ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

曲者の演出、長い散歩

2007年02月16日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 先週土曜日(2月10日)、大好きな桜坂劇場へ行った。映画『長い散歩』を観に。
 『長い散歩』は曲者が演出している。監督が曲者なのである。ちなみに、曲者は「まがりもの」では無い、「くせもの」と読む。時代劇の、ある屋敷の中で、そこの侍が急に立ち上がって、壁に掛けてある槍を取り、その槍で天井を突く。そして叫ぶ。「曲者じゃ、出会え、出会え!」と。その場合の曲者は概ね忍者であることが多い。
 念のため、曲者を広辞苑で引くと、
1、ひとくせある人物。変り者。変人。
2、異常な能力をそなえた人間。
3、妙手。やり手。
4、えたいの知れないもの。用心すべきもの。
5、ばけもの。怪物。
6、あやしい者。不審な者。
などとある。「監督が曲者」で私がイメージする曲者とは、「その男が画面に登場するだけで、何か良からぬ事が起こるんではないかと胸騒ぎがしてしまう。」ような俳優。上記の広辞苑の説明では、1~6までの全ての性格を持った人。

 曲者俳優というと、もうだいぶ前に他界しているが、岸田森なんかが思い浮かぶ。今も大活躍している岸部一徳や火野正平なんかも思い浮かぶ。そして、「その男が画面に登場するだけで、何か良からぬ事が起こるんではないかと胸騒ぎがしてしまう。」ような俳優に最も当て嵌まるのが、映画『長い散歩』を監督した奥田瑛二。
 桜坂劇場から毎月送られて来るスケジュール表に『長い散歩』が紹介されていて、その監督が奥田瑛二と知って、曲者が監督する映画だ、観に行かなくちゃと思った。桜坂劇場からはスケジュール表と一緒にその月、及び翌月上映される映画のチラシなども送られてくる。『長い散歩』のチラシもあった。映画を観る前にそのあらすじ、他人の感想などを私は読まないが、キャッチコピーと出演者くらいは見る。
 「人生は長い散歩。愛がなければ歩けない。」とある。徳川家康は人生を坂道に喩え、苦労して登るものだとしていたが、のんびり屋の私は、「長い散歩道をぶらぶら歩く」方に賛成する。そして、愛は必要である。愛されることもだが、愛することが特に。

  さて、曲者の映画は、「どーゆーこと?」と思うような場面がいくつも現れた。だが、曲者はそれらの説明を十分にしない。「どーゆーこと?」は、登場人物の仕草や表情から「なーんとなく」は読み取れるのだが、はっきりしない。だけど、はっきりしないことがモヤモヤとはならない。その場面の空気が余韻として残るみたいになった。演出が上手いのだと思う。役者の演技も良い。緒方拳は上手い俳優だと再認識もした。
 状況設定があんまり悲惨なので、この映画の空気はファーストフードみたいに手早く感じ取ることができる。しっかりとした味を持つ空気。そこはかとない味を好む私には、ちょっと濃過ぎる味ではあった。でもまあ、良い映画でした。

 後でチラシを読んで知ったことだが、奥田瑛二は、『長い散歩』が3本目の監督作品とのこと。残りの2本も観てみたいと思った。曲者は、なかなかの曲者みたいである。
          

 記:2007.2.16 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筋肉では無く脳の問題 | トップ | 念願のライブ いとうたかお1 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
沖縄の歌 (沖縄@情報ツアー)
沖縄を舞台にした歌って言ったらTHE BOOMの島歌が思いつきますね。島歌の作成秘話です。引用元:http://www.five-d.co.jp/boom/shimauta/THE BOOMが最初に沖縄を訪れたのは1990年です。はじめて沖縄音階を取り