ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

嵐が過ぎて

2009年09月04日 | ガジ丸通信-社会・生活

 衆議院選挙は嵐だったと思う人は多かろう。当選した人、落選した人達だけでなく、一緒に戦った身内、支援者の人達、毎度ギャーギャー騒いでいるマスコミ、だけでなく、少なからずしがらみのある人達も「嵐だった」と感じているかもしれない。
 少なからずしがらみのある人達の中には、私が勤める会社の社長も含まれる。20年ほども前に引退した先代(社長の父親)の頃は、政治家とのしがらみはほとんど無かった。先代は職人であり、概ね技術で仕事を得ていた。現社長となってから、政治家のパーティーに借り出される(私は行かない)ようになり、期日前投票に行かされ(私は断る)、さらには、「○○候補にしてくれ」と頼まれたり(もちろん断る)する。
 少なからずしがらみのある人達の中には、友人のK子も含まれる。彼女の亭主の仕事がらみなんだと思うが、今回初めて「○○候補にして」電話がかかってきた。

 自分の時間を無償の選挙運動にたっぷり使い、社員や友人の自由意志まで侵害しようとする。○○候補との利害関係がどれほどあるのか、○○候補が当選したらどれだけ得するのか知らないが、しがらみに絡みつかれていたら不自由であろう。
 しがらみのほとんど無い私は自由である。社長やK子に頼まれたからといって、その候補者に入れたりはしない。見て、聞いて、自分の意志で決める。そして今回は、テレビの討論会などの情報を検討した結果、他の候補にも不満が多くあったので、選挙区については「適任者無し」とした。比例区は、訳あってここ何年も同じ党に入れており、今回もそうした。訳あっての訳、その党首が可愛くて、ずっとファンだから。

 私よりはるかにしがらみの無い男と先日ちょっと話をした。話をしたくてしたのではなく、我が家の墓へ行くと彼はほぼ常にそこにいて、私が来ると毎度話しかけてくるので、しょうがなく相手をしている。男は墓を住処としている自由人。
  沖縄ではお盆の前に墓掃除をするという風習がある。沖縄のお盆は旧暦で行われるので、今週火曜日がウンケー(お迎え)、昨日木曜日がウークイ(御送り)であった。お盆前の墓掃除は通常七夕(旧暦七月七日)に行われるが、その前後であればご先祖も許してくれるらしいので、先週土曜日に私は墓掃除へ出かけた。
 で、その日、「いないといいんだがなあ」と願いつつ墓へ行ったのだが、願いも虚しく、自由人はいた。私はけして彼が嫌いなのではない。彼のおしゃべりで時間を取られるのが嫌なのだ。他に話し相手がいないからなのか知らないが、彼は私をなかなか放そうとしない。年に2、3回しか来ない話し相手だ、放し難いのだろう。

 話題は概ね自由人の方から提供される。その日は、翌日の総選挙に絡んでの政治話が主となった。「自民党はダメだな、奢ってたんだな、惨敗だな。民主党になったからといって、そう期待もできないけどな。」と仰る。その後半部分に私も同意した。
 今までのままじゃ、どっちにしたって目糞鼻糞なのだ。政権交代によって、「よし、政治を真面目に考えて、真剣に取り組んで、次は俺達が政権を担えるよう頑張ろう。」となることを期待する。試練は大敗した自民党だけで無く、民主党をも襲っている。そして、その切磋琢磨が、国民、のみならず世界の幸福に大きく寄与するはず。たぶん。
          

 記:2009.9.4 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老頑 | トップ | 瓦版095 マジムンの夏休み »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。