ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ドバト

2011年04月11日 | 沖縄の動物:鳥

 賑やか好き

 倭国を旅するとカラスの多さに驚く。沖縄島では、カラスは中北部には多くいるが、私の住んでいる近所では、カラスはほとんどいない。最近、近所で1度だけ見たが、年配の人の話によると、はぐれカラスがたまに南部まで下ってくるとのことであった。
 倭国を旅するとまた、ドバトの多さにも驚く。いたるところにいて、市街地の大きな公園なんかに行くと、アリの群れほどのかたまりになっている。私の住んでいる近所ではドバトもめったに見かけない。沖縄にはドバトも少ない、というわけでは無い。

  那覇市の市街地にある公園(与儀公園、城岳公園、奥武山公園など)へ行くと、ドバトは、倭国ほどでは無いが、大きな群れになっている。那覇市の隣、南風原町の高架橋下でも群れているドバトを見ている。しかし、私の住んでいる首里では、石嶺球場(首里高校野球場)を除いてはあまり見かけない。首里には少ないのかと思って先日、末吉公園と首里城近辺を散歩した。どちらにもキジバトはいたが、ドバトはやはりいなかった。
 キジバトは近所にも多い。アパートや職場の周りでよく見かける。たいてい”つがい”なのだが、末吉公園には5、6羽の群れでいた。そういえば、那覇のドバトのいた公園ではキジバトを見なかった。もしかしたら、キジバトとドバトとの間には「棲み分け」があるのかもしれない。あるいはまた、キジバトは私に似て静かな環境を好み、ドバトは都会の喧騒や、高速道路下という騒がしい環境を好むのかもしれない。

 
 ドバト(土鳩)
 ハト目ハト科の留鳥 方言名:ホートゥ
 全長は30~35センチ。街中の公園や、高速道路の高架橋の橋桁の上などに群れをなして生活している。「ぽ、ぽ、ぽ、はとぽっぽ」のハト。あまりにもありふれているからか、参考にしている『沖縄の野鳥』には紹介されていない。『沖縄大百科事典』にハトの項目はあるが、ドバトもイエバトもその中に含まれていない。
 ドバトを広辞苑でひくと名前の由来があり、「堂鳩の転」とあった。また、「いえばとに同じ」とあったので、イエバトを見ると、「人家・社寺などに多い」とあった。「人家に多い」ということからイエバト(家鳩)、そして、「社寺に多い」ということからドウバト(堂鳩)となり、それが転じてドバト(土鳩)ということであろう。で、
 イエバト(家鳩)
 ハト目ハト科の留鳥 ヨーロッパから南アジアにかけて分布 方言名:ホートゥ
 広辞苑に「伝書鳩はその改良種」とある。伝書鳩とドバトに違いは無いと思っていたので、やはり、伝書鳩もドバトであったかと納得する。そこにはまた、「カワラバトを家禽化したもの」ともあった。カワラバトが基本種のようである。で、
 カワラバト(河原鳩)
 ハト目ハト科の留鳥 ヨーロッパから南アジアにかけて分布 方言名:不詳
 広辞苑に「イエバトの原種」とあった。「崖の岩穴などに巣を作る」ともあって、街に住むイエバト(=ドバト)とは生息環境が異なるようである。

 記:ガジ丸 2008.5.5 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カワセミ | トップ | バン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
壮絶に自爆したタレントさん (お仕事GOGO!!のブログ)
藤丸です。いやぁ本日もまったりと揺れております。原発は再び水温上昇ですか?たまりません。。。さて先日、タレントの神田うのさんが壮絶に自爆されました。神田うのが「16年前、阪神淡路大震災で死亡した被害者人数を賭けていた」という噂話に対して、オフィシャルブ