ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

モロミ酢

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 泡盛の副産物

 「発泡酒の次は発泡酢が流行るぞ」って言って、酢の炭酸割り飲料を発明したシバイサー博士であったが、発泡酢が流行っているなんて、未だに噂も聞かない。
 一方、モロミ酢は、健康に良いということで昨今大流行。だが、私はその味があまり好きでは無い。去年、試しにと1本購入したが、全て使い切るのに時間がかかった。不味いのである。まるで、苦い薬を飲むかのような我慢を要した。

  泡盛の造り酒屋の傍を通ると甘い匂いがする。高校の頃、学校の近くにいくつかの造り酒屋があり、通学の途中などでその匂いがした。私はその匂いを嗅ぐのが好きであった。それがたぶん、モロミの匂いなのである。モロミとは、諸味、または醪と書き、「醸造して、まだ粕をこさない酒または醤油」(広辞苑)のことを言う。モロミ酢のモロミはそれと少し違っていて、こした後の酒粕を原料として作られたもの。
 泡盛も米(シャム米)から作られているので、日本酒と同じように酒粕ができる。酒粕のことをウチナーグチではカシジェーと言うが、カシジェーは養豚飼料として使われ、また、カシジェーエーイ(粕を使った和え物)にも利用された。クエン酸が主成分で、アミノ酸及びビタミン類を豊富に含み、健康に良いと言われている。「健康に良い」が昨今の健康ブームに乗り、今大人気のモロミ酢が作られたようである。

 ちなみに、私は食った経験が無く、また、実物を見たことも無いが、カシジェーエーイとは、カシジェー(酒粕)を煮立てて、砂糖、塩、ダシなどで味付けし、キュウリ、モヤシなどの野菜や、煮た魚などと和えたものをカシジェーエーイと言う。エーイと気合を入れて作るものだからエーイと言うのでは無く、「和える」をウチナーグチでエーユンと言い、それが変化してエーイとなると、「和えたもの」という意味になる。モロミ酢は好みで無いが、このカシジェーエーイには興味がある。食ってみたいと思う。
      
 記:ガジ丸 2006.3.28 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A1ソース | トップ | カニステルとサポジラ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。