ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オーブン焼き

2011年03月18日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 パンを焼くより

 今のアパートは、入居した当時から、既に築30年は経っているだろうと思われるボロアパートであった。住み始めてから11年半になるが、そのボロ具合はさらに進み、部屋にはカビが増え、埃がたまり、汚れが染み付き、流しの排水溝から水漏れがし、台所の床はところどころボコボコになって抜け落ちそうになり、換気口にはスズメが住みつき、もはや換気の役には立たなくなってしまっている。そして、そこに住むオジサンもまたさらにオジサン具合が進み、白髪が増え、皺が増え、小便の切れが悪くなり、けがの治りが遅くなり、物忘れが多くなり、肩凝りに悩まされ、老眼にもなってしまった。家も人間もただただ歳とっていく。ただただ、草臥れていくのみだ。

 家も人間も、草臥れてはいるが、まだモノそのものは同じモノ。ところが、生活道具は2代目、3代目に替わったものが多い。テレビ、ビデオデッキ、洗濯機、冷蔵庫、CDデッキ、炊飯器、ガスコンロ等々は2代目、扇風機にいたっては4代目となっている。相当草臥れてはいるが、オーブントースターもまた2代目、買って5年以上になる。
  パン食は平均して月に4、5日ほどある。買ったその日はそのまま食うが、翌日からのパンはたいていトーストしている。しかし、おそらくそのトーストしたパン、多くの人が食べる気はしないであろう。よくもまあこんな汚いトースターでパンを焼いているもんだと驚くくらい、私のトースターは汚いのだ。買ってから一度も洗ったことが無いだけでなく、このトースター、パンを焼くことよりも遥かに、野菜や魚を焼く機会が多いからだ。魚から脂が落ちる。それを洗わない。だから、ひどく汚れている。

 トースターで焼く野菜はたいてい決まっている。 今の時期、畑からシマラッキョウが収穫でき、焼きシマラッキョウをトースターで作って、酒の肴にしている。これが旨いのなんのって。・・・畑には無いが、今、私の大好きな旬の食材がスーパーに並んでいる。ソラマメ。莢から取り出し、アルミホイルの上に並べ、これもまたトースターで焼きソラマメにし、酒の肴とする。これがまた旨いのなんのって・・・。
 朝飯に目刺を焼いたオーブントースターで、昼飯にパンをトーストする。パンに目刺の匂いが移る。これはしかし、私も「これがまた旨いのなんのって」とは思わない。が、不味くも無い。ちょっと癖のあるパンだと思えば、珍しい食い物を食っているんだという満足感は得られる。・・・満足感というほどの満足では無いけど。
      
      
 記:ガジ丸 2005.5.24 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒砂糖 | トップ | ゴーヤーチャンプルー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。