ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

沖縄焼きそば

2011年03月20日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 焼いても美味しい

 私は月に3、4回しかパンを食わないが、パン食が1年間続いても、その間、米が食えなくても平気である。パンは、私の感性では十分に米の代わりを果たしてくれる。
 私は月に10回ほど麺類を食うが、麺類はしかし、米を1年間ずっと我慢して主食にはできない。麺類は米やパンほど、胃袋にとって普通食ではないようである。
 麺類はでも、毎日3食出されるので無ければ、とても美味しいと思う。「沖縄ソバ」の頁でも書いたが、私は麺の中でも蕎麦は大好き。蕎麦は朝でも昼でも夜でも良し。酒の肴にもなる。その次にはウドン、ソーメン、スパゲッティーとくる。

 ウチナーンチュでありながら私は、沖縄ソバを、麺類の中ではさほど旨いものとは思っていない。しかし、焼きソバになると話は別である。そう頻繁には食わないが、まあ、年に5、6回ほどしか作らないが、沖縄ソバで作った焼きソバはとても旨いと思う。
 焼きソバといえば屋台のソース味の焼きソバを、倭人のほとんどは、そして、ウチナーンチュの若者の多くは思い浮かべるであろうが、私と同じくらいの年代、中年のウチナーンチュにとっての焼きソバは、沖縄ソバを使った焼きソバが焼きソバである。屋台のよりも、あるいはUFOよりも先に沖縄ソバの焼きソバが目に浮かぶ。
 中学、高校の頃、学校近くの食堂にあった焼きソバは、倭人は驚くかもしれないが、ケチャップ味の焼きソバが多かった。当時(今でもあるか)、喫茶店のメニューの定番であったスパゲッティーナポリタンの真似である。私はどちらかというとしょうゆ味が好みであったが、ソース味もケチャップ味も、昔も今も私には、何の違和感も無い。

  ケチャップ味の焼きソバがあるということは、じつは、沖縄ソバを焼きソバにして食うという習慣が、それまで(米軍が進駐して、アメリカ文化を伝えるまで)おそらく無かったのであろう。つまり、沖縄焼きソバは沖縄の伝統食では無い。しかしながら、沖縄の、どこのスーパーでも必ず多種類、多量に置いてある沖縄ソバの生麺は、焼きソバに調理するのに向いていると私は思う。どれもが茹でられた後、油が絡まされている。麺同士がくっつかないようにということである。その油が、フライパンで炒める時に有効に働く。カリッとした歯触りの焼きソバができ、また、汁気を少し加えれば、ふんわりした歯触りにも仕上げることができる。私は好きである沖縄ソバの焼きソバだが、しかし、あまりメジャーでは無い。どうも、私の舌は、一般的ではないようだ。
 

 記:ガジ丸 2005.10.7 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄そば | トップ | 沖縄産日本酒 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。