ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ソーミン汁

2011年04月04日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 ルーイぞうめん

 ウドンやソバのかけウドンやかけソバのように、茹でたソーメンに熱い出汁をかけたものを沖縄では(一般的かどうか?少なくとも私の周辺では)ソーミンジル(汁)と言う。正式には何と言うのかを調べると、『沖縄大百科事典』に「ルーイぞうめん」とあった。「ルーイぞうめん」と表記されているが、ウチナーグチ(沖縄口)では「そうめん」はソーミンなので、おそらく発音は「ルーイソーミン」だと思われる。
 『沖縄大百科事典』の「ルーイぞうめん」の説明は、「茹でたソーメンの上に豚肉、昆布、椎茸、薄焼き卵などを乗せ、熱い汁を注ぐ・・・(中略)・・・結婚式や誕生祝いなどめでたい時によく出される」であった。倭国のニュウメン(煮麺)に近いものかもしれない。私の母は、豚肉と鰹節で出汁をとって、塩と醤油で味付けした汁を使い、豚肉、椎茸、細切りした薄焼き卵、青ネギを乗せた。確か、何かの行事の時に出た。

  「ルーイソーミン」の「ルーイ」、私は初めて聞くウチナーグチ、何のこっちゃ?と思って調べる。ruuhwiが沖縄語事典にあって、「竜樋」と字があてられ、「首里場内、瑞泉門の下にある竜の形をした樋」とのこと。そこの水が大変美味しいとのこと。「そこの水のように大変美味しいから」なのか、その場所で宴会があり、そこで初めて披露された料理だからなのか、名前の由来は、資料が無く不明。
 ちなみに、「樋」とは、「水を導き送る長い管」(広辞苑)、または「とい」(〃)のことを言うが、沖縄語の「樋」は「樋川」の川を略したものと思われる。「樋川」はヒージャーと読み、「水の湧き出るところ」(沖縄語辞典)という意味を持つ。ルーイは知らなかったが、ヒージャーは山羊という意味で子供の頃から何度も耳にしていて、今でも普通に口から出る言葉だが、「水の湧き出るところ」という意味でもよく知っている。
 
 正式にはルーイぞうめんという名前だが、私も、私の親も、親戚も、友人知人の誰もルーイぞうめんと言ったことは無いし、聞いたことも無い。庶民の呼び名はソーミン汁、私の母もよく作っていた。母の作るソーミン汁は美味しかった。
  実家を出て一人暮らしを始めてからは、母のソーミン汁を食べる機会も減って、その存在も忘れかけていたのだが、今から3年前(2007年)、料理屋さんで、お口直しみたいにしてソーミン汁が出され、久々に食べた。見た目は母の作るソーミン汁と一緒、それなりに美味しかったのだが、母のものとは少し違う。何か一味足りない。
 今年9月の模合(正当な理由のある飲み会)は、メンバーのMTの家で行われた。MTの女房のMMは料理上手(若い頃から沖縄料理は上手かった、私の母には及ばないが)である。その日、彼女のソーミン汁が最後に出された。料理屋で出されたソーミン汁に負けない美味しさ、だけどやはり、母のものとは少し違う。何か一味足りない。

 母が三年前に、父が今年亡くなって誰も住む人のいなくなった実家に、お中元やお歳暮で頂いたソーメンがたくさんあった。ソーメンにも賞味期限がある。で、持って帰って、食べている。お陰で、芋食って生きて行こうという芋生活ができずにいる。
 9月以降、芋の代わりにソーメンを食っている。ソーメンをいろいろ工夫して食っているが、ソーミン汁も数回作った。豚肉から出汁を取り、カツオ出汁も加えて、塩と醤油で味を調えて・・・という母の作り方を真似て作っているが、何度やっても母のものとは少し違う。何か一味足りない。きっと何かコツがあるのだろう。今となっては遅いが、生きてる間に、主婦歴50余年の母の技を習っておくべきだった。
 
 

 記:ガジ丸 2010.10.24 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« てんぷら | トップ | シャカトウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。