ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

スパゲティー

2011年03月28日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 喫茶店の定番

 私が初めて喫茶店に行ったのは、記憶は確かでは無いが、たぶん、小学校の4年から6年生の頃だと思う。このHPにたびたび出てくる別荘持ちの従姉に連れて行って貰ったと思う。私が小学校4、5年生なら彼女はまだ高校生である。その頃、彼女に海水浴に連れて行って貰ったことは良く覚えている。恩納村にあるムーンビーチに、彼女の友人たちと一緒であった。水着姿の女子高生と一緒に泳いだのであるが、あいにく、その頃の私は年上の女に興味が無かったので、彼女達がセクシーだったかどうかは全く記憶に無い。

 まだアメリカ軍統治下にあった沖縄で、女子高生たちは元気だった。アメリカ文化は街に溢れていた。彼女達はコーラを飲み、ピザを食い、ハンバーガーなどをほおばった。アメリカ軍統治下にあった沖縄だが、しかし、街の文化の大方は日本である。日本と同じく不二家のパーラーがあり、日本のどこにでもあるような喫茶店があった。元気な女子高生達はパーラーでソフトクリームを食い、喫茶店で珈琲を飲んだ。

 そんな元気な女子高生たちに喫茶店へ連れて行かれた少年が、「これは美味い。」と思い、以後、大好きになった食い物がある。スパゲティーである。スパゲティーは今でも好きで、麺類の中では蕎麦の次に好みのものとなっている。
  ということで、喫茶店の食い物というと、サンドイッチを思い浮かべる人が多いかもしれないが、私はスパゲッティーとなる。そして、喫茶店のスパゲティーというと、当時は定番があった。定番は2種類あった。どこの喫茶店に行ってもたいていその2種類がおいてあり、その2種類以外のスパゲティーにお目にかかることは無かった。
 2種類とはスパゲティーミートソースとスパゲティーナポリタン。私は中でもミートソースが好みであった。麺そのものも美味しかったし、ソースも美味かった。粉チーズも好きだったし、タバスコも大好きだった。お陰で、スパゲティー好き少年となった。

 従姉の子供達が小学生から中学生の頃、よく彼らを映画に連れて行った。映画の帰りには喫茶店に寄ったりした。20年ほども前の話だが、その頃になるとボンゴレとかバジリコとかいう名前のスパゲティーが現れた。私はそれらも好きになった。
 オジサンはデートすることも滅多に無いので、喫茶店に行くことは、今ではもう、2、3年に1回あるかどうかとなっている。2、3年に1回の喫茶店も、そこで食事することは無い。というわけで、喫茶店のスパゲティーを20年近く、私は食っていない。
 金曜日の職場の2階が喫茶店となっていて、そこには毎週顔を出しているが、そこでも何か食べるということは無いので、今時の喫茶店にもスパゲティーミートソースやナポリタンがあるのかどうか不明であるが、まあ、あったとしても食べない。
 スパゲティーはいつも自分で茹でて、自分好みのソースをかけて、家で食べている。ゴーヤースパゲティーやシマラッキョウスパゲティーを作り、生トマトでトマトソース、生バジルでバジルソースなども作ったりしている。 
 

 記:ガジ丸 2008.6.1 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グーヤーヌジー | トップ | ウンチェーバー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。