ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アシビロヘリカメムシ

2014年04月18日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 ニガウリを齧った真犯人

 昨年(2013年)11月のガジ丸通信『化学兵器禁止畑』に「食害されるゴーヤー」というタイトルの写真を載せた。生で齧ると人間の子供も嫌がる苦いゴーヤーがいくつも齧られているのを見て「何たること!」と写真を撮ったのだが、その説明文には「蓼喰う虫も好き好きというが、苦いゴーヤーを齧る虫もいる。しかも生で。現行犯を見てはいないが、その齧り跡から見てたぶんカタツムリだと思う。」と私は書いた。
  今回紹介するアシビロヘリカメムシを調べると、「ニガウリの果実を食害する」と文献にあり、「えっ!蓼食う虫はカタツムリだけでは無かったのか?・・・いや、そもそもカタツムリがゴーヤーを齧っているというのは確かか?お前実際に見たのか?」と自問し、「いや、見てはいないが、近くにカタツムリは多くいた。」と答え、「現行犯では無いじゃないか、資料を調べたのか?」とさらに自問し、「だよな、ちゃんと調べないといけないよな、近くにいたから犯人だなんて無茶な断定だよな」と答え、そして、調べた。
 私が参考にしている文献には「カタツムリはゴーヤーを食害する」なんていう記述は無かった。どうも私は、カタツムリを冤罪に陥れていたようだ。

  ニガウリを齧った真犯人、これもまだ犯行現場を目撃したわけではないのだが、いくつもの文献に記載があった。「アシビロヘリカメムシはゴーヤーを食害する」と。
 私の畑でアシビロヘリカメムシを2度見ている。1度目は去年の5月、畑のゴーヤーは既に実を着け、食べるに十分の大きさになっていた。ただ、彼はそのゴーヤーにはいなくて、近くにあった雑草のイヌホオズキの葉の上にいた。
 ゴーヤーの近くの草の下にうずくまっているカタツムリを疑い、ゴーヤーの近くの草の葉の上で何食わぬ顔(かどうか?)しているアシビロヘリカメムシに私は何の疑いも持たなかった。冤罪で死刑になりかけた人のことも思い、反省した。

 
 アシビロヘリカメムシ(脚広縁亀虫) :半翅目の昆虫
 ヘリカメムシ科の昆虫 琉球列島、東南アジアなどに分布 方言名:フー
 名前の由来、参考文献に詳述は無いが、『沖縄昆虫野外活用図鑑』に「後ろ脚のすねは木の葉状に広がっている」とあり、そこからアシビロ(脚広)であろう。ヘリは体の側面の縁が出ているカメムシの仲間の総称で、ヘリカメムシ科に分類される。カメムシについては別の項でも書いたが、頭部の突き出た形がカメに似ていることから。別名のヘッピリムシは「触れると臭腺から猛烈な悪臭を出す」(広辞苑)ことから。
 体長は20ミリ内外、名の由来となっている後ろ脚に特徴があり、そのすねが木の葉状に広がっている。体は黒褐色に黒色の点刻があり、触角は黒色と黄色の縞模様。
 生息場所は畑地や集落などで、幼虫は群れで生活する。成虫は主に単独だが、時には群れることもある。寄主はウリ類、ミカン類で、ニガウリの果実に群がって食害する。
 『沖縄昆虫野外活用図鑑』に「雄間の闘争は特異で、逆向きになって後脚で蹴り合いをする」とあったが、それは見てみたい。出現は5~6月、8~11月。
 
 2014年

 記:2014.4.15 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 積年の成果 | トップ | ホントに金が足りないの? »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。