ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ゴーヤーチャンプルー

2011年03月18日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 夏の暑さにも負けぬ

 雨(豪雨除く)にも風(台風除く)にも負けないウチナーンチュは、降った試しの無い雪にも当然、負けたことは無い。が、夏の暑さは、あまりにも厳しいので、勝てないんじゃないの?負けてもいいんじゃないの?戦わない方がいいんじゃないの?などという対応になってしまう。宮沢賢二の境地にはなれない。
 脱サラ農夫の友人Tによれば、ハルサー(ハル=畑、サー=する人。農民のこと。ハルアッチャー(歩く人)とも言う)は、夏の暑い日には朝早く畑へ出掛け、昼前には戻り、しばらく昼寝などして、夕方からまた畑へ出掛け、作業するらしい。ガンガン照り付けるギラギラ太陽とは戦わないのだ。私は午前中で終わる。

 暑さを避けるということは、日射病になるのを防ぎ、健康を維持するという意味でも大事。朝夕の比較的涼しい時間に作業を行えば能率も上がる。健康的で合理的なのである。スペイン(その他のラテン系の国も)にもシエスタ(siesta)なんていう良い習慣(昼食後に十分な昼寝をする)がある。しかしながら、聞いた話ではその良い習慣、現代ではいくらか廃れているらしい。復活させた方が良いですぜアミーゴ。
 そんな良い習慣は沖縄でも、少なくとも(一部の)農夫以外の生活ではもはや見ることができない。生活が本土化されて久しい今では、昼休みに3時間、4時間なんて取っていたら落伍者となってしまう。人生は競争なのである。社会は戦場なのである。
 灼熱の太陽がギラギラしている真夏、内勤の多いサラリーマンは、クーラーの効いた部屋の中で過ごせるからまだいいが、外働きの肉体労働者は命懸けの仕事となる。太陽の下で穴掘り作業などといった重労働をしていると、30分ほどでシャツもズボンもパンツも汗でびっしょり濡れる。体は干からびる。ゴミ拾いなどの軽作業でさえ、太陽に背を向けてやっていると、胸や腹からは汗が流れ出し、着ている服の胸や腹は濡れる。逆に、服の背中側は乾く。ギラギラの太陽が背中にアイロン掛けをやってくれているからだ。襟元から腰までたっぷりとアイロンをかけられ、体が干からびる。

  さて、そんな肉体労働者の大きな味方は、何と言ってもビール。仕事が終わって、一風呂浴びて、ジョッキに注いだビールをゴクゴクやる快感は何より勝る。その次には泡盛の水割り。喉の渇きが落ち着いた後に、ゆっくり味わう泡盛もまた格別。そして、夏、肉体労働で疲れた体を癒してくれる上等の野菜がある。これがまた都合良く、夏が旬ときている。その野菜とは、今や全国的に有名になったゴーヤー、倭語でばニガウリ。
 酒の肴には生ゴーヤーの酢の物なども良いが、何と言ってもゴーヤー料理の王道はゴーヤーチャンプルー。これには、豆腐、肉なども入っていて、栄養学的に言っても満点の料理。酒の肴にも相性抜群。しかし、ゴーヤーチャンプルーの最も美味しい環境と条件は、夏の日の、肉体労働の最中の昼休みに食うことだ。どんなに悪条件でもゴーヤーチャンプルーがあれば食欲が湧く。午後からの仕事へ向かうエネルギーとなってくれる。ウチナーンチュの肉体労働者が、夏の暑さにも負けぬ丈夫な体でいられるのは、ゴーヤーチャンプルーのお陰であるといっても言い過ぎでは無い、と私は思う。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 記:ガジ丸 2005.6.10 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーブン焼き | トップ | オキナワモズク »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。