ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

シャカトウ

2011年04月04日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 お釈迦様の頭

 金曜日の職場がある建物の2階には喫茶店があり、金曜日には概ね顔を出している。そこのお姉さん・・・というと誤解を生むかもしれないので正確に言うと、その喫茶店のママさんはオバーに近いオバサンで、従業員の一人Uさんも同じ歳、もう一人の従業員Tさんは若い、お姉さんと言っても何の問題も無い。しかし、今回言うお姉さんはオバーに近いオバサンであるUさんのこと、「お姉さん」と呼ばないと不機嫌になる。
 そんな話はともかく、そのお姉さんから去年の秋、シャカトウを頂いた。お姉さんからは夏にも果物を頂いている。夏の果物はパッションフルーツ、どちらも自分の庭でできたものとのこと。そんな世話になっているので、不機嫌にさせるわけにはいかない。
      
 さて、シャカトウ、初めて食べたのは十何年も前のこと。知人の庭に生っているのを頂き、その場で食べた。「割って食べる」と聞いて、そのようにする。果実は柔らかく、手で簡単に割れた。半分に割ると、果肉の中には黒い種がいっぱいある。・・・じつは、その辺の事は沖縄の草木『バンレイシ』にあるので、そこから引用する。

  「種は食えますか?」と訊くと、「食えない」と言うので、スイカを食べる時みたいに種ごと口に入れて、ペッ、ペッと吐き出すことにした。がぶっと齧りついて口の中に入れる。甘い。すごく甘い。香りも甘い。果肉はクリーミーで、まるでアイスクリームのような食感。こんな美味しい果物、他にはあるまいと一瞬は思った。であったが、種が多過ぎて、口の中でそれを選り分けるのは面倒な作業であった。しかも、果肉周りの袋が硬く、気になる。袋と種を選り分けて吐き出し、果肉だけを飲み込むのは至難の業であり、そうできるまでに5、6分はかかりそうに思われた。「えーいっ!鬱陶しい」と、果 肉を一口も飲み込まないまま、私は口に入れたものをそのまま吐き出してしまった。

 ということで、私のシャカトウ初体験は、舌で味わうことはできたが、飲み込むまでには至らなかった。さらに、果実の説明文が同記事にあるので引用。

 果実はデコボコした球形。小さな果実がいくつも集まった集合果といわれるもの。小さな果実にある果肉はクリーミーで非常に甘く、香りも高い。しかしながら、小さな果実にはそれぞれ種があるの で、結果、種が多く、また、小さな果実同士の間には膜があって、その膜はクリーミーとははるか遠く、口の中で気になる。
      
 ということで、食べるのが面倒なのは種だけのせいでは無く、膜のせいでもある。で、今回、喫茶店のお姉さんから頂いたシャカトウは、ちょっと食べ方を工夫した。などと改めて言うほどたいした工夫では無い。がぶっと齧りついて大量を口の中に入れるのではなく、少量ずつ食べただけ。少量だと、種をより分けるのにそう面倒は無い。舌で十分味わって、少量ずつだが果肉を飲み込み、そうやって、1個を完食した。
 まあ、甘さは予想通りの甘さ、クリーミーも予想通り、ただ、1個丸ごとの中に食える部分は少なく、それなのに食べるのに時間がかかった。面倒臭がり屋の私としては、果物食うならミカンやバナナの方がずっとマシ、という感想。
  しかし、その甘さは捨て難い。機械か何かで、果肉だけを絞り出して、それを器に入れて、スプーンで掬って食えるようになれば、大人気の果物になれるだろうと思う。

 ちなみに、シャカトーは釈迦頭(しゃかとう)の意。果実が釈迦(仏像)の頭に似ているところからきている。正式な和名はバンレイシと言う。
 また、シャカトウが食べ辛いというのは、私以外にも多くの人が思ったようで、食べやすく品種改良されたアテモヤという果物もある。
      
 バンレイシ(蕃茘枝):果樹
 バンレイシ科の常緑中木 中央アメリカ原産 方言名:シャカトー
 →植物としてのバンレイシ

 記:ガジ丸 2011.1.10 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソーミン汁 | トップ | イチジク »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。