ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ハブ酒

2011年04月04日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 下半身に効く

 ハブ酒、一般的には「はぶざけ」では無く、「はぶしゅ」と読む。沖縄で最も有名な動物であるハブ、おそらく、イリオモテヤマネコやヤンバルクイナやアグーよりも有名な、人を死に至らしめる猛毒を持つことで有名なハブ、それを漬けた泡盛のこと。
  ハブ酒と聞いて、「それ何?」と問うウチナーンチュの大人はいないと思う。名前はそれほど有名。であるが、一般的な飲み物であるかどうかについては、まったく一般的では無く、特殊な飲み物である。酒好きの私でさえ、記憶している限り、飲んだことは一度しか無い。若い頃だ。不味かったので、二度と飲むことは無かった。
 ハブ酒は不味いだけでなく、臭かった。ただ、飲んだのは2、30年前の話なのでどのように不味かったか、どのように臭かったかを説明できない。
 ハブ酒についての記載が『沖縄大百科事典』にある。その内容を要約すると、

 漬けるハブは600グラム以上のものが良い。
 生きたハブを水洗いして泡盛40度以上のものに漬ける。
 早くて1年、できたら3年漬けた方が良い。
 薬理効果はまだ十分に解明されていない。
 強壮剤としては古くから知られている。

 などとなっている。ハブを捕まえるのも大変だが、せっかくの泡盛を臭くて不味いものにわざわざ変えることが、酒好きの私には少々合点がいかない。
 強壮剤というならば、ニンニクやニラや山芋を食えばいいじゃないかと思う。焼きニンニク、ニラレバ、とろろなどを肴に美味い泡盛を飲んどきゃいいじゃないかと思う。そういう幸せな時間こそが生きる力になるじゃないかと思う。

 さて、私がどう思おうが、ハブ酒は存在する。しかも、けしてポピュラーでは無いが、一部の人気者として、その存在は昔から連綿と続いている。とうことは、もしかしたら強壮剤としての効果が抜群にあるのかもしれない。50過ぎたオジサンでも、あるいは70過ぎた爺さんでも、ハブ酒を一口飲めば、その夜は若者のような下半身に変身するのかもしれない。であれば、試してみたい。試す相手を見つけるのは極めて困難だが。
      
 記:ガジ丸 2010.4.29 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルルロッシ | トップ | ヒル酒 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。