ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

季節の鳥(冬)

2011年01月07日 | 沖縄01自然風景季節

 11月下旬から12月にかけて、家の近辺、職場、散歩道、新都心の公園などでウグイスを多くみかけた。ウグイスは春の鳥だとばかり思っていたので意外に思った。
  今年の1月は寒い日が多かったのだが、地鳴きのチョッチョッチョッはずっと聞こえていて、異常な暖かさとなった2月になると、再び活発に飛び回るのが見えた。
 参考文献にもウグイスは留鳥とあるので、春以外の季節に飛び回ったって別に不思議では無いのだが、この冬はいつもより数が多いように感じた。あるいは、じつは、そう感じたのは錯覚で、冬は元々、ウグイスが活発に動き回る季節なのかもしれない。やがてやってくる恋の季節を待ちわびて、ワクワクしている季節なのかもしれない。
     

 冬の鳥としてはサシバが有名。サシバが勇壮に飛んでいるのを見ると、「あー、冬がくるんだなぁ。」と思う。サシバは本土で夏を過ごし、秋、南へ渡る。沖縄はその中継地となっている。中には、「もう疲れたぜ」と中継地で越冬する根性無しのサシバもいる。根性無しは少なくない。毎年、職場の近辺、末吉公園などで何羽も見かける。
 ところが今年は、サシバの姿が一向に見えない。今年は1度も目にしなかった。昨年の12月、明けて1月にはとても寒い日があった。「何だ、沖縄は寒いじゃねーか、もっと南へ行かなくちゃ。」とサシバたちは思って、沖縄には立ち寄らず、通り越していったのかもしれない。2月の異常な暖かさを、サシバたちは予想できなかったようだ。

  前回の冬、一昨年の12月頃に初めて知った鳥がいる。それまで食えない鳥には興味が無く、よほど身近なメジロ、スズメ、ハト、ヒヨドリなどの他、名前を認識できる鳥はほとんどいなかったのだが、HPを始めてからは、私もいろいろと覚えた。
 その時の鳥はシロハラ。シロハラは全くの冬鳥である。冬になるとやってきて、春になると去っていく。文献によると、沖縄へいるのは11月から3月にかけてとのこと。
 で、この冬もシロハラはきちんとやってきた。しかも今年は家の近辺、職場、散歩道、末吉公園などでとても多く見かけた。いつもより数が多い、と感じ たのはしかし、実際に数が多いのでは無く、私自身がそれに気付くことが多くなったからかもしれない。以前に比べて、私の鳥(に限らず植物、動物全般)に対する関心が強くなっていて、まあ、はっきり言って、自然の動きに敏感なオジサンになってしまったからかもしれない。

 私の生活している周りには多くの鳥がいる。以上挙げた他にも、シロガシラ、イソヒヨドリ、キジバトなどは普通にいつでもどこでも見かける。まれにだが、カラス、ズアカアオバトも見かける。これらは留鳥。ツバメも文献には渡り鳥で、沖縄には春と秋に多く見られるとあるが、冬も多い。私の感覚では年中たくさんいる。

 以上、自然の動きに敏感なオジサンになってしまった、かもしれない私が、一人で検討した結果、沖縄の冬鳥というと、その代表はシロハラということになった。
     
     

 記:ガジ丸 2009.2.25 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劣悪コンクリート | トップ | 鉄錆水 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。