ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

フーチバー

2011年03月11日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 サギグスイ

 この時期(10月下旬)はもうそんなことは無いが、夏の間は暑さで、夜中何度も目を覚まし、朝は鳥や蝉の声がうるさくて早い時間に目が覚める。だいたい6月の梅雨明けから9月一杯まではそういう状態が続き、寝不足の日々を送っている。

 寝不足のせいかどうかは知らぬが、私の血圧は概ね、冬場は正常値だが夏場は高い。夏場の血圧は、医学の本によると「低高血圧症」という範囲に入る。ヒージャー汁を食ったり、飲みすぎたりなんかすると、「低高血圧症」という範囲を超えたりもする。
 10月に入って、さすがの沖縄も涼しくなった。これで例年なら、私の血圧も正常値に戻る頃となった。が、今年は台風の襲来数も異常だったが、私の血圧も異常である。寝不足では無いのだが、なかなか下がらない。ちょっと心配になって、先日、沖縄のとっておきのサギグスイ(下げ薬)を買って、食うことにした。サギグスイはフーチバー。

  フーチバーとはヨモギのこと。あの野原に生えているヨモギ。それを一束、茹でて、ポン酢をかけてガシガシ食う。翌日、見事に血圧は下がり、正常値となっていた。恐るべき薬効。食べても美味しいし(本土のヨモギとは種が違うらしい。なお、植物としてのヨモギの話は沖縄の草木で述べる)、ゴーヤー、スヌイ(モズク)、シークヮーサーの次に来る沖縄の健康食は、フーチバーに間違いない!と思ったのだ。
 と、ここまで書いて、ウチナームン(沖縄物)を良く知っているに同僚に「サギグスイって血圧を下げる薬って意味だよね」と確認すると、「サギグスイは便秘の時の薬さあ。お腹の物を下すって意味さあ」という答えだった。で、さらに本で確認する。サギグスイは、体の老廃物を外に出す薬と書いてある。便秘もお腹に老廃物が溜まっているということなので、同僚の答えは当たっていた。ただし、フーチバーの効能は、高血圧に効くとあるので、上記の文の内容、全体的にはほぼ正しい。ので、訂正しない。

 フーチバーは、フーチバージューシ(雑炊)としてよく知られているが、味噌汁に入れても美味しい。本土のヨモギほどでは無いが少し癖があるので、肉や魚などと合わせた方が良い。牛汁、魚汁などに入れると肉や魚の匂い消しとなるばかりか、フーチバーそのものの癖も肉や魚に奪われて軽くなる。特に、匂いの強いヒージャー汁には欠かせない。すき焼きにも、春菊の替わりに私は入れる。とーっても美味しいと、私は思う。また、天ぷらでもいける。沖縄でフーチバーは野菜、どこのスーパーでも売られている。
 なお、沖縄語辞典によると、サギグスイはのぼせを押さえる薬とある。
 

 記:2004.10.29 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒージャー | トップ | イカ墨汁 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。