ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オーハンブシー

2011年03月14日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 祖母の得意

 たまにしか会わなかったが、母方の祖母の料理はヒラヤーチー、ソーミンプットゥルーなどよく覚えている。彼女の作る魚の沖縄風天ぷらも美味しかった。
 それに比べ、一緒に住んでいた父方の祖母はあまり料理をしなかった。普通に味噌汁とかチャンプルーとかをたまに作ってはいて、それらを何度も食べた覚えはあるが、オバーの料理はこれだ、と印象に残っているものがほとんど無い。

 「ガジー(本名では無いが、一応ここでは私の名前としておく)、玉子てんぷら作ったから食べなさい」と、ある日、オバーに声を掛けられた。"玉子てんぷら"とは初めて聞く名前だったので、ゆで卵、あるいは卵焼きに衣を付けて揚げたものなどを想像し、オバーのもとへ行く。揚げたての丸っこい天ぷらが皿の上にいくつもあった。一つつまんで食べる。半分ほど齧っても中から何も出てこない。衣だけを揚げた天ぷらのようだった。
 「オバー、玉子天ぷらって言ってたけど、中に何も入ってないよー」と言うと、
 「はっせ、何言ってるのあんたは、メリケン粉の中に玉子が入っているさー、分からんのねぇ?」と澄ました顔で言う。
 「えっ!」と驚いた。沖縄風天ぷらはヤマト風と違って、天ぷらの衣に生卵を加える。西洋料理のフリッターに近い、衣が厚く、食感がフワフワした天ぷらになる。だから、メリケン粉の中に玉子が入っているのは普通だ。オバーのは、天ぷらの種が無いから衣だけを揚げただけに過ぎないものだ。中身の無い天ぷらだ。全然、美味しくない。

  もう一つ、これも私の好物では無かったが、彼女はよくオーハンブシーを作った。オーハは葉野菜全般を指す。ウブシーは、イリチー、プットゥルーなどと同じく料理方法の名前、少量の水で材料に火を通す料理方法。蒸し煮するといった感じ。
 オバーのオーハンブシーは葉野菜に山東菜、シマナーなどを使い、少量の出汁の中に島豆腐をちぎり入れた味噌仕立て。見た目は具沢山の味噌汁。仕上げにアンダカシー(ラードを搾り取った残り、詳しく説明したいが、長くなるので別項で)を入れた。子供の頃なので、野菜が好きというわけではなく、豚の脂身は気持ち悪いという部類に入っていた。だから、オバーのオーハンブシーは好きではなかった。汁碗一杯で十分だった。

 玉子天ぷらといい、オーハンブシーといい、その他チャンプルーなどを含め、祖母の料理を私はあまり好きではなかった。美味しいとは思わなかった。おそらく彼女は、料理上手な人では無かったんだろうと思う。母に言わせると「オバーは昔から料理はあまりしなかったねぇ。遊び好きな人だったからねぇ・・・」とあっさり切り捨てる。子供には見えないところで、嫁姑の確執が我が家にもあったようだ。

 「メリケン粉の中に玉子を入れたぞ」と言いたくなるほどに、祖母が大事なものと扱った玉子、当時はおそらく高価だったのかもしれない。だが、今は安い。昨今、玉子の値段が高くなったとマスコミが煩い。1個10円が20円になったとしてもだ。1日1個食って、月に300円の違いしかない。300円がさほど騒ぐことか、と思うのだが。
 

 記:ガジ丸 2004.12.3 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒラヤーチー | トップ | アンダカシー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。