ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ジーマーミドーフ

2011年04月02日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

  伝統の肴

 アパートの畑にはたいてい農協で買ってきた苗を植えている。1種につき2株くらいずつ植えている。アパートの畑はたくさん作るほどの広さはなく、また、食べる人は概ね私一人なので、たくさん作ってもしょうがない、などという理由からだが、ソラマメとエダマメは例外的に種を蒔いて、たくさん作っている。何故?・・・酒の肴だから。
 今年の5月、アパートの畑にラッカセイを植えた。畑をやり始めて十年以上になるが、ラッカセイを植えるのは初めて。そして、ソラマメやエダマメ同様に、ラッカセイもまた例外となる。去年、友人の脱サラ農夫Tの店から食べるために買ったラッカセイ、それがそのまま種になるとTから聞いていたので、十数個残してあったのだ。それを蒔いた。
 植えた落花生はすくすく育ち、数週間後には花を付け、4ヶ月経った今、おそらく実っている。実っているかどうか、じつは、掘ってみないと判らない。ということで先日、試に1株、掘り出してみた。1株に四十個余の莢を付けていた。思わず顔が緩む。
  ラッカセイは美味しい。蒸したり、焼いたり、塩茹でしたりして美味しい。1株から四十個の莢が収穫できるということは、十数株から15×40で、約600個の莢が収穫できる。大量だ。しかし、大量でも困らない。何故?・・・酒の肴だから。

 沖縄ではまた、酒の肴に適したジーマーミ豆腐なんて美味もある。ジーマーミ豆腐は祝いの席によく出され、「私がつくったのよ」と、自家製のものにもよく出会う。自家製のジーマーミ豆腐、せっかく大量に収穫できるので、私も作ってみようかと思う。が、料理の本を読むと、ちょっと手間がかかりそうである。それほどの手間をかけてまで食べたいと思うほど、ジーマーミ豆腐は私の好物にはなっていない。
 ということで、写真は市販のジーマーミ豆腐。黒色をしたタレをかけて食べる。タレは醤油と黒糖を主成分としたものだが、しょうが醤油でも美味しい。
      
      
 植物としてのラッカセイについては、本HPの「沖縄の植物」の「ラッカセイ」の頁に詳しく(と言っても、私のことなので適当に詳しく)書いてあるが、おさらい。
 ラッカセイ(落花生):マメ科の一年草
 開花、受精した後、地面に潜って莢を発達させることからラッカセイ(落花生)という名前。方言名のジーマーミは地豆という意味、地面の豆ということ。倭人は花を見て、ウチナーンチュは実を見てということ。ウチナーンチュは花より団子だ。
 沖縄ではジーマーミ豆腐になるが、アメリカ人はピーナッツバターにする。このピーナッツバターは沖縄の戦後食文化に深く浸透し、ミミガー(豚の耳の皮)といういかにも沖縄の素材が、ミミガーピーナッツ和えという料理になった。
      
 →植物としてのラッカセイ

 記:ガジ丸 2009.9.20 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビーフジャーキー | トップ | カルルロッシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。