ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウンチェーバー

2011年03月28日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

  夏の葉野菜

 このHPにたびたび登場する従姉のMは茶道の心得がある。茶道というと、わびさび、もてなし、一期一会などの言葉が思い浮かぶ。そこからまた、謙虚とかつつましさという言葉も連想する。従姉のMがつつましいかどうかは・・・言わないでおく。
 Mの義母は90歳になる。子供4人を抱えて沖縄戦を生き抜き、戦後の混乱を乗り越えてきた気丈な人である。彼女はまた、茶道の心得は無いが、つつましい人でもある。足腰はさすがに弱っていて、今はもうやっていないみたいだが、数年前までは自宅の庭の一角に設けた畑で野菜作りをしていた。「体の動く間は働く」ということだ。これに、生き るということに対するつつましさを感じる。生かされているという思いなのだと思う。

 もう10年ほども前の話になるが、Mの義母の家を訪ねた時、「今、畑から採れたものを料理したから食べていきなさい。」と一皿勧められた。「息子(従姉の亭主)の好物さあ。」とのこと。葉野菜の炒め物だった。ぬるっとした感触があり、美味しかった。「何ですか、これ?」と尋ねると、「ウンチェーバーさあ。」とのことであった。

 ウンチェーバー炒め、「美味しい」とは思ったが、 「とても美味しい」とまではいかなかったので、好物が数限りなくある私にしてみれば、「ぜひもう1度食べたいもの」にはならなくて、その後、食べる機会は無かった。それが数年前、ある飲み屋さんでウンチェーバー炒めを発見する。その店は沖縄料理を肴に出していて、ハンダマ(スイゼンジナ)やイーチョーバー(ウイキョウ)などの、他の店ではあまり見かけない野菜の料理も多くあった。で、さっそく、ウンチェーバー炒めを注文して、食べた。
 ウンチェーバー炒めには沖縄の伝統的料理法があって、味付けがほとんど同じなのだろう、10年ほど前に食べたウンチェーバー炒めの味が蘇っ た。「美味しい」と思った。しかし、再び「とても美味しい」とはならなかったので、料理法は訊かなかった。

 それから5年程が経った今年、脱サラ農夫Tの店でウンチェーバーを1束購入した。先月(7月)のことである。料理法は知らないが、挑戦する。1束は大きな1束で、頑張って食べても1食につき3分の1であろうと判断し、料理も3回に分けた。
 チンゲンサイやコマツナなどを油炒めにすることはよくあるので、それらと同じ料理法とする。チンゲンサイやコマツナもそうだが、ウンチェーバーは特に葉の部分と茎の部分の硬さが違う。で、1回目は、茎の部分を下茹でして、その後に葉の部分と共にごま油で炒めた。味付けは塩コショウに醤油が少々。結果、茎の部分にえぐみがあって、Mの義母のもの、飲み屋のもののように美味しくは無かった。味付けも違うようであった。
  2回目の挑戦の前に、友人の主婦E子に料理法を訊いた。「茎の部分は縦に細く切ってから炒める、下茹では要らない。」とのこと。で、その通りにやる。味付けは前と同じにする。結果、茎の部分の違和感は消えたが、まだ美味しくない。
 3回目は、私の料理の才能に頼ることにした。「茎の部分を縦に細く切る」はE子の助言通りとし、味付けを変えた。すき焼き風にすることとした。私の想像では、伝統的味付けとは異なるが、美味しく仕上がるのは間違いない。で、豚肉や豆腐も加える。結果、Mの義母のもの、飲み屋のものとは違ったが、それなりに美味しかった。
 
 
 
 
 
 記:ガジ丸 2008.8.2 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スパゲティー | トップ | ココナッツ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。