ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

キョウジョシギ

2011年04月11日 | 沖縄の動物:鳥

 狂女では無く

 吉の浦を散歩している時に見つけた海鳥で、写真の撮れたものの内、何者か不明であった最後の一種が、何者であるかやっと判明した。
 シロチドリほどの大きさで形もまあまあ似ているので、チドリの仲間であろうと推理したのだが、私が愛用している図鑑、『沖縄の野鳥』には「ほぼこれで間違いなかろう」と思われるような写真が載っていない。で、しばらく不明のままだった。

  私の部屋にはもう一冊、『野鳥ガイドブック』という鳥の図鑑がある。『野鳥ガイドブック』は全国の鳥を載せていて、しかも、ページ数が少ないので、沖縄の野鳥を調べるには『沖縄の野鳥』だけで概ね十分であった。ではあるが、今回、念のためにと『野鳥ガイドブック』を開いてみた。すると、あった。キョウジョシギ。
 「おっ、狂女のようなシギってか?これは面白い。」と思ったが、名前の由来が同書には書かれていない。「キョウジョはしかし、狂女以外無かろう。」と思いつつ、念のために『沖縄の野鳥』を再度開く。あった。キョウジョシギ。
 キョウジョシギは夏羽と冬羽で色が違うらしく、私の写真は夏羽で、『沖縄の野鳥』の写真は冬羽のようで、で、写真を見ても同じものとは気付かなかったのだ。
 『沖縄の野鳥』に名前の由来があった。キョウジョは京女とのこと。京女は普通キョウオンナと読むので、キョウジョから京女は連想できなかったが、もちろん私は、狂女より京女が好きであることは言うまでもない。関係無い話だが。

 
 キョウジョシギ(京女鷸)
 チドリ目シギ科の冬鳥 方言名:不詳
 名前の由来は『沖縄の野鳥』にあって、「体色のカラフルな美しさが京女」とのこと。その『沖縄の野鳥』の写真よりは私の写真の方がカラフルだが、「冬羽は赤褐色を欠く」とあり、同書の写真は11月で、私の写真は6月。
 同書に面白い記述がある。本種の英語名はTurnstoneで、これは「石ころがし」という意味で、「小石や貝、海草をひっくり返して餌をとる仕草からきている」とのこと。私が見たときも、そういえば足元の石を突っついていた。
 ユーラシア大陸北部、北アメリカ大陸北部で繁殖し、日本には旅鳥として春と秋に見られ、沖縄には冬鳥としてやってくる。 
 全長22センチ、「海岸の干潟、砂地、海上の岩」などに生息するとあり、私は海岸の干潟で2度目撃している。胸の黒白模様が特徴的で、県内各地で見られる冬鳥。
 鳴き声、『沖縄の野鳥』に「ゲッ、ゲッゲッ、ゲレゲレ」とあるが、そんな楽しそうな鳴き声、聞いてみたいが、私はまだ聞いていない。
 
 胸の黒白模様がはっきり分かる正面からの写真。

 記:ガジ丸 2010.2.1 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チュウシャクシギ | トップ | ニワトリ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。