ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ストゥー

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 シチューの缶詰

 1945年から1972年までの永きに渡って、沖縄はアメリカ合衆国の統治下にあった。その間、米軍基地があることの弊害(土地の強制収用、騒音、事故、犯罪など)に苦しみ、また、ウチナーンチュに対する人種差別にも深く苦しんできた。日本国に復帰して今年で33年になるが、今なお、基地があることの重圧は厳しい。
 しかしながら、アメリカ合衆国統治下のお陰で良い事もたくさんあった。・・・なんて言うと、反戦反基地運動に尽力している方々には申し訳ないのだが、私も反戦反基地運動を支持する平和主義者なのであるが、「それでも、地球は回っている」のである。
 平和主義者らしいことを先に言っておくと、私が思う「アメリカ合衆国統治下における良い事」を、たとえば、その全てを集めたとしても、当時の不幸を補えるものではけして無いのである。千円出すからレイプさせろ、と言っているようなものである。
 と、私の平和主義振りを披露したところで、「アメリカ合衆国統治下における良い事」の一つを述べる。それは、ストゥーである。ストゥー?・・・って何?

  ウチナーンチュならほとんどの人が知っているストゥーを、倭人の多くは知らないと思う。ストゥーとはアメリカからやってきた缶詰のこと。食い物である。ポークランチョンミートのスパムやチューリップは倭人にも有名になっているが、じつは私は、スパムもチューリップも、子供の頃からあまり好きでは無かった。しかし、このストゥーは私の大好物であった。他の缶詰に比べて値段が高かったので、子供の頃はそう頻繁には食えなかったが、今はいくらでも食える。が、ほんのたまにしか食わない。子供の頃あんなに好きだったのに、金があったら毎日でも食いたいと思っていたのに・・・である。オ ジサンという年齢になって、肉の脂っこい、お腹に重い食い物がきつくなっているのだ。

 ストゥーとはビーフシチュー(Beef stew)のこと。アメリカ人がストゥー(stew)と発音していたので、沖縄では、シチューはストゥーとなった。野菜も、牛肉も、牛肉の脂もたっぷり入った栄養満点、カロリーたっぷりの缶詰。
 子供の頃、私の母は、この缶詰1缶にキャベツや白菜を混ぜて一家6~7人分のおかずにしていた。高かったのである。一人一缶なんてとんでもなかったのである。
 現在でも当時と同じ缶詰がどこのスーパーにも置いてある。値段はだいたい220円くらい。安売りの時で200円弱。今はそう高いものでは無い。
      
      
 記:ガジ丸 2005.12.20 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボージョレヌーボー | トップ | コンビーフハッシュ »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。