ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヒージャー

2011年03月11日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 肉体労働者の好物

 家を建てる、その建築の途中、棟上の時にはヤマトゥ(倭の国)でも何らかのお祝いをすると思う。沖縄でもある。現代ではコンクリートの家が多いので、棟上のお祝いはスラブ打ちの時となる。大工さんたち工事に携わっている人々の他、親戚、友人知人らを呼んで、家の主が酒と料理を振る舞う。料理は、ヒージャー(山羊)丸ごと一匹。
  山羊一匹をつぶし、バラ肉の一部と睾丸を刺身にし、残りの全て(内臓も含めて)は煮て、汁物にする。ヒージャージルと言う。山羊の大きさにもよるが、一匹でどんぶり4、50杯分のヒージャー汁ができる。それだけの量ができる大きな鍋が各家庭にあるわけではない。山羊を養っている農家などから借りる。その大きな鍋にはシンメーナービという名前がついている。シンメーは、沖縄語辞典には無いが、たぶん、シン(千)メー(名)という意味。ナービは鍋で、シンメーナービは「千名分の鍋」となる。千名はもちろん、大きいということを象徴して言ったもので、実際の容積は50リットル前後。

 ヒージャーには目が無い、という人はいっぱいいて、ヒージャーの匂いを嗅ぎつけてやってくる。シンメーナービたっぷりのヒージャー汁は、ほとんど残らない。ヒージャーには目が無いという人には肉体労働者が多い。ヒージャーは滋養強壮の食物であり、夏、灼熱の太陽の下で肉体労働する人間には良い薬となるのだ。
  私のヒージャー初体験は高校生の頃、親戚の家の棟上祝いだった。驚いた。まったく雲子そのものの匂いがする。「人間の食い物では無い!」とまで思った。が、その後、何度か口にする機会があり、二十歳を過ぎた頃には平気になった。いまだに「旨い!」とまでは思わないが、普通に、豚汁を食うような感覚で食べている。
 初体験ではその臭さに閉口するが、2度、3度と試みるうちに、いつしかその臭さが癖となって好物になる。体に力を注入する必要のある肉体労働者の多くは、炎天下でもバテない体になるし、夜は女房に大サービスできるということで、大好物になってしまう。
 最近は棟上の祝いにヒージャーを振舞うということも少なくなり、慣習通りに一匹つぶしても多く余ってしまうようだ。ヒージャー大好き人口は減りつつある。
 
 
 ヒージャー
 山羊のこと。山羊汁、山羊刺しとして食す。正統派の山羊汁は匂いがキツイので、訓練が必要だが、山羊刺しはくせも少なく、初めての人でも何とか喉は通る。
 正統派と書いたのは、正統派でないものが最近は多いらしいから。じつは、数ヶ月前に安里駅の近くの山羊屋さんで山羊汁を食った。匂いが薄かった。観光客向けなのか、BSE対策なのか知らないが、中身を見ると内臓類が入ってなかった。旨さ半減だった。
 山羊汁には山羊の肉の他、血圧上昇抑えにフーチバー(よもぎ)、またはサクナ(ボタンボウフウ)等が入っている。正統派の山羊汁は、表面にたっぷりと脂が浮いている。その脂が血圧を上げるらしい。その脂はまた凝固点が高く、山羊を食べているときは水を飲んではいけない。胃の中で脂が固まり、激しい腹痛を起こすそうだ。アルコールの混じった水分ならいいとのことで、ウチナーンチュは、たいてい泡盛水割りを飲んでいる。

 記:ガジ丸 2004.10,1 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブタ | トップ | フーチバー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。