられているので、それもちょっとだけ大変なのですよね。(歯医者も)

だけど大変と言いながら、病院に行く途中の秋の風景をちゃんと楽しむぐらいの余裕はあるのです。

皮膚科に行く途中で。

 

 

 

ここまでは11月7日に撮ったものです。

以下は11月28日、ポリープ切除の為に病院に向かう途中です。

 

ここのカカシ、前はお婆さんもいたけれどいつの間にか一人になってしまいました。

しかもおじいさんのカカシかと思っていたのに、意外や若いカカシだったのでした。

 

だから何だと言われても、なんだの部分がない独り言です。

おまけ。

前に言っていた百均で買った赤い帽子。

なんだか目立っていたのか、合同防災訓練の時、消防士さんに

「今日は大活躍ですね。」と言われました。

そんな風に、ちょっとだけ褒めてもらえると言うのが

人には大切な事で頑張れる活力なのかも知れません。

 

お日様が昇ったら、12月の毎日が始まりますね。

11月を引きずって、房総の記事だけ少々書く予定です。

後はお掃除ブログになる予定・・・・

ってなわけはないか、やっぱし。

 

でもブログはどうか知らないけれど、リアルに頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月のランチ日記

2017-11-30 23:57:03 | 梢は歌う(日記)

11月中に出来るだけ11月の出来事をブログに書きたかったけれど、それはやっぱり無謀だったかな。

 

※         ※       ※

11月のランチ記録。(この記事も長いです。)

友達は何処で何を食べたのかをよく覚えている。私はそれはすぐに忘れてしまう。だから記録の画像を残すのかも。だけどそこでの話はよく覚えていたりもするんだよ。

トップ画像のパスタは、本当は10月の一枚。地域のシニアイベントの買い出しのお手伝いに行ったら、ランチをご馳走してくれたんだ。ららぽーとのフードコートで。ちょっと心の奥底で「ああ、フードコートでなんだ。」って思っちゃった。でも、いやいやここのフードコートは侮れないないんだって思い知らされたわ。

そう言えば、ルート君もここのパスタはお気に入りって言ってたな。今度また一人でも来ようっと。

だけどこの時、ご一緒した人たちに、ついつい身内の愚痴を言ってしまったの。本当は、最近の私、ちょっと心の奥底に沈殿しているものがあるんだ。それにこの人たちがそのマイ身内を知ってるって言うものだから、ついつい言っちゃった。だけど、それを聞いてくれた人たちの反応が・・・・。

「そうね。そう言う所がありそうな人よね。」と言う共鳴してくれた人。

またいきなりフレンドリーになってくれた人。

思いがけない楽しい時間になってしまったわけだけれど、ポケットの裏を見せると言うのは垣根を取っ払う鍵なのかも知れないなんて、ちょっと思ってしまったの。

だけど・・・

ああ、ちょっと後ろめたい。それに共鳴してくれた人のその後に付け加えられた一言も胸を貫く。あの人、こんな風によその人には思われているんだ・・・・。
心がざわめいた。だって、姑、私の身内なのよ。

つまり人間って面倒くさい生き物なのよね。

 

上の画像はランチではないのだけれど、2日のピアノのお稽古のお茶の時間のもの。

カップが可愛くて、思わずパチリ。ピアノのお稽古に行ってるのか楽しいお茶の時間に行っているのか分からないってところが問題なのだけれど、クモの糸のように細く続いている私の大事な時間なの。

そして最近はこのお稽古の後に、姑の家に行くのを習慣にしているんだ。

前の月はふらりと行ったらいなかったので、今回は前日に電話して行ったの。

2,3時間、簡単なランチを一緒に食べたり(姑が用意してくれるの。私は座って待っている。)おやつを食べたり、珈琲を入れてもらったりして、長々とお喋りをしてくるわけ。

それは楽しい時間で、私たちって意外と仲良しな嫁と姑だと思うの。

それでもね、いろいろあるものなのよ。いろいろ。兄弟やらその嫁やらとかが絡むとね。そして今がどんなに良くても、過去は修正されないってものもあるじゃない。

ああ、そうだ。今月はこの2日にしか彼女に会ってないや。

イケないな、それじゃ。

 

 

11月7日。ときどき私のバイトの雇い主様が、私にこのようにご馳走をしてくれるんです。

この日はなんだか不思議な事が起きる1日でした。

この時、転んだことが引き金になって、いろいろと大変な状況になってしまった友人の事を話していたんです。電話も通じないけれど、病院にリハビリに行ってる時間ばかりにかけてしまうのかとか、今はどうしているのだろうかとか。そしたらいきなり電話が鳴って、相手を確認したら、なんとずっと連絡が取れてなかった彼女からだったのです。

家に帰ってから、また電話をかけなおしゆっくり近況を聞くことが出来たのです。

 

これは地域の防災訓練の時に、どこかの自治会の婦人会が作ってくれたもの。

コクがあって具も多く美味しかったです。

だけどゴボウ農家さんがいらっしゃるのかと思うほど、ゴボウがたくさん入ってました。しかも皮をむいていない。こう言う所で「田舎風」か否かに分かれるんだなあと思いました。

9日の日に旅のお仲間、星子さんと愛子さんと以前お茶だけで立ち寄った喫茶店でランチをしました。

オムライスもパスタも懐かしい喫茶店の味がしました。美味しいんですよね。喫茶店のナポリタンって。

この時21日、22日の房総に行く計画を大まかに立てました。房総旅行記は12月に入ってからゆっくり書きます。(って、12月まであと数分だけれど)

 

このランチの後、私はあまり時間を空けずにお仕事。その仕事の帰りにスーパーでばったり友達に会い・・・・

13日にランチ。このお友達、娘が三人いて、うちのルート君と同級生だった子が、12月に待望の出産で今年最後のランチになりました。アッチの娘、こっちの娘と孫を連れて帰ってきたり、子守に駆り出されたりして忙しそうです。

ふっ。

ないものねだりですが、少々羨ましいです^^

 

ええと、これはなんだっけ ?

ああ、そうそう。旦那と行った「くら寿司」の新作メニューでした。

これだと軍艦より食べやすくて良いなと思いました。

 

13日のランチにお誘いしたけれど、来ることが出来なかった別のお友達が美味しい卵を届けてくれました。12月に会おうねと言いながら長々と立ち話。これは会った事にはならないのかって考えて見たりもするけれど、やっぱりゆっくり会いたいものだと考えてしまうのね。

これを読んで「いい気なものだ。」と思う男性陣もいるかしら。

まさかいないと思うけれど、普段の私たちの集会なんかサイゼの500円プラスドリンクバーランチがほとんどで可愛いもんですよ。

だけどそこで得る事、消せることは意外と多い大事な時間だと思います。

 

そう言えば昨日、久しぶりの友人から電話があって・・・・ってもう、長くなるから終わりです。

 

2017年の11月もあと5分で終わり。

でも見えない日付変更線を超えて、あとワン記事11月の日記を書かさせてくださいね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

西船橋の猫たち

2017-11-30 13:49:46 | 梢は歌う(日記)

11月25日、今年から活動を復活したボランティア主催の講演会に、南流山から乗り換えて西船橋まで行ってきました。

南流山駅には、時々このような貨物が止まっているのです。

最近の私は、(前々から、その要素はあったかもしれませんが)、ライトな鉄ちゃんになっているような気がします。知識もないのに少々トキメクと言うか。

 

動き出す音も良い音でたまりませんでした。

講演会の内容はなかなかなものでしたが、音声が悪くて聞き取り辛かったのが残念なところ。

でもこう言う講演会は、1000文あったら、その中の10拾えたらいいのではと思います。

本当は違うとは思いますが、今の私のレベルではそんなものかも知れません。

何気にその感想は「ブレードランナー2049」の感想の中に、ちょっとねじ込んで書いてしまいました(笑)

その講演を聞いていたから、ちょっと昨日の「相棒」にも思う事があったかもしれません。

 

西船橋はめったに来る場所ではありません。

そうだ、あの場所に行ってみようと、かつて行った事があった西船4丁目緑地を訪れてみました。

その時の記事は→「西船4丁目緑地&春日神社、そして猫」

新しい小さな公園ですが、それはそれでいい感じの空間ではありました。

 

 

この花は何だろうか・・・?

 この花も可愛い。

でも一番のお目当ては・・・・。

いたいた、君たち。

あっ、ちょっと待って。

待てったら。

なんなの。

まったくもう。

こんなの、ないよ~。

徹底的にって感じ(ノД`)・゜・。

えーん (/_;)

はぁ~。

君たち、前来た時と、まったく違う態度じゃないのよ~。

まあ、違う猫みたいだけれど。

諦めの秋、

また春になったら来るね。

 

秋と猫

猫さんたち、今ちょっと辛いのかな~。

ツレナイ態度だったけれど、今ある命は大事にしないといけないと思うのよね。

今度はポケットに何かを忍ばせて来ようって、本当に思いました。

 

帰り際、1匹の猫が着いてきました。

ツレナイ態度は寂しいけれど、着いてこられたらもっと困ります。

ここは緑地でも、ちょっと出たら大きな道路で危ないのですから。

でも猫さんは、ちゃんと分かっているのです。

 ピタッと、その階段で止まってお見送りをしてくれたのでした。

 

西船橋駅前のツリーです。

今年最後の月がやって来ますね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

11月15日図書館にて

2017-11-29 23:51:33 | 梢は歌う(日記)

更新が多くてすみません・・・・という気持ちになってきました。

でも私、アナログ日記だと60日ぐらい遡りながらまとめてつけたりする人なんです。毎日いろいろとせわしなくて11月が終わっていく今日明日、書きたかったことを終わらせて師走を迎えたいなと思っているんですが、間に合うかなあ~。

 

日付的には、前の記事からさかのぼっての15日の出来事です。

午前中は地域主催の「健康チェックデー」に参加して、その足で野田市の図書館に本を返しに行きました。「健康チェックデー」ではそのままインフルエンザの予防接種も受けられるのですが、65歳未満は4000円ぐらいと、なんだか割高に感じて申し込みしませんでした。でも今年はワクチンが足らないそうなので、それは正解だったか分かりません。

夫は3500円で近くの医院で受けたので、私も出来ればそこで受けたいと思っていたのですが、今からでも間に合うか分かりません。

 

トップ画像は図書館のある駅前の街路樹です。

やはり赤い実の画像からです。

この駅に降りるたびに野の花マニアの草花の写真を撮ったりして、楽しみながら歩いていました。

だけれどその空き地は、早くも冬枯れの様相になっていました。

野の花には出会えませんでしたが、ここに来るたびに気になっていたお店に昼食のために入ってみました。いつも大きな「うなぎ」と言う文字が気になっているお店なんです。でもおひとり様ランチに2500円のウナギは贅沢すぎるので頼まず、800円のカツ丼にしました。

 

このお店、入ったところにテーブル席がひとつで、そこでお店の人らしき人が大きな声で近所の人と世間話をしているところでした・・・・と、私には見えたのです。

思わず、座敷席を指さして

「こちらで良いですか。」ってその人に声をかけちゃったじゃないのよう・・・。

そしてその人も頷くものだから、やっぱりそうなのかって思っちゃったじゃないのよう・・・・。(^_^;)

えー、お昼時なのにお客は私一人かって思っていたら、その人たちの所にカツ丼が運ばれてきたってわけよ~。お客じゃん、もう !!

あのね、おひとり様って寂しくてつまらないものだと思っているあなた。

いやね、面白い人は何処に言っても面白い事が付きまとうものなのよ。

 

カツ丼は、お肉が柔らかで美味しかったです。

そして接客してくれた年配の夫婦が感じよくて、次回は親子どんぶりを頼みたいなと早くも予定しています。

 

 

 

そして図書館では。

下の袋は雑に写したのでゴミ袋にも見えちゃうかもしれませんが、この上に「成人向き」と書かれた紙が貼ってあったのです。良からぬことを考えてはいけません。「成人向き。舞台になった事がある作品」とあったのです。そうです。この袋は本の福袋だったのです。

 

いろいろな事が紙には書かれていたのです。「女性向」とか「お料理に興味がある人」とか。面白そうなので、私は上のモノをチョイスして借りてきました。

家に帰るまで楽しみにしたいので後ろを向いていますからと私が言うと、司書さんは微笑みながらササッと手続きをして袋に入れなおして渡してくれたのです。

 

入っていたのは、下の三冊。

全部は読み切れないと思いますが、出来る限り頑張りたいなと思います。

 

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)
石田 衣良
文藝春秋

・・・・・

剣豪将軍義輝(上) 鳳雛ノ太刀 (徳間文庫)
宮本昌孝
徳間書店

 

推理小説 (河出文庫)
秦 建日子
河出書房新社

やっぱり図書館は楽しいところだと思います。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋薔薇&バラバラとお喋り

2017-11-14 01:56:17 | 梢は歌う(日記)

 

秋散歩の記事の続き。

(画像はちょっとイマイチ)

 

十月桜を見に行くときは、何時も秋薔薇はまだ咲いているかなと薔薇園ものぞいてくることが常です。

かなり寂しげではありましたが、ちゃんと綺麗に咲いてくれていました。

香りも良くて、本当に薔薇の香りは幸せな気持ちになれますよね。

 

薔薇のお話は、これで他に語ることもないので、ついでながら日記などを・・・・。

 

ひとつはね

「百均ばんざい」と言うお話。

 

先日、この今アップしているお散歩の翌日に腰痛になってしまいました。

湿布とか貼ってみたけれど、やっぱり腰痛ベルトをした方が良いなと思って、数年ぶりに箪笥の奥から出してきました。

ところがこの数年ぶりと言うのがアウトで、その数年で風船のように膨らんでしまった私にはかなりギリギリな感じです。

かがんだはずみでマジックテープが外れでもしたら大変です。

仕方がないのでワンサイズ上のやつを買おうかなと思いました。

腰痛ベルトは普通レベルのもので4000円ぐらいするのではないかと思います。

痛い出費です。

でもこの文の最初にオチが分かるタイトルを付けてしまいましたね。

 

そうなんです。

ふと気まぐれに入った百均で

あるかしら。

まさかね。

あらっ、

あった~ !

となったわけなんです。

 

それから私、

そこで帽子も買ってしまいました。

帽子なんてものもあるのねなどと思いながら、見てみると

私好みのやつがあったものですから。

 

昨日今日と、その帽子を被ってお出掛けしています。

黙っていれば良いものを、

「これ百均で買ったんだ。」と

なんでか自慢しちゃいます。

 

これは女性のサガみたいなものですよね。

安くて良いなと思える買い物をすると自慢したくなってしまうって。

 

だけど100円の帽子が似合っているんだ、と言ってるようなものでして

少々アホかとも思ってます^^;

 

 

薔薇と言えば、「与野本町」の駅前の薔薇も秋薔薇は咲いているのでしょうか。

 

埼芸の「ムサシ」チケット、苦戦中でいまだゲットならずです。

申し込める日にちが一日限定なので厳しいのかも知れません。

しかもこのチケットは友人に頼んであるので、きっと今頃はやきもきとしているかなと思うと、

申し訳ない気持ちになります。

 

 

だけどとりあえずは18日0時からの

「7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート【ドバイ・藤原竜也】」

を楽しみにしたいと思います。



ちょっと不思議だなと思った。

 

今日、自治会のある書類を作成したので、それを会長の家の集合ポストに入れようと、エレベーターで下に降りて行きました。

そこでばったりと、犬の散歩に行く途中の自治会役員メンバーに会いました。

そしてポストにインしようとしていた所に、

また別のメンバーが習い事から帰って来た所と遭遇。

短い楽しいおしゃべりをしながら、帰りのエレベーターをご一緒しました。

これでもう一人と会ったら、凄いなと思っていたら、その人がまさに階段を下りてくるところだったのです。

お仕事がお休みだったから、これからお風呂に行くのだと出かけていくところでした。

会長には会っていなくても、そこに用があって出向いたら、役員メンバーと全員に会ったのですよ。

 

他の人には誰にも会わずに、この人たちとだけ会ったのです。

これに意味があるのかない事なのかは分かりません。

だけどそこに意味を考えるか否かは、その人の習性のようなものですよね。

私は考える方の人です。

 

今日は私も、友人とランチで楽しい時間を共有したのでした。

昨日は共に一つの事に向けて

力を合わせた人たちが、今日は別々の時間を楽しんでいるー。

客観的に突き放して見てみると、

なんだかドラマの一部のような気がします。

 

そしてまた、そこには縁と言うものが確かに存在しているのでしょうか。

 

 

今日、嫌な事が二つありました。

 

だけどとんがっても仕方がないし、落ち込んでも仕方がない。

「リセットする。」

使い方によっては良い言葉にだってなりますよね。

深く反省もしないし何も学ばないようにしようってのも、時には大事だと自分に言い聞かせ、

そして単純にそれを切り捨てよう。

 

ぱちっ。

終了~。

 

 

今日と言うのは13日。

昨日と言うのは12日。

日付が変わってしまっていて、ややこしい^^

 

と言うわけで、明日も良い日でありますように。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1000日。

2017-10-29 02:59:14 | 梢は歌う(日記)

2020年の東京オリンピックまで10月28日で1000日になりました。

オリンピック開催に関しては、いろいろと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、多くの外国からのお客様を迎えるビッグイベントでもあり、かつての元気だった頃の日本の幻影を追い求めるわけではありませんが(少々、ありかも)、やっぱり成功して欲しいです。

このオリンピック開催が決定した時に、ちょっとある年代以上の人は思ったのではないでしょうか。

「生きていたいな。」と。

 

若い君らには分かるまいー。 ^^

 

だけど命ばかりは、その有る無しはみな平等に明日の事は分からない事なのですが、若い年代の人には同じようには思ってもらいたくはないです。やはり縁起が悪いような気がしてしまうと言うか、生きる力のみを信じて生きて欲しいと思うのです。

 

ただ、中年しかもそれの後半(見栄を張って後半の入り口)に居て、加えて病気持ちにもなってくると、そうとばかりは言えないのですよね。

あえて使わせていただきますが「ご老人」と同じような気持ちになってくるのです。

だけど「生きていたい。」と言うのが目標とは、マックス高い目標でもありながら、少々微妙なような気もしないでもありません。

 

1000日とは、なんとカウントしやすい目標を立てやすい数字ではありませんか。

例えば英語のセンテンスを、毎日2個ずつ暗記するでも2000センテンスを覚える事が出来るわけですし(人間は忘却する生き物であると言う事は、この際忘却の彼方に押しやることにする)、毎日1首、歌を詠めば、それこそ1000首になるのです。

そんなに大きなチャレンジをしなくても、今毎日やってることを継続させても良いですよね。

毎日撮った一番好きな写真をブログにアップし続けるとか。

一日6000歩の計算で1000日なら、600万歩歩いたことになるし、いろいろと楽しい計画も立てられそうな気がします。

一日過ぎてしまいましたが、それはどこかで補完して、この1000日を自分なりに楽しむと言うのはどうでしょうか。

自分自身の、裏オリンピックみたいなものですね。

 

※       ※         ※

 

今週もいろいろと頑張りました。

フゥフゥと言いつつバタバタしてるまに10月も終わりに近づいてきました。

ちょっと気持ちが焦りだしました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと早めのハロウィーン♪

2017-10-23 01:18:03 | 梢は歌う(日記)

自宅での仕事を「>」のように自然消滅するまでと縮小させてきました。

それで10数年続けてきた自宅でのハロウィーンイベントも無くなって、とうとう昨年は飾付すらしませんでした。

その記事は→「ハロウィンナッシング

でも今年は子供会の子供たちが回ってくると言うので、

玄関に飾付をしました。

 

 

だけど外に飾ったのは、当日の朝。やはりその前から外にアピールするのは、ちょっと躊躇いがあるものです。

最初は、外のリース以外は家の玄関の中にだけ飾っていました。

影で不気味になっています。↓

なんだかんだと言って、上のマットは今年買ったのですよね。

このどうでも良いように飾ってある花の飾りは、子供たちが見る事はないのですが、

やっぱり季節を楽しむ余裕を持ちたいと言うのは、今年の私のささやかな決意でもあったので、ちょっと玄関の模様替えとして買ったのでした。

その前はこれ↓

「ザ・夏」と言う感じでしょう。好きだったけれど仕舞いました。

この時、模様替えをしていると必ずやってくるあんずさんです。

 

このオレンジのタペストリーはインパクトが強いので、玄関になんか飾ったら夫とかに嫌がられるかと思ったけれど、

何も言われなかったのでそのまま飾っておきました。

 

そして当日の朝、外に出したのです。

 

子供たちがやって来て玄関が開いたら、魔女の帽子なんかを被っている私が出てきて、ちょっと吃驚したかも。

これが10年ぐらい前だったら、

「魔女の家に来たのはだあれ。」

なーんて言える若さがあったのだけれど、もう無理だわ、さすがに。

 

 

               

で、その時に先日押入れ前の棚を整理して、プレゼント用に買ってあった鉛筆がたくさん出てきたので、

「鉛筆もあげます !」と一本ずつかぼちゃの入れ物から取ってもらって、

小学生の子供たちには凄く喜んでもらえたのだけれど、

まだ就学前の小さな子供が

「お菓子じゃなかった~!!」と泣き出して・・・・

ゲゲゲ

あげる順番、間違えた~と思いました。

 

最後に「ありがとうございました~」と声を揃えて子供たちは言い、

お菓子を貰えないといたずらをしちゃうような子供はいませんでした^^

 

お母さんたちにもお礼を言われたけれど、

楽しい時間をプレゼントされたのは私の方です。

 

「ありがとう、子供たち。」

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日まで、今日まで、そして明日は

2017-10-22 02:44:53 | 梢は歌う(日記)
 
あけぼの山☆コスモス2016
千葉県柏市にある「あけぼの山」には何回か行きましたが、タイミングが凄く良かったのか、今までで一番綺麗なコスモスの風景に会えたような気がしました。昨日は秋晴れ。夫と一緒に行っ......
 

上の囲みは昨年の10月21日に投稿したものです。

昨年の今頃、夫は退職して家に居ました。普段は花などに興味のない夫を誘って行った秋のお花見です。

今年の今の生活を思うと、あれは昨年の事だったのかとはまったく思えない、遠い昔のような気がします。

ここまで書いた、たった今、もも吉が来ました。まったく、もう。ママの真夜中ひとりまったりタイムを奪わないでよ。

昨日は、日曜日は選挙なので「選挙に行こうキャンペーン」の記事を長々と途中まで書き込んでいたと言うのに、結局、ももがキィボードを枕に寝ちゃうもんだから挫折。

もう日付が変わってしまったので、本当は昨日と書くところですが、就寝前なので「今日」と言う事で話させていただきます。

 

昨日、途中で終わった記事を今日書くことは叶いませんでした。

と言うのも、今日は一日、かなり頑張ったからです。

毎日毎日が朝から晩までと言うわけではありませんが、そんな日が週の中に数日入っていると、主婦はなんたって夕食を作らなくてはいけないので、結構大変です。

今週と来週、あえて言えば11月も乗り越える・乗り切るという気持ちが少々。

と言っても、別に誰かにやらされているわけでもなくて、ゼイゼイ言っているけれど好きな仕事、フゥフゥ言っているけれど自分で望んだボランティア、ブーブーと言っているけれど意外と達成感がある自治会の仕事、そして後はワーイワーイと楽しみにしている遊びです。(その隙間に家事(^_^;))

ただスケジュールが重なると「何か生き急いでないか、私」とか感じてしまう時もあるのですよね。

 

確かに一日はあっという間に過ぎて行ってしまうけれど、一日の終わりには、あれやこれやとその日の出来事が思い起こされて、意外と一日は長いなと感じるのでした。

 

※         ※        ※

今週の私、もしくは昨日までの私はー。(単なる自身の備忘録なので、どうぞスルーなさってくださっても良いですよ。)

歯医者に通院。自治会の新聞を作って発行・配布完了(やれやれ)。←今週はこれがメイン。

電話がなかなか通じなくなってしまった病気の友達の近況が知りたくて、情報通の知人に電話をして2時間近くも話してしまった。久しぶりの電話はそれなりに楽しかったのだけれど、電話代が怖い。

もっと怖いのは、私と電話でおしゃべりをしたことが、その翌日には違う人との話題になっていたこと。(やっぱり彼女って・・・。)

なんでそれを知っているのかと言うと、その違う人が私に教えてくれたから。(なんていうか狭い世界で生きている私。)

火曜日以外、毎日仕事に行っていた。しかも時間が長め。(次回お給料日が楽しみだ。)

押入れ前の棚の片づけをした。

衣替えをした。(衣替えをしない生活を目指して着々と進めてきたので、今回はあっという間に終わった。衣替えをしない生活まであとわずか。)

新しく始まったドラマは皆面白そうだ。

ってな感じかな。

 

そして今日は、子供会の子供たちが早めのハロウィーンでやって来た。(別記事に書こう)

その後買い物。三日分&ニャンコ分。台風対策でまとめ買いしたようなもの。昼食後にコインランドリーにまたも行った。(思う事あり。)

その後、乾いた洗濯物を片付けてから、今日は一か月一回のボランティアに行ってきた。行く前はスキルがないのでいつも憂鬱になる。だけど帰りは「やった感」で満たされて足取りも軽くなる。帰り道、いつも腹ペコ猫と遭遇する。貰ったカステラを半分分けてあげた。猫と話していたので、電車に一本乗り遅れる。

夜は鍋。

そんなものを食べていると、一人で暮らすラッタ君は何を食べているのかと気にかかる。

 

また明日は、誰も歓迎していないのでいらっしゃらなくても良いと言うのに、台風さんがやってくるらしい。

だけど明日は選挙 !!!

民主主義の本当の敵は「無関心」なんだって思うよ。

 

 

 

コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

そうでもない!

2017-10-11 03:02:19 | 梢は歌う(日記)

またもこんな時間です。

どうせダラダラしていたのでしょう。

いいえ、今日はそうでもない !

ちっとも向き合おうとしていなかった、自治会のお仕事にようやく着手しました。

 

じゃあ、サクサク進んだのかしら。

残念ながら、そうでもない !

 

スマホさんが優秀になってくれたので、もうほとんど写真は彼女で撮っています。←擬人化。なぜか彼女。

その優秀な彼女、何の不都合もないでしょう。

それが、そうでもない !

マイパソコンさんとの相性が悪くて、ちっとも画像を取り込んでくれなくて、何も進んでいません。

 

自治会のささやかな広報誌のようなものを、私のちっぽけなスキルで作らなくちゃいけないのですが、みんなは写真で埋めちゃえばと言ってくれるのです。

載せる記事がなければの話です。

ところが、そうでもない !

載せたい記事と言うか、載せるべき記事はたくさんあるのです。なんたって「広報」なのですもんね。

だけど載せるべき記事が、みんなの読みたい記事と言うわけではないのですよね。

 

あっ、なんか今、閃いた~!!

号外を作ればいいんじゃない?

このような地域役員のお仕事の事を書いてどうするのって思ったけれど、書く事って大事ですよね。

ただ閃いたことが、みんなの指示を受けるかどうかは別。

面倒くさいね。

 

早く来年になってお気楽なブログ生活を送りたいです。

じゃあ、あなたはそんなにこの地域役員に没頭してるってわけ?

と、問われたら、

やっぱり、そうでもない!

って、答えます。

まあ、普通に頑張っている方です。

 

でもそんな最中に、また新しい事を始めてしまいました。

前からやりたかった事なんです。そういうのって思い立った時が吉日ですよね。ボランティア関係の事は詳しくは書けないところが残念なのですが、丁寧にマンツーマンで教えて頂いています。続くかどうかは分からない事ですが、学ぶことがたくさんありそうです。そこに集まった人のお喋りからも。

 

ところで今日、悲しい事にまたも歯を抜きました。

先日も老いていくばかりだと嘆いていたように思います。

やっぱり老いていくばかりです。

でもそれって、肉体の話ですよね。

たとえ肉体は醜い老女に・・・・あっ、もとい、醜いかどうかは別の問題でした。

たとえ肉体は老いさらばえても…って、それじゃやっぱりヨボヨボしちゃうな…とにかく老いた肉体の中に老いた心が宿っているとは限らないのですよね。

 

・・・・・・・・・

ねえ、今頷いた人多数じゃないかと思うのです。

本当の事を言うとね、そうは思っていない私。なぜなら、身の内に「心」と言う内臓は無くて、それは脳の回路があれやこれやと動いて、「感じる」「考える」と言う行動を起こさせるわけだと思うのです。

老いた肉体の身の内には老いた脳が存在しているのですよ。だから年齢を重ねると鈍感になり思考力も鈍るのですよね。昔ならしない間違いをしてみたり。

 

大切な事はそれを「知る」と言う事で、何でも私だけは例外だみたいには思わず、その「知る」から対処を考えていく事が大事な事だと、私は思っているのです。

 

驚くべきことに肉体は、かなりの歳をとってからでも、トレーニングによって筋力をつけていく事が出来るそうです。そう言うのって憧れます。

脳だって、失われていく脳細胞は多くても、負けずに少しでもいいから刺激し鍛えていく事が大事な事ですよね。

そうやって考えたら、自治会のお仕事のあれやこれやも、十分に脳の刺激になって、考えてみたらありがたい事ですね。←無理やり

 

とりあえず花を見て、なんて綺麗なんだろうと思うー。

 

ボケてた^^

 

写真がーーー。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「また藤原竜也ですか。」と夫殿が言った。

2017-10-08 23:02:51 | 梢は歌う(日記)

 

何から書こうかな。

などと言うちっぽけな事を悩む私。

先日行った「ライブビューイング」の感想にするか、大河ドラマの感想にするかと思いつつ、

やっぱり藤原竜也さんのあれやこれやとかが先じゃないのかと思ったりもするのです。

最近、あまり書かない・・・・。

 

それと言うのも、彼は結婚をし子供が出来て・・

いや、それが理由かは分からない事だけれど、なんか以前と比べても、

なんかお仕事が充実してるような気がするんです。

 

それを追いかけていると、このブログ自体がファンブログみたいになってしまうじゃないですか。

でも今日はメモも兼ねて書いておきたい気分です。

 

と言うのも、

トップ画像は、藤原さんですよ。

ホームレス役の彼。

凄いですねえ。

 

昔はよく見ていた「世にも奇妙な物語」は、今ではほとんど見ていません。

だけど14日土曜日のそれは見なくちゃね。

なんて言っても、手塚治虫原作の「夜の声」で彼が出るのですからね。

なんかドキドキしちゃう。

「世にも奇妙な物語」って、時々切ないほどの悲劇ってあるじゃないですか。

ずっと忘れられない名作ってありますよね。

だけど悲しい物語だと嫌だなあ。

あー、やっぱりドキドキする。

 

で、やっぱりここでいつもと同じ事を言いますね。

今からドキドキしていちゃ、身が持たないんで、ドラマが始まってからドキドキする事にします、ってね。

 

本当に私って・・・・・^^;

 

だけど夫殿には嬉しそうに言ってしまったのです。

「今度の土曜日ねえ、『世にも奇妙な物語』をやるんだって。」

見る習慣がないので、それを重要事項のように言う私に不思議そうな顔をする夫。

「藤原竜也が出るんだって。」

納得しながらも

「っ興味ないですから !」と夫。

まあ、そうでしょうね。

 

今日、買い物に行くときにセブンイレブンに寄ってもらいました。

夫が

「何の用があったの。」と言うので

「チケットの発券をしてもらったのよ。12月の。」

そう言いながら助手席でチケットを確認していたら

「じゃあ、誰かと行くんじゃなくて一人で行くんだ。」

「そうだけど。」

 

夫はひとり観劇をひとりディズニーぐらいのレベルに感じていて、よく行くなあと思っているみたいなんです。

 

そして彼は言いました。

「また藤原竜也ですか。」ってね。

 

好きだねえとか、よくやるよとか思ってるのでしょうね、きっと。

 

と言うわけで、「アテネのタイモン」のチケットはゲットしました。

 

 

おまけの画像。

我が家の3年目のハイビスカス。

ハイビスカスって真夏の花じゃないんじゃないかって、時々思います。

今の方がバンバン咲いています。

 

要するに冬になって葉を落とし、それが真夏には育ち切れず、花は一輪ずつしか咲きませんでした。

それがようやく葉が育ち咲くようになったのですね、きっと。

 

 

さらについでながら、シソの花。

かなりピンボケです。

 

 

時々半袖、時々長袖・・・

季節がどんどん過ぎて行きますね。

 

夫が

「ああ、残り二か月だな。」などと言う。

「10月はまだ終わってませんっ!!!」

貴重な1か月、まだ二十日もあると言うのに、省略するんじゃないよ、まったくもう。

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加