ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アンダカシー

2011年03月14日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 お菓子には不向き

 久高島へ渡る船の発着場安座間港で船を待つ間、「ビールでも飲むか」となって、売店でビールを買う。酒があまり強くない友人のNも付き合って1缶買い、そして、何かつまむものを探した。売店の総菜コーナーで彼が目をつけたのがアンダカシーという揚げ物。1個が2センチ角くらいのさいころ型が、1パックに30個ばかり入っている。揚げ餅みたいなきつね色は、見た目は旨そうに見える。
  上手に作ったアンダカシーは、見た目通り旨いもので、私もたまに、数年に1回程度は自分で作ることがある。私の作ったものは、母が作るのに比べるとちょっと劣るが、まあまあいけている。下手に作られたアンダカシーはきつい。脂がきつい、ので、多くは食えない。鳥の皮をカリカリっと揚げたものも苦手だというNに、私は勧めなかった。

 豚のバラ肉の脂身(良いものは純白に近い色をしている)をさいころ型に切って、フライパンでカラ炒りする。火加減はとろ火。カラ炒りは最初の数秒だけ、脂身から脂が出てきてすぐに豚脂身の脂炒めになる。さらに時間が経つと、豚脂身の素揚げになる。私の母親はそうやって、さいころ型の脂身が小さくなって、カリカリになるまで揚げて、取り出す。さいころ型を取り上げて鍋に残ったものは純正ラード。保存し、様々な料理に使う。取り上げたさいころ型のから揚げがアンダカシーとなる。アンダカシーは漢字で書くと油粕。といっても肥料にはしない。食い物である。
 揚げ立てに塩を振り、そのまま酒の肴になる。脂が抜けた脂身だが、旨みは残っているので美味しい。食感も良い。ただし、脂分が十分に抜けきっていないアンダカシーは、口の中で噛んだとたん、脂が口の中に広がり、溶かしたラードを飲んだ感じになる。舌に重く感じ、胃に重く感じ、気分も重くなる。しばらくすると体も重く感じるようになる。脂酔いの極地といったところ。2、3個食って、食傷する。
 アンダカシーは味噌汁などに入れたりもする。味噌汁の水分を吸って、カリカリがフニャフニャになるが、汁の味にコクが出る。この場合は、多少脂分が残っていても大丈夫。豚脂の旨味が味わえる、豚汁と思えば良い。
      
 記:ガジ丸 2004.12.3 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーハンブシー | トップ | ジューシー(雑炊) »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。