ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

キセキレイ/ハクセキレイ

2011年04月09日 | 沖縄の動物:鳥

 弘法筆を択ばず

  「弘法筆を択ばず」は「文字を書くのが上手な人は筆のよしあしを問わない。本当の名人は道具のよしあしにかかわらず立派な仕事をする。」(広辞苑)ということ。そして、逆に、「下手な人は、どんな良い道具でも下手には変わり無い」ということもある場合には当てはまるようである。「逆もまた真なり」ということである。
 今週は本稿の2種を含め5種の鳥類を紹介しているが、去年まで使っていた3倍ズーム付バカチョンデジカメで鳥の写真を撮ることは難しかった。鳥は用心深いものが多く、なかなか近づけなかったからだ。で、ガジ丸での鳥類の紹介はあまりできなかった。
 今年になって、12倍ズーム付デジカメを得、これからは鳥の写真も上手く撮れるぞ、鳥の紹介もいっぱいできるぞ、と期待した。ところがである。「下手な人は、どんな良い道具でも下手には変わり無」かったのである。
  カンムリワシの写真は旧デジカメで撮ったもの。不鮮明な写真で、「本当にカンムリワシ?」と疑われてもしょうがないようなもの。ただ、揺れるボートの上から撮ったということを情状酌量して欲しい。サシバもツバメも新デジカメで撮ったものであるが不鮮明。道具はいいのだが、私のカメラの腕が下手であるからということに他ならない。
 本稿で紹介するキセキレイは新デジカメで撮ったもの。ハクセキレイは旧デジカメで撮ったもの。どちらがそれと判りやすいかというと、ハクセキレイの方に軍配が上がる。まったく、「下手な人は、どんな良い道具でも下手には変わり無」かったのである。
 不鮮明な写真を載せるのはどうかと思ったのであるが、このぶんでは、いつ鮮明な写真が撮れるか分らないので、5種の鳥の紹介に踏み切ったわけである。

 
 キセキレイ(黄鶺鴒) 
 スズメ目セキレイ科の冬鳥 方言名:ジュウフィフィ
 セキレイは、スズメ目セキレイ科に属する小鳥の総称で、ハクセキレイ、キセキレイも含まれる。本種は胸から腰にかけて黄色なのでキセキレイ。方言名のジュウフィフィ、ジュウは尾のことであるが、フィフィが不明。火?か屁?か、などと考えたが理屈が付かない。セキレイの仲間は長い尾を上下に振る習性があり、その様がフィフィなのかも。
 夏季は九州以北にいて繁殖し、春から秋は沖縄にいる。沖縄での生息期間は9月から4月。農耕地や河川沿いなどの水辺に多いが、市街地でも見かける。波状に飛ぶ。
 全長21センチ。「チチチッ」と澄んだよく響く声で鳴くとのこと。
 ※追記(2011.3.27)、方言名のフィフィについて、年配の知人に訊いたところ、「振り振りだ」とのこと。言われてみれば確かに「尾を振るから」と納得。
 
 キセキレイ横から


 
 ハクセキレイ(白鶺鴒) 
 スズメ目セキレイ科の冬鳥 方言名:ジュウフィフィ、カーラチョンチョン
 背と胸は黒色だが、腹の部分が白色なのでハクセキレイという名。方言名はキセキレイと同じくジュウフィフィであるが、別にカーラチョンチョンという名もある。カーラは河原のこと、チョンチョンはポタポタ(滴の落ちる様)という意。河原でよく見る鳥で、長い尾を上下に振る様が、滴がポタポタ落ちるように見えたのかも。
 キセキレイと同じく沖縄で見られる時期は9月から4月。生息場所も同じく水辺であるが、キセキレイと違い海岸でも市街地の公園でも見られる。関東以北で繁殖。
 全長21センチ。鳴き声は「チャチャ、チィチィ、チュイチーチー」と『沖縄の野鳥』にあり、キセキレイに比べ少し濁った声とのこと。
 
 ハクセキレイのカップル
 この鳥はちょこちょこ歩いてはちょっと止まる。餌を探しているのかも。

 記:ガジ丸 2006.2.15 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンムリワシ | トップ | ダイサギ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。