森の中の一本の木

想いを過去に飛ばしながら、今を見つめて明日を探しています。とりあえず今日はスマイル
  

まっ、いいか~、2009。

2009-12-31 23:47:09 | 梢は歌う(日記)

だから、年の終わりにひっくり返しちゃダメだよって自分に言っていたのに忘れてしまって、キッチンがお祭りさ。

凄いな、私。こんな隙間も利用して、収納名人じゃん。タッパを利用して並んだ乾物類ってある意味芸術?

って、みんな消費期限切れじゃない・・・・・

だからさ、結論。キッチンに限らず、家の中のものは納めたからって安心しちゃいけないんだよね。基本は糠ミソの桶と一緒で、常にかき混ぜる事が大切なんだ。

でもこれって、家の中の家事に限らず、自分自身にも言える事なんじゃないかな。

 

家事を遣りながら、ふと哲学する私の年の末。
皆様いかがお過ごしですか。

 まあ、私の年末はやっぱり、綺麗とは程遠いお部屋の真ん中で、来年こそは大掃除しないでも綺麗な部屋を目指すと、誓いを立てていると言う例年通りの生活ぶりであります。でもですね、今年は頑張ったんですよ、ベランダ掃除に。物置ゴミ屋敷状態だったベランダの片付けを終わらせたら、今年のお掃除生活は疲れちゃって終了してしまったと言うわけです。えーと、ちなみにキッチンだけはお正月を迎えられる状態になりました。

ワタクシ、来年はやりますわよ。家中を片付けます。と、さりげなく決意発表などをしまして、今年を振り返ってみようかと思います。えっ、そんな事をするのかと自分でも思ってしまいました。いつも、いろいろあったけど、まあ、細かい事はどうでも良くて、終わらなかった事は来年と言ってもまた明日なんだから、明日以降に持ち越せばいいのさ的なことを言って終わりじゃなかったかな。

でもまあ一応・・・

お芝居は劇場で12本。テレビで4本。映画館で2本観ました。
ふと今年の初めに一ヶ月に一本は観ようかなと気紛れに思った私の一年の結果です。やっぱりお芝居は良いよな~。
でも、正直11月頃疲れてしまいました。
如何にお出掛け好きと言っても、引き篭もり好きでもあるわけですから、フーフー言ってしまいました。

だからと言って、観劇はもう終わりと言うのも寂しいので、一年に5本から6本ぐらいは観に行きたいと思います。でもチョイスが難しいですね。

18作品でもベスト3なんて決められませんね。みんな本当に良かったです。
でも敢て、「好みだわベスト5」なんてあげてしまうと
蛮幽鬼  娯楽の王道。
ムサシ  来年も行きたいです。小栗君じゃないけれど、そこはo.kです。
パイパー  松たか子、本当に好きです。
ふるあめりかに袖はぬらさじ  シネマ歌舞伎で観たのですが、好きだなぁ。
漣を抱くセシル  出来で選んでいないからって言ったらすみませんなんですが、心に残りました。

映画は映画館では27本観ました。テレビでも同じくらい見ましたが、感想は書いていません。私は映画ブログの方がサブなので、みんな感想を書くのは無理なのですが、来年は内容はともかく三行でも記録しようかなと思案中。

映画館で見たものも2本は好きだったのに、タイミング悪くて感想を書きそびれてしまいました。「ミラーズ」と「ターミネーター4」なんですが、書きかけで放置していたのを見ると、がっかりしてしまいますね。

映画の「好みだわ、ベスト5」でも、選ぶのは難しい。

「マイケル・ジャクソンTHISISIT」
「ベンジャミンバトンー数奇な人生」
「カイジー人生逆転ゲーム」です。だって、私藤原竜也君のファンですから。
「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」 だって、私とラッタ君がその他大勢で出ているからです。
「ジェネラル・ルージュの凱旋」

うーん、この選択は何かが間違えているような気もしますが、それこそまあ良いかというところですよ。感想書いていない家で見た映画の中に、実は好きな作品がある様な気がします。「アヒルと鴨のコインロッカー」とか「潜水服は蝶の夢を見る」とか「おくりびと」とか・・・・
決められないというのが本音です。

邦画は13本、洋画は14本。なんでもあれの私です。

だんだん時間と競争になってきました。
紅白は後四組で終了です。
・・・年越し蕎麦タイム・・・・

  子供向きの本を抜かすと、本は結局三冊しか読み終わらなかった私。ムムムです。

 

  お出掛けはネモフィラの丘に行き、名古屋に行き、比較的近くは浅草に行き、みんな楽しくて大満足でした。

お仕事は・・・
ブログには書けない部分です。大切なターニングポイントでしたのに、それを阻んだのは地域役員のお仕事でした。言い訳!?そうかも知れませんが、私はあまり器用な人間ではないのです。かなり脳内は多角経営だと思うのですが・・・
まぁ、良いや。年明け集中思考という事にします。

アッ、紅白はラストソング、サブちゃんの「祭り」です。

もうこうなったら、まるなげ。

だから、このブログ記事は毎年「まぁ、いいか」ってタイトルなのよね。

ところで2009年のラストムーンは凄く綺麗でしたよ。空気が澄んでいるんですね。ラストと言ったり始まりといったり、月も太陽も笑っているかもしれません。

彼らから見ればちっぽけな私達。そうであっても、精一杯頑張って来年も楽しく生きていきます。今日の命に感謝して。

 

今年も皆様ありがとうございました。皆様に素敵な一年の始まりが訪れますように。また来年もよろしくお願いいたします。(後14分後)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月、12月を振り返って

2009-12-31 23:44:26 | 梢は歌う(日記)

今年も今日で終わり。
11月はいろいろあって、12月は忙しなくてお纏め日記もこんな年の暮れ。でも、これを投げ出しては自分的に悲しい。

と言うわけで、11月と12月のお纏め日記ですが12月の31日に二か月分のお纏めもないと思うので、同時に毎年書いているラスト記事「まっ、いいか」も同時に書いて同時にアップしようと思っています。

ところで、去年の今頃の私は何をしているのなんて読み直してみて思ったのですが、ブログ記事で、自分で読み直して自分で面白いのは、なんていっても日常日記なんですね。

お掃除しながら、その合間の珈琲ブレイクに書いているので、ざっくり書いていくことにします。

お芝居(タイトルで感想にリンクしています。)
11月は、「奇跡の人」「12人の怒れる男
12月は「ANJIN-イングリッシュサムライ
テレビで、見たかった松たか子の「ジェーン・エア」も観ました。

映画 11月は映画館でたくさん観ました。
映画館では5本。「映画三昧な日々!?」を参考にしてください。そこには書いていませんが、「2012」も観ました。が、12月はナシ。テレビでは「潜水服は蝶の夢を見る」とか「枯葉」とか何か見ていたような気もしますが、記録が甘いので忘れてしまったような・・。

  ドラマは秋は楽しかったです。「天地人」が終わり「坂の上の雲」がとりあえず終わり、「JIN」も終わってしまいました。来年はどんなドラマが私を楽しませてくれるのでしょうか。
JIN」の最終回は感想を書きました。
2009ドラマのお話、その1」に、ほかのドラマの感想を書きました。だけど「その2」を書くことをすっかり忘れていました。
「東京DOGS」ー今思い返すと
「まるおのここ空いていますから、へっ」しか思い出せません。
「リアル・クローズ」毎回楽しみに見ていました。楽しかったです。
他にもいろいろ見ていました。意外と面白かったのは「その男、副署長」でした。なんだか崖っぷち推理の人が主演だと、最初から意識はちょっと軽く見ていましたが、予想外になかなかでした。よく見るとシナリオが「相棒」で御馴染みの人が書いているんですね。面白いのも当たり前でしたね。

 

いろいろ間を挟んで、今紅白を見ながら書いています。さっきのスマップのマイケルメドレーは凄かったですね。彼らのダンスは完璧でした。でも彼らを見ていて、さらにマイケルが偉大だったことを実感してしまいました。

11月は「THEハプスブルグ」、12月は「萩尾望都原画展」に行きました。

題詠ブログに参加していましたが、11月の最初に100首完走いたしました。
これは結構楽しかったです。いろいろな自分に出会えたように思います。出来不出来関係なく、いろいろな自分ということで何首か選んでこちらに転記してみます。
ちなみに私の100首はここです

拓郎が好きな私が詠んだ歌。
「拓郎の超えて行けそこをと歌が心の中でリフレインする」

お芝居にちょっと嵌っている私が詠んだ歌。
「もう一度妊娠せよと言うセリフ「身毒丸」は心貫く」

ルート君の日常を詠んだ歌。
「朝の君 くしゃくしゃの髪爆発でまるでスーパーサイヤ人」
「春休み昼食弁当御用達コンビニ通い君の仕事」
「唐突に調子はずれで歌いだすヘッドホン付けて歌聴きし君」

いろいろな日常を詠んだり、自分と向き合ったりで関わりあった時間は貴重なものになりました。

本は「チルドレン」を読みました。感想はまだナシ。

年の瀬が迫ってきました。もう後は手抜きです。焦ると何にも思い出せません。

奥様ランチは忘年会」と言う名前で二回。その他にも呼び出されて一回。

いつもの転寝タイムで眠くなってきたので、さらに何も思い出せません。

後はいつものように歯医者に行ったり自治会のお仕事をイライラしながらしていたり、そんな日常だったと思います。「カーブス」とか言う女性だけのスポーツクラブに入ったり、ネットでは「ツイッター」なんて新しい事を始めたりもしました。

 

昨夜、ココの夢を見たよと、ルート君が言いました。
ふーん、ココは何か言っていた?
何も言わないよとルート君。
そりゃそうだ。ココは犬だものね。
ふかふかして、ココはとっても暖かかったよ。
そうなんだ。死んで治ったんだね。
皮膚炎でお腹の毛がほとんど抜けてしまっていたココ。
死は何かからの開放なのかと、ルート君の夢の話を聞いてふと思ってしまった、私なのでした。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12月30日(水)のつぶやき

2009-12-31 00:52:42 | ツイート
10:02 from web
年末にブログ書いているのもどうかと思いますが、それも遣り残した一つのような気がします。「ANJIN -イングリッシュサムライ」感想を書きました。http://blog.goo.ne.jp/kiriyseikan/e/ead3e05c745ece40a342c8faaa3bdf32
10:21 from web
だんなが家にいると、一挙に私もお休みモード。でも、それでは主婦と言う肩書きが廃る(既にかなり廃ってはいるが)。ツイッターを利用して、楽しく年末家事をやることにします。
10:25 from web (Re: @mocha2007
@mocha2007  やっぱり休憩は珈琲とちょこっとPCですね。このちょっとした気分転換が次に繋がると言うものですね。
10:34 from web (Re: @nonkicki
@nonkicki はじめまして。足袋の下に地面があるからかとw
10:48 from web (Re: @nonkicki
@nonkicki 身を隠した後のひとり事になるかと思ったら、そうでもなさそうですね。丁寧にサンクスです(笑)余計なお世話でしたが、どこかでお声掛けしたいなと思っていたからつい。
10:55 from web
「ヤマト」を見ているだんなに付き合っていないで、働こうっと、私。
11:21 from web
と、言いつつ「ヤマト」を見ている私。ガミラス星のいいところなんだもの。
18:27 from web
「宇宙戦艦ヤマト」を見て、昼寝しているだんなを尻目に、突然ヤル気に火が付いた私。キッチンが大変な事に。ちょっと休憩です。
18:32 from web
「宇宙戦艦ヤマト」って、若い時は好きで映画館で滂沱の涙を流した様な気がスルノだけれど、今見ると、その底辺には常に「特攻」があるのよね。ちょっと微妙な気持ち。
18:34 from web
ああ、座ってしまうと、疲れがジーンと来る・・・・。
23:27 from web
アッ、大変!転寝している場合ではありませんでした。一夜飾りはにしない為にお供え餅やお正月のお飾をギリギリに飾りました。
23:31 from web
PCがメチャクチャ重い。そして私も寝ぼけている。「一夜飾りには」が「一夜飾りはに」と打っていた・・みたい。
23:39 from web (Re: @Gabriel_nf2
@Gabriel_nf2  アバター、やっぱり面白そうですね。年明けには見に行きたいです。ところで、「さらば宇宙戦艦ヤマト」が松本氏の作品のイメージから離れてしまったのは、暴走してしまったからなんですね。(亀レスですみません。)
23:43 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer 黒豆とか煮ちゃったりして、偉いなぁ~。私はお掃除だけでバタンキュウです(笑)もうちょっと頑張ろうと思います。無理せず頑張ってくださいね♪
23:48 from web (Re: @haru_no_urara
@haru_no_urara  おせちとか作り始めて、年末モードに入れましたか?今年の私は無理みたいです。買い物も夫に行って貰いました。たまにはこういう盛り上がらない年末も良いかなと居直っています(笑)でも、お掃除はちょっとはやっています。
23:51 from web
ツイッターを始めて、一ヶ月。だんだん面白くなってきました。(〆モード)
23:53 from web
今日もたぶん3時コース、もしくは2時コースの就寝時間かなと思いますが、それも今日まで。年明けは美容と(マジで)健康の為に今日中に寝ると言う生活をしようと思います。
23:58 from web
明日はつぶやかないと思います。ツイッターワールドは今年は今日が最後。(と言っても一日じゃない!?) 皆様、素敵な新年をお迎えくださいませ。
by kiriy2009 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ANJIN -イングリッシュサムライ

2009-12-30 09:14:21 | 観劇・コンサート日記

 12月19日に「天王洲銀河劇場」にて「ANJIN -イングリッシュサムライ」を観てきました。

上の画像、カッコ良いでしょ。これはチラシではなくてファイルなんです。何処にいってもファイルを買っている私。ある意味コレクションかな。二枚組みで、立っている竜也君の横には、本当は市村さんがいるんですが、レイアウトの都合上切ってしまいました、すみません。

ちょっとお話は横道反れますが、以前「天地JIN」で 検索してくる人がいたのですが、面白いなと思っていました。じゃあ、それに「ANJIN」を加えたら・・?
「AN天地JIN」?う~ン、なんか違う様な気がするな。

まあ、そんなことはどうでも良い事なんだけれど(汗)

それで感想なんですが、最初に「良かったです!!」と強く言っておきましょう。なぜなら、この後続けて書くことは、ちょっと誤解を生みそうな事だから・・・。

実は二回も意識を失ってしまいました。気が付いたら、数秒意識がなかったのです。こういうのを別の言い方で、「寝た」と言うのですよね。

按針以外の乗組員があれやこれやと言っているシーンと、三成と他の武将があれやこれやと言っている所。
別に偉そうな事を言うつもりはまったくないのですが、グレゴリーさんの演出は複数出てきてワイワイとセリフを言う時、立ち位置がぼやけて、私の視点もぼやけて目が泳いでしまいます。今度は舞台外の字幕も見なくてはならないわけで、目をくるくる回していたら、意識が飛んでいたわけです。
でも三成達の謀議のシーンは日本語じゃないかと言われそうですが、この舞台、脚本もマイク・ポウルトンさんと言う外人さんなんですね。それは凄いと思います。でも、あのシーンは歴史好き日本人には、ちょっと退屈かも・・・ムニャムニャ
見所はどのような毛利・小早川・宇喜田なんだろうというところでしょうか。「天地人」からファンになった大谷とかも。

このお芝居、大真面目にその戦国の歴史の1ページを描いていました。でも見せたいのはその歴史の物語ではなく、心引き離されながらも生きて行く人間達の一人一人のドラマでした。

 

さすがシェイクスピアの国の舞台だと思いました。感銘を受けたシーンに古典的な舞台の迫力が重なりました。

この舞台に涙は無用かと思って観ていましたが、違いました。
ラストシーン、思わず涙がジワーッと込み上げてきました。

悩みながらも一生懸命に生き、ふと気が付けば「時」はあっと言う間に過ぎていて、その時、人はたったひとり。

思わず「ああ、あの人に。」と呟いてしまいました。あの人に泣かされたなという意味ですが、それは主役のオーウェン・ティールの事なのでした。
でもそのラストシーンの竜也君の無言の演技が素晴らしかったのですよ。だからこそ涙が出たと言うのが本当のところです。

もちろん彼が素晴らしかったのは、無言ではないシーンもです。彼の英語は凄かったですね。市村さんもオーウェンさんも彼の英語を褒めていたけれど、努力の甲斐があったと思いました。彼を見ていると、なんとなく私も頑張らなくてはと思えてくるのです。だから、彼が好きなんですね。

英語は完璧と思えるのに、それでも彼は心配し苦労したみたいですね。珍しく本屋に行ったので「シアターガイド」を立ち読みしてきました。(立ち読みですみません。他の本を買ったのでお許しあれって、本屋さんに、一応)お稽古の時に緊張しすぎて、Tシャツが汗でびっしょりになったと書いてありました。

そろそろネタバレで行きましょうか。

 

でもその前に。
舞台が終わって出口に向かう途中、前を歩いていた女性が
「藤原君も好きになっちゃうな。」と連れの人に言っているのが耳に入りました。その言い方だと、市村さんのファンか演劇のファンなのかもしれません。でも「好きになっちゃう。」の言葉に、ちょっと嬉しかったりして、「藤原竜也をどうぞよろしく。」と言ってくれた鶴瓶さんのような気持ちになってしまいました。いつも言っていることですが、誰かを好きになるということは嬉しくもあり疲れる事でありんすよ。

 

按針がイギリスと日本にいつも心が引き裂かれていたように、ドメニコもまた武士である自分と宣教師である自分とで心が引き裂かれていました。葛藤し二人が選んだ道は、果たして・・・

と言うわけで、以下ネタバレしています。

 

  

 シェークスピアのような重厚さは、オーウェン・ティールのセリフばかりではありませんでした。(以下敬称略)

床嶋佳子の淀君。良かったです。女と男の首は、何かひとつの普遍的なテーマがあるように思います。淀と三成の解釈は斬新なもので、そこも良かったのですが、何よりも彼女のセリフの回し方が、素敵でした。

家康が良かったのは、臨終間近に按針が訪ねて行った時のシーンです。実はここでのセリフはラストの按針のセリフと重なるものがあったと思いました。
あと家康のシーンで印象深かったのは、秀頼の息子国松に、死を諭す所です。争いの火種を断つためにその命を絶たせる。残酷であり哀しくもあり、そして美しくもあるシーンでした。なので「友達」と言う言葉に違和感を感じてしまったことは事は、惜しい事でした。

秀忠のキャラとか挙げたら、結構きりがありません。

ただ家光は出番がほんの少しだけですが、そのキャラが際立っていて、凄く良かったです。最後に重い扉を閉める所など、ビビビときましたよ。

そしてドメニコ。
関が原のシーン。大砲をぶっ放しているのに楽しそうと言う感想ははないかなとは思いますが、彼の武士としての血が騒いでいるのが分かりました。そして幸村の首を取ったのは・・なんと・・・。ドメニコ~!!

いったんは武士の道を選びながら、宗教に殉じてしまったドメニコ。
国に帰るチャンスを得ながら、その選択を取ることが出来なかった按針。
迷わなければドメニコは命失わず、また按針は孤独にはならずにすんだと思います。

でもその道は引き返す事のできない、人生と言う名の一本道だったのですね。

藤原竜也の磔のシーンは白く美しく哀しかったのです。涙を誘うほど・・・。
本来寿命を待たない人の死というものは、遠い昔の出来事であっても、また自分には縁もゆかりもない人の事であっても、それだけで悲しいことなのですね。その死に触れた時、いかに芝居と言えども、心に何かが突き刺さるのは自然の事なのだと思います。

でも、だから私は自分に言い聞かせました。「宗教に殉じる」と言うことは、それ自体は恐ろしい事であっても、その人にとっては、不幸せだったかは分からない事なのだと。

ドメニコが、按針が家康謁見の前に言ったのセリフ。
「人はいつかみんな死ぬ。それが今なのかが決まるだけだ。」

後から考えると、そんな生死感に救いを感じてしまったのでした。

・・・・・・・・・・・・

 

下に載せた画像は、ファイルと一緒に買ってきたお土産で、切手なのです。でもこれ、使うと言う事はありえないかな(笑)

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月29日(火)のつぶやき

2009-12-30 00:52:26 | ツイート
02:03 from web
こんな時間まで起きていて、私は本当に夜が好きなんだわ。でも、こんな生活は今年でやめよう。今日は3時になったら寝る事にしよう。
03:01 from web
3時だ。もう寝よう。
03:02 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer お休みなさい。また朝日が昇ったら、よろしく~。
07:09 from web
おはようございます。今日はちょっと丁寧な中掃除とその合間にブログと昼寝の休憩というスケジュールでチャラチャラ楽しくいこうと計画中。
07:24 from web (Re: @taemoonface
@taemoonface おはようございます。楽しそうに聞こえるけれど、やることは「お掃除」・・。不得意分野です。自分に見栄を張っているわけですw  &朝からシャイア・ラブーフの真実を垣間見てしまいましたw
10:19 from web (Re: @taemoonface
@taemoonface モノポリーって懐かしい。小学生の時に嵌っていました。でも実態はマネーゲームのごっこ遊び。お金がなくなると、新聞を切ってお金を作っていました。今の日本と同じ事をしていたような気がするw
10:22 from web
珈琲タイムです。洗濯、キッチンの片付けと掃除、ゴミステ終了と言いたい所だけど、キッチンはひっくり返してしまったのでもう少しかかりそう。
10:31 from web
しかし綺麗に収納すると言うのは、食べ物には当てはまらないかも。いったいいつの小豆とかの乾物が並んでいた、我が家(涙)
11:00 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer  いいな。娘と一緒の来年の予定。
14:23 from web
夜中に書きかけていた感想を今頃アップしました。見応えがありました。坂の上の雲「留学生」 http://blog.goo.ne.jp/kiriyseikan/e/1c111c2a078ab01e18f35c45a86abb25
15:37 from web
出かけようと思いましたが、「相棒」の再放送。尊の変装を確かめるまで出かけられませんよ~。
16:26 from web
夫が早く帰ってきました。なんとなく私の自由で幸せな時間が終わったような気がしてしまいました。
16:27 from web
珈琲を飲んだら出かけましょう。おやつが何もないのよね。
16:31 from web
そう言えば、コミケ。子供が家にいます。まあ、病みあがりだし、計画が立たなかったのかそれとも卒業かと尋ねれば、840円しかないんですって。そりゃ、家にいようよね。
18:17 from web
夫が買い物に行ってくれたので、さっきの悪口(?)は、ナシと言う事でw
18:20 from web
だけどスーパーはお正月の気分で盛り上がっていました。なんとなくイラッとしたな。なんでだろう。家に帰ってきてホッとしました。
18:32 from web
今日の私はつぶやき過ぎかも。でもツイッターはちょっとした休憩時の気分転換にぴったりなんです。今日はこの後、ローストビーフに挑戦する予定。あまり自信がありません。夜はお仕事をちょっとやり、後はきっとブログを書いています。今年一年に想いを馳せるには、やっぱりそちらの空間がぴったりかな
by kiriy2009 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂の上の雲「留学生」

2009-12-29 14:04:43 | ドラマ (大河)

 いよいよ一部が終了。
私が「来年の今頃までバイバイ。」と主役の三人に別れを惜しんでいたら
「来年の今頃って、何!? 続きは来年の12月なわけ!!」と、今頃真実を知って、夫が納得できないような顔をしていました。

三年に分けてやるのだという事を、知らなかった人も他にもいたのではないかと思いました。なんたって、大河の後に入った番組ですから、そのまま普通に見ていた人もたくさんいたのでは。興味のない項目は深く追求しない事も多々あるものなのですよね。今年の大河「天地人」が11月までだって事を知らなかった友人がたくさんいたように、視聴者がみんなエンタメニュースにチェックを入れている訳ではないと言う事を、もっとNHKは知るべきだとまたも思ってしまいました。

 

それはともかく、予告編と言うか撮影風景を見て、「とにかく子規は、来年まで生きているからいいわ。」と訳の分からない事を思ってしまったのでした。

 

またも順番無視して、心に食い込んだシーンから。

子規庵と言われた根岸の借家の縁側で、子規は夭折してしまった才能豊かな者たちの事を自分と重ねて思っていました。
「。。。しかり、バイロンしかり・・」

ちなみにバイロンは 36歳で熱病で死んだのです。でも彼はかなり自分勝手にやりたい事をやっていたような人に思えるので、如何にハンサムと言えども、その若い死にあまり悲劇性は私には感じないのです。
でも子規もその事を思っていたのですよね。生き急ぎ、そして早く逝ってしまった者達よと。

ひとり、子規がその真横に死神を座らせて物思いに沈んでいると、背後の部屋からは弟子達の楽しそうな語らいの雰囲気が伝わってきます。また母と妹の楽しげな笑いも聞こえてきます。狭い借家の子規の家。いつの間にか人々はそこを子規庵と呼んだと渡辺謙のナレーションが伝えます。人々は彼の才能と人格を慕って、狭い家は決して暗いものではなかったのでした。ただ、子規の心の周辺だけは死の影が深く暗く漂っていたのでした。明と暗のその対比の演出に心惹かれました。

 

さらに、その先の母と子規の会話にも心惹かれました。
子規が、狭い庭を見て
「わしはこの狭い庭からも多くの事を見ることが出来る。」
真之が送ってくれた毛布からも
「この毛布を手に取れば、アメリカの大地を感じられる。」←例によって、セリフは不正確。
と、子規が言うと、母は
「負けず嫌いなんだから。」と言うのです。
「違う。」と子規は笑って言いますが、私もそれは違うと頷きました。負けず嫌いだからではなく、子規が言ったことは本当のことなんだと、感銘を受けたシーンです。

原作に同じシーンやセリフがあるのかどうかは分かりませんが、子規のセリフは司馬遼太郎の言葉、または野沢尚の言葉です。ゆえになんでもないささやかなシーンであっても、うんうんと頷けるシーンでした。

言葉生み出す人の想像力は心の剣。狭い狭い子規庵と言う戦場で、彼はボロボロになりながら闘っている、そんな感じがしました。

 

「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」

次も子規の事になってしまいそうです。この有名な句が、そのような状態の時に生まれたものだったなんてと、感銘しました。もっとお気楽なイメージがあったものですから。背景を知ると、過ぎる秋、または時を、本当にギュッと凝縮させた句に感じてしまった私も単純ですね。

でも子規の言う俳句は写生と言うことに頷ける、色鮮やかな句である事に間違いはないみたいですね。

 

さながら彼の物語のような書き方になってしまいましたが、三人の中で一番早くに退場する事は、分かっている事なのでお許しくだされというところです。

 

 長くなってしまいましたので、後は箇条書きにていこうかと思います。

◇律と真之の別れのシーンは、いつも物悲しく綺麗ですね。

◇ふんどし姿の記念写真。・・・と、言う事は、あれは現存していると言う事でしょうか。

◇広瀬との餅食い競争。18個って・・・死にますよ・・・。

◇秋山好古は家ではよき家庭人。妻とも仲良さそうです。子供が二人。

◇松山での漱石エピ。これも漱石の気持ちにあれやこれやと考えてしまいました。いっかいの中学生教師と言う立場は漱石の器にして物足りない時代だったのかもしれませんが、後に小説にした事で、憂さは晴らしましたよね。でも「坊ちゃん」と言う小説は、本人がその時代を楽しんでいたわけではないので、雰囲気と違って、あまり面白いお話ではない様な気がしてしまうのは、私だけでしょうか。いやいや、文豪にケチをつけるなんて、大それた事を言っている訳ではありませんずら。あしからず。

◇広瀬のロシア生活はそれだけでもかなりの物語でしたね。任務に愛に確執と。

◇そして、真之のアメリカ留学の様子は、やっぱり面白かったです。
最初に教えを受けたアルフレッド・マハンは、ある戦略研究に対して
「アメリカ人は一滴の血を流さずにこれを手に入れた。」と言います。それはこの前の日清戦争の時の事を研究して得たものでした。それは皮肉でも嫌味でもなく事実でした。だけど、その後アメリカとスペインとの戦いを通して、真之はよく研究し調べ上げ、キューバにおける米西戦争の世界最初の閉塞作戦の見事な観戦報告書を作成するのです。
そしてこの時さりげなく言った、「我々はこれを一滴の血を流さずに手に入れた。」と言うセリフには、気骨と言うものを感じました。

そして真之はイギリス公使館付の駐在武官としてイギリスへ・・・

まとめのナレーションが良かったですね。
正確に書けないので、スルーした方が良いとは思うのですが、要するにこんな事をいっていたように聞こえてきたのですが、どうだったのでしょうか。

―たまたまこの三人を取り上げたのだけれど、こんなやつらがいっぱいいて、今の日本の礎が出来たんだよ。無駄にするんじゃないぜよ。―

 

来年の末の楽しみが一つお約束。それもいいかもしれませんね。

 

 

コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

12月28日(月)のつぶやき

2009-12-29 00:48:47 | ツイート
01:30 from web
おはようございます。というのはいくらなんでも変ですね。ずっと転寝していて、さらに早く寝て、もう起きてしまいました。また眠くなるまで、深夜の自由時間です。
01:33 from web
転寝しながらも、所々見ていた「ものまね・・」。美空ひばりの「愛燦燦」を歌った人、凄かったですね。思わず感動して涙ぐみそうになってしまいました。
01:43 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer 途中できっと、バタンキュウの予感w。 S・タイラーの鎮痛剤の
飲み過ぎって、あちらは処方箋がしっかりしていないのかなと不思議な感じですね。
01:51 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer でも、なんだか、気の毒ですね。痛みが辛いから薬を飲み、今度はそれの中毒なんて。
02:01 from web
劇団☆新感線の「薔薇とサムライ」のチケット情報がメールに入っていました。何かドキドキしちゃいます。新橋演舞場は結構楽勝でしたが、赤坂Actシアターはどうなんでしょう。
02:10 from web
女子フィギュア、オリンピックに真央ちゃん。何かホッとしましたが、枠がもう一つあればいいのにっていつも思ってしまいます。中野選手の健闘も讃えたいです。
02:36 from web (Re: @yappinn
@yappinn 最後まで忙しそうですね。息子は、私が同じ世界を共有している事には歓迎ムードなんですが、嵌りやすく影響されやすい事がバレルと、ここぞとばかりに何か言われそうです。「なう」なんて付けたら「あなたはまったく~」とか言われちゃいそうですw
02:52 from web
いい具合に眠くなってきました。そう言えば、さっきお風呂に入っていた時に詩を作ったのでした。ブログに移ってタラタラしたら、もう寝ましょう。真夜中に、結構情報拾えました。「粘膜蜥蜴」、読みたい本のリストに加えます。
06:39 from web
おはようございます~♪ @romeo10juliet @freedomhammer
06:47 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer それでは、おやすみなさいw
07:07 from web
なんだかんだと今日まで仕事。とにかくそれが終わらないと、私の年末年始気分はこない様な気がする。
07:09 from web
そうそう、曹操の墓の発見、凄いロマンだよね。
08:09 from web
「ググれカス」ってどういう意味なんだろうと、思わずネットでリサーチを入れてしまいました。思わずhahahaのha~w
08:12 from web
おはようございます。皆様、今日も頑張りませう。@SF_nando @new1000mile @haru_no_urara
08:14 from web
働いていた食洗器が止まりました。次は私が働く番ですね。
19:31 from web
とりあえずお仕事は終わり。でも年末にかけて残骸処理をやらなくては。お仕事エンドレス、達成感、開放感ナシ。
19:34 from web
「白夜行」、見ています。でも、夫が帰ってきたら見ることは出来ないわ。なんかこれ、辛すぎて最初と最終回しか見なかったのだけれど、切なくて悲しいね。
19:35 from web
でも、ご飯作ろう。
by kiriy2009 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月27日(日)のつぶやき

2009-12-28 00:47:25 | ツイート
01:16 from web
お散歩に行ったので、久し振りに詩なんかを作ってみました。「半月」 http://blog.goo.ne.jp/kiriyseikan/e/e58b00034cce753739cba6b91dc3a50d
01:18 from web
wowowで「アイアンマン」なんかを見ていました。子供がやってきて、知っていたら見たかったなんていうのよね。なんでも自分でアンテナ張らなくちゃダメだよ。
01:20 from web
そういえば「アイアンマン」には思わせぶりなオマケがあったのだけれど、その続きはいつ作るのかしら。作っているのかなあ?
01:23 from web
続編の話繋がり。続編制作が中止になってしまった事を知って、本当にがっかりしたのは「ナルニア国物語」。次が絶対に面白かったのに。
01:32 from web (Re: @SF_nando
@SF_nando 昨日は一日遊びの一日で、楽しかったです。今日もお互いに良い日になりますように。
08:18 from web
朝日がサン、ってな空。今日のアレやコレやを考えていたら、とりあえずもう一回寝ようかなってな気分になってきた。そうはイカの塩辛←アッ、なんか懐かしいつぶやき!
08:23 from web
洗濯が終わり申した、はよ、干しなされと洗濯機がと言っている。ピーピーピーの訳。今日は後三回は回したいな。
12:55 from web
魚屋に姑と一緒に買い物。でも正月用にはならないらしい。31日は朝5時から開店だって。ザワザワザワ  何か凄くない!?
12:57 from web
でも賑わっている魚屋を歩いていて、急に正月が迫ってきたのが実感できた様な気がする。私の体内カレンダーは、11月ぐらいの様な気がするもの。
13:00 from web
予定外のお墓参りに行きました。今日は穏やかな日なので、墓参り日和で、お墓のお掃除も苦ではなかったわ。家はゴチャゴチャ、お墓はすっきり。まあ、いいか。何か微妙な達成感があります。
13:13 from web
お昼は義母の奢りで鍋焼きうどん。夕食用にお刺身を買ってもらい、コロッケも作ってくれるんですって。私はふふふの嫁なのです。
13:16 from web
でも、私はチョウ眠い。おもさげながんす。ちょっとだけ寝かしてつかーさい。起きたら一気に頑張り申す。って、壊れてる。
16:12 from web (Re: @macchibou
@macchibou  二人で過ごす年末年始。たまにはそういうのも良いかもしれませんね。
16:20 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer 今日は、私的には充実していた一日だったと思います。(まだ、終わっていませんが。)人混みは疲れるけれど、年末の季節感が漂っていますね。あまり疲れませんように。
16:32 from web
信じられません。後4日で(もう今日は入っていない)'09は終わりだなんて。私の意識は冬眠中。無理やり起こしていろいろ考えよう。
16:39 from web
まじめなことを言ったばかりだけれど、子供におやつを渡す時に「おやつなう」とか言いそうになっちまった。ウッカリ親の権威を失う所だった。
16:48 from web
さてと、珈琲タイムは終わりです。今日は「坂の上の雲」を見るのが楽しみ。残りの時間は夕家事、夜家事、年末家事を頑張りませう。
by kiriy2009 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半月

2009-12-27 01:10:44 | 詩、小説

black and white

ピエロのように化粧して

black and white

物悲しく 何を見つめているのだろう

 

バベルの塔の物語を知りながら

同じ事を繰り返す

人間は愚かだと哀れんでいるのだろうか

それとも

天空でポツンといる我を

嘆き悲しんでいるのだろうか

 

愚かであっても人々は

睦みあい 手をさしのべあっては

繋がりあおうともがいている

分断された言葉を 学びあい

心を通わせようとしている

 

天空で

そんな我らを見下ろして

「なんと愛おしい小さき者達よ」

そんな言葉を呟いたりしているかも知れない

 

black and white

ピエロのように化粧して

black and white

物悲しく 何を見つめているのだろう

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月26日(土)のつぶやき

2009-12-27 00:58:27 | ツイート
01:52 from web (Re: @shiawasenate
@shiawasenate 私も見ていました。凄く良かったですね。
15:51 from web (Re: @freedomhammer
@freedomhammer 昨日はエールをありがとう。そのエールに支えられて、昨日は結構頑張る事が出来ました。
15:53 from web
ふと気が付けば、こんな時間ではありませんか。日が落ちる前に自転車でチャリチャリお散歩に行きませう。
16:21 from Photomemo
Photo:お散歩中。夕日です♪ http://photomemo.jp/kiriy/114273
20:58 from web
結局、お散歩行って、友人の家に行って機関銃のように喋ってきた。友よ、話を聞いてくれていつもありがとう。また来年もよろしくね。って、ここで呟いても友達には伝わらないかも知れない。
21:14 from web
今日は子供の靴などの買い物にお付き合い。ついでに本屋。シアターガイドの1ページを立ち読み表紙は「ANJIN」の三人。竜也君のインタビューは良かったですよ。
by kiriy2009 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加