ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

劣悪コンクリート

2011年01月07日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 高校卒業後、一年間浪人して翌年の春、大学受験のために上京した。沖縄島を離れたのは高校の頃、近くの慶良間諸島、ちょっと離れた久米島などへ行っているが、沖縄県を離れたのはこの時が初めて。飛行機に乗るのも初めてのことであった。
 それまで、テレビや映画で、映像としては見ているが、生では初めてのものをいくつか目にし、感動したのを覚えている。最初に上空から見る沖縄の海、そして眼下の雲海、それから、飛行機が羽田へ向かって降下していく時に見えた倭国の建物。
 映画『ゴジラ』でゴジラが、テレビ『ウルトラマン』で怪獣達が、蹴散らし、踏み潰していくおもちゃのような建物がそこにあった。怪獣に踏まれてベチャっと潰れる建物がそこにあった。「あー、あれは、それほど大げさではなかったんだ。」と納得する。
 沖縄の建物はコンクリート造りが多い。私が『ウルトラマン』を観ていた小学校の頃でも多くがそうであった。コンクリートは、いくら怪獣が踏んづけたとしても、ガラガラ、ボロボロと崩れ落ちるだけで、ベッチャとはなるまい。なので、怪獣達によって建物がベチャっとなるシーン、沖縄の少年にはなかなか想像しにくいのであった。

  私が小学校1年までは、我が家はトタン屋根の木造、しかも借家、それも我が家代々の土地から離れた場所にあった。が、私が2年になった頃、道楽者の祖父から家長の座を譲り受けた働き者の父は、コンクリートブロック造りの家を、我が家代々の土地にあたる今の場所に新築した。さほど大きくは無いが、2階建ての、まあまあ立派な家。
 その頃、父はまだ三十歳を過ぎたばかり。働かない両親と、働かない子供3人をコンクリートの家に住まわせ、養った。もちろん、母の力はさらに大きい。職業婦人として忙しく働いて家計を助け、その上、両親、夫、子供の面倒をみた。
  そうやって夫婦二人、奮闘努力して建てたコンクリート造りマイホームはしかし、建ててからすぐ(1年後か2年後か、はっきり覚えていないが)に雨漏りがした。
 2階は半分が室内で、半分はベランダとなっている。大雨が降ると、そのベランダのコンクリートの床から水が漏れ、1階に滴り落ちた。
 コンクリートから水が漏れるのは、コンクリートの質が悪い、コンクリートを施工する際の業者の腕が未熟だった、などの原因が考えられるが、父と母の努力の結晶であるその家も、20年持たずして建替えられたので、今となっては調べようも無 い。

 1972年に沖縄が祖国(倭国が琉球の祖国かどうかについては異論もあるが、一般的にはそう思われている)復帰して、1975年には一大イベントである沖縄海洋博覧会が開催された。その頃、海洋博をあてこんで(ホテルなど)沖縄は建設ラッシュとなった。ちゃんと調べてはいないので確かなことは言えないが、噂では、その頃建てられた個人のコンクリート造り建物はコンクリートの質が劣悪とのことである。
 建設ラッシュで、コンクリートの原料の一つである砂が間に合わない。で、海砂を、洗わずにそのまま用いたらしい。コンクリートに塩分が含まれていると鉄筋が錆びる。鉄筋は錆びると太る。太ると周りのコンクリートが割れる。終いには、崩れ落ちる。
 劣悪コンクリートを用いたらしい建物は、今でも見かける。何しろ、築40年ほどは経っていると思われる、私の現在の住まいであるアパートがそうである。
     
     
     

 記:ガジ丸 2009.2.21 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牧志市場 | トップ | 季節の鳥(冬) »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。