ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

念願のライブ いとうたかお1

2007年02月23日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 高校生の頃に、「これはいいよ」と2枚のLPレコードを先輩が貸してくれた。聴いて、2枚共に感動した。高田渡の『系図』と友部正人の『にんじん』であった。それらはカセットテープにダビングして、以降、何度も聴くお気に入りの音楽となる。
 感動したのであれば普通、彼らの別の歌をもっと聴きたくなるはず。よくは覚えていないが、当時、高田渡も友部正人も他にアルバムがあったに違いない。でも、私はダビングしたテープを繰り返し聴くだけで、他のアルバムを買うことは無かった。当時パチンコ屋通いを趣味としていた私は、レコードに2000円を費やすなど思いも及ばなかったのである。2000円あれば、パチンコに使い、負けて、後悔する日々であった。
 大学生になって、友人が1枚のLPレコード貸してくれた。聴いて、感動した。レコードは”いとうたかお”のファーストアルバムであった。これもカセットテープにダビングして、以降、何度も聴く3つ目のお気に入り音楽となる。

 お気に入りベスト3のうち、友部正人のライブは、学生の頃に吉祥寺で何度か経験している。沖縄に帰ってからも、そのライブやコンサートに何度か出かけている。
 高田渡はずっと機会が無かったが、3年前やっと、その生歌を聴くことができた。沖縄でライブがあったのだ。亡くなる1年ほど前のことであった。
 いとうたかおもずっと機会が無かった。友部正人や高田渡は後年、そのCDを手に入れたが、いとうたかおはCDも無い。ダビングしたカセットテープは、何度も聴いたためにヨレヨレとなり、10年ほど前から聴けなくなっていた。CD、手に入れようと思えばできないことは無い。だけど、いつか旅先でそのライブに出会うことがあろう。その時に、その場でCDは買うことにしようと決めていた。

 そして先日、日曜日(2月18日)、ついに、念願のライブに出かける機会を得る。旅先では無く、沖縄のライブハウスで。最初に彼のレコードを聴いて、いつかライブを聴きに行こうと思ってから30年近くの月日が流れていた。
 模合(正当な理由のある飲み会)仲間のIさんと、Tを誘った。

  ライブハウスは”生活の柄”という名前。ちらしに、住所が栄町と書かれてあったが、栄町のどの辺りにあるかを知らなかった私は、近くにあるスーパーの前で、私が密かに愛人3号と呼んでいる美人妻Iさんと待ち合わせた。
 私の大好きないとうたかおだが、おそらく沖縄では知っている人は少なかろう。会場が混むということは無かろう。というわけで、待ち合わせ時間は開演の10分前、彼女がちょっと遅れ、店をちょっと探したせいもあって、着いた頃には開演時間となっていた。
 ところが、ライブの始まりそうな気配が無い。訊けば、開演は8時とのこと。「えっ、ちらしには確か開場6時、開演7時とあったぜ。勝手に予定変更かよ!」と私は心の中で文句を言うが、しょうがないので、そこで飲み食いし、時間を待つことにした。
 ビールを一口飲んで、壁に貼られているライブのちらしを見る。そこには、開場7時、開演8時とあった。バッグの中から、自分が持っていたちらしを出し、確認する。そこにもやはり、開場7時、開演8時とあった。30年近く待った念願のライブなので、私の気が早って、開場7時を開演7時と見間違ったようである。
 「勝手に予定変更かよ!」と文句を口に出さなくて良かった。 
          

 記:2007.2.20 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曲者の演出、長い散歩 | トップ | 腰は痛くても大満足 いとう... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。