ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ボージョレヌーボー

2011年03月20日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 初物を初体験

 もう既に時効だと思うので白状するが、昔私は、密造酒を造ったことがある。個人で酒を造って、個人で楽しむことは、現在では法に触れることでは無いと思うが、私が学生の頃は犯罪であった。酒造法違反ということになったのである。
 米を蒸して、米麹と混ぜて、水に浸して醗酵させる。1週間ほども経つと部屋の中に酒の甘い匂いが立ち込める。どぶろくが出来上がったのである。匂いだけでも十分に満足するのであるが、どぶろくを掬って飲む。美味い!
 当時、美味い酒というのがあまり無かった。市販の、有名どころである大手酒造所の酒はどれも半端モノの酒であった。日本酒は甘ったるく、美味いと言える酒では無かった。酒が手につくとベタベタし、口の中もベタベタした。砂糖が入っているのである。

 戦争中(第二次世界大戦)、物資不足から日本酒がそれまでと変わった。普通に米で作った酒だけでは需要がまかなえず、その酒に醸造アルコールを混ぜ、その辛さを中和するために糖類を混ぜたのである。また、これは確かでは無いが、味を調えるために化学調味料を加えているということも聞いた。それが、戦争が終わってもずっと続いたのである。今でもそのような酒はある。瓶に書かれてある成分表を見てみるといい。そこには、米、米麹の他に、醸造用アルコール、酸味料、糖類などと書かれている。
 私が作った酒はもちろん、米と米麹だけの酒。これは美味かった。そして、私が密造酒作りをしていた頃から、巷でも純米酒とかいう酒が目に付くようになって、それは私の密造酒よりも概ね旨くて、で、私は日本酒好きになっていったのである。

  今年、私は初物を初体験した。酒は日本酒を好むが、泡盛も焼酎もウイスキーも何でも好きである。日常飲んでいる酒でもっとも多いのは泡盛であるが、その次に多いのは、実は日本酒でなく、ワインである。日本酒は値段の高いものを飲み、肴もある程度手間をかけている。その分、飲む機会が少なくなる。ワインは、たいていは安いもので、肴に手間をかけないことが多い。チーズとハムとサラダだけで済ませたりする。
 今年、私は初めてボージョレヌーボーなるものを飲んだ。1800円ほどのものであったが、それでも、いつも飲んでいるものの倍以上はする。久しぶりに、あーワインを飲んだなあという気分。美味しかった。流行りモノは嫌いなのであるが、これくらい美味ければ、来年からは毎年飲んでもいいかなー、などと思ったのであった。
      
 記:ガジ丸 2005.12.19 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島麦酒 | トップ | ストゥー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。