ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

グーヤーヌジー

2011年03月28日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 豚の安い部位

 スーパーへ行って精肉のコーナーへ行く。牛肉にはロース、フィレ、モモ、バラなどがあり、鶏肉にはササミ、ムネ、モモ、手羽などがある。これらは倭国でも同じ名前で並んでいる。ところが、豚肉となると、和国と同じロース、フィレ、バラの他に、三枚肉、ソーキ、テビチなどといった倭国ではあまり見ない名前が並んでいる。
 三枚肉は倭国でも見かけることがあり、その名前からだいたい何物か想像もできよう。ソーキ、テビチは沖縄にちょっと興味のある人なら知っているであろう。だが、沖縄のどのスーパーへ行ってもたいてい置いてあるグーヤーヌジーという名前の豚肉は、沖縄にすごく興味のある倭国人で無ければ、「何?それ。」かもしれない。
 倭国人だけでは無い。ウチナーンチュでもそれが何を指すのか分らない人は多い。かく言う私も最近まで知らなかった。何年も前からよく見ているし、よく買っているし、よく食べてもいるのに、それが豚のどの部位なのか知らなかった。

  グーヤーヌジー、スーパーではウデ肉とあるが、念のため『沖縄語辞典』を引く。グーヤーヌジーという単語は無くて、グーヤーがあった。「豚の尻の骨と肉」とあった。どうやらウデ肉では無いようだ。ヌは格助詞の「の」で、ジーは「骨の髄」となっている。なので、グーヤーヌジーは「豚の尻の骨と肉の髄」ということになる。肉に髄は無いのでおそらく、「豚の尻の骨と肉とその骨の髄」ということであろう。
 しかし、スーパーで売られているグーヤーヌジーは「豚の尻の骨と肉とその骨の髄」からは遠い。スーパーの表示通りのウデ肉の方が見た目納得できる。グーヤーヌジーの表すものが「豚の尻の骨と肉とその骨の髄」から、「豚の尻の肉」だけをも指すようになり、ウデ肉がそれに似ている(かどうか不明)ということから、いつしかウデ肉のこともグーヤヌジーと言うようになったのかもしれない。グーヤーヌジーは脂身が少なくヘルシーな感じがする。値段も安いので、私は汁物、煮物用に時々買っている。
 
 4月のある日、毎年春の楽しみとしているタケノコを食った。皮付き丸ごとのタケノコを買って、糠でちゃんとアク抜きして食った。とても美味しかった。それはさておき、その時の糠が残っていたので、グーヤヌジーの糠包み焼きを作ろうと思いついた。
  同じ頃、ガジ丸HPの『沖縄の草木』でバショウを紹介しようと調べていたら、昔、テレビか何かで見た「バショウの葉で豚肉を包んで、それを焚き火の灰の中に突っ込んで蒸し焼きにするという料理」を思い出した。バショウでは無くバナナの葉だったかもしれないが、まあ、両者はほとんど同じようなものである。職場にバショウがある。
 タケノコを食ってから1週間後、グーヤーヌジーを買い、職場のバショウの葉を1枚切り取って、家に持ち帰り、グーヤーヌジーを糠で包んで、その上からバショウの葉で包んだ。ダッチオーブンを出すのは面倒だったので、蒸し器で蒸した。
 バショウの葉の匂いはほとんど無かったが、米の匂いはした。バショウよりも米糠の方の匂いが強かったということなのだろう。肉に直接触れているのは糠なので、その匂いが強かったのかもしれない。とりあえず、美味しかった。
 
 
 
 
 
 
 
 記:ガジ丸 2008.4.22 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タマナーチャンプルー | トップ | スパゲティー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。