ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

人事を尽くさず天罰を受く

2012年09月21日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 沖縄島最接近時には910ヘクトパスカルに達すると予想され、「強さも大きさも過去最大級の台風です、最大級の台風対策をお願いします」とラジオも言っていた台風15号は、最大瞬間風速70mの予報が40m程度に留まり、被害は少なかった。
 「今年は台風の当たり年」と15号の話で前にも書いたが、15号が沖縄島を襲ったのは8月26日、それから3週間が経った9月15~16日にもまた、沖縄島は台風に襲われた。台風16号だ、16号は何と15号を超える勢力、905ヘクトパスカルで最大瞬間風速は75mと予想された。5泊6日の「宮古諸島巡りオヤジ二人旅」から沖縄へ帰ると台風接近中となっていた。沖縄に着いたのは9月14日の4時頃、家に着いたのは5時頃、すぐに宜野湾の畑、金曜日の職場を回って台風対策をする。
 翌日15日、西原の畑へ行き、作成途中で強度がまだ十分でない畑小屋を補強した。板を打ち付けたり、重しを乗せたりなどの補強。

 『人事を尽くして天命を待つ』は「人間として出来るかぎりのことをして、その上は天命に任せて心を労しない。」(広辞苑)のことだが、台風対策で言えば、出来るかぎりの補強をして、あとは「なるようになるさ」と平然としていれば良いとなる。
 畑小屋の補強を終えて、私は確かに、「なるようになるさ」と平然としていた。しかしながら、畑小屋の補強に「人事を尽くした」とは言えなかった。

  畑小屋の左側の柱、中央の柱、右側の柱それぞれの前後にアンカーを設けている。前の柱の手前アンカーから屋根を回して後ろの柱後方のアンカーまでロープを張り、小屋が風圧で浮き上がるのを防ぐためのアンカーだ。台風15号の際に、中央の柱のアンカーにはロープをかけた。その時の小屋はまだ壁板を貼っておらず、受ける風圧もそう強くは無いと予想し、補強ロープも中央の1本で十分と判断した。
 ところが、台風16号がやってくる時の畑小屋は多くの壁板が貼られている。暴風の風圧を強く受けると予想された。畑小屋に板を打ち付けたり、重しを乗せたりの補強をした後、「これで大丈夫かなぁ、不安だなぁ」と思い、右側、左側の柱にもロープをかけようかという考えが頭をよぎった。ロープを買いに行って、2ヶ所にロープをかけ終えるまでには1時間以上かかる。「面倒だなぁ、よし、後は運を天に任せよう」と、人事を尽くさぬまま天命を待つことにし、私は実家の台風対策に向かったのであった。

  台風16号が通り過ぎたのは17日のお昼前、さっそく畑小屋を見に行った。「グワーン」と頭の中で鐘が鳴った。畑小屋の被害は大きかった。右側の柱2本が10センチほど浮き上がっている。そのため、小屋がやや傾いてしまった。これを直すには、柱を埋め込む穴5個所を全て掘り直し、柱を再設置しなければならなかった。
 また、基礎ブロック上に乗せている部分も数センチ浮き上がり、全体が後方に8センチほどずれてしまった。そのため、後方が基礎ブロックからずり落ち、その衝撃で基礎ブロックの4枚が浮いてしまった。これを直すには、小屋を持ち上げ、基礎ブロックを設置し直し、全体を手前にずらさなければならなかった。大仕事となってしまった。
 今朝のニュースで「台風17号が発生」とあった。今度は人事を尽くすつもり。
          
          

 記:2012.9.21 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャッサバ芋 | トップ | 煮付け »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。