ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

タイワンエンマコオロギ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-直翅目(バッタ他)

 目糞、鼻糞と笑う

 コオロギとは、コオロギの仲間の総称で、エンマコオロギとかタンボコオロギとかカマドコオロギとか(他にもたくさんいるが省略)などをひっくるめてコオロギと言っているようだ。ただ、「そのコオロギ、何ていうの?」と訊かれたら、和名には上記のようにいろいろと名前がつけられている。「コオロギはコオロギさあ」なんてことは無い。
 コオロギのことをウチナーグチ(沖縄口)ではカマジェーというらしい。今回調べて、そのことを私は初めて知った。これまでの人生の中で私は幾度もコオロギに会っているが、ウチナーグチの達者な私の周りの大人たち(両親、祖父母など)は、コオロギに興味が無かったのか、カマジェーなどという言葉は一度も発しなかった。

  ウチナーグチのカマジェーもコオロギの仲間を総称している。カマジェーは、カマ(かまど)のそばにいるシェー(バッタ)と沖縄語辞典にある。沖縄のコオロギは野原にも畑にも多くいるが、カマドの傍でもっぱら見かけられたのだろう。似たような虫を野原や畑で見かけても同じくカマジェーとしたのだろう。色が黒いとか白いとか、体が大きいとか小さいとか、鳴き声が違うとかなんてたいした問題では無く、だいたい同じであれば同じでいいのである。「この茶色くて小さい虫、何て言うの?」と子供に訊かれても、「この黒くて大きい虫は何て言うの?」と訊かれても、どちらも「コオロギさあ」でいいのである。細かい分類は学問の世界だけで済ましときゃあいいのである。

 昆虫学者では無い一般人にとっては、コオロギの種による細かい違いなんて目糞、鼻糞みたいなもの。世界の平和を望まない特殊な人以外の一般人にとっては、人種の違いなんてのもまた、目糞、鼻糞みたいなもの。ましてや、隣国の人と私とにいかほどの違いがあるだろうか。天から見ればほとんど同じモノであろう。文化的に経済的に深く関わり、個人の交流も盛んになれば皆がそれに気付く。そしておそらく、そういう日は近いうちにやって来るだろう。その時には、目糞も鼻糞も一緒になって、きっと笑っている。

 
 タイワンエンマコオロギ(台湾閻魔蟋蟀):直翅目の昆虫
 コオロギ科 三重県以南、南西諸島、東南アジアなどに分布 方言名:カマジェー
 『虫の名前辞典』に「顔が閻魔大王に見えることから」と名前の由来があった。それが確かかどうか、その顔をマジマジと見たことが無いので、私には不明。タイワンは台湾のことで、「南方の」という意味を持つ。別名リュウキュウコオロギ。
 体長、雄23~26ミリ、雌25~29ミリもある大型のコオロギ。民家の近くでも、山地でも普通に見かける。公園の芝地や畑で私はよく見ている。暖かい沖縄では冬眠するような虫はほとんどいないと思われ、コオロギも周年活動しているようだ。
 エンマコオロギは「畑に多く、豆・アワ・タバコ・ワタなどを食害」(広辞苑)とのことだが、本種は雑食性で、動物質のものを好むとのこと。なお、バッタ目はバッタ亜目とキリギリス亜目の2つに大きく分かれ、コオロギはキリギリス亜目に含まれる。

 記:ガジ丸 2005.4.24 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイワンクツワムシ | トップ | オキナワモリバッタ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。