ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ミドリグンバイウンカ

2014年09月05日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 爽やか色の小さな虫

 今(9月1日)、沖縄はまだまだ夏、9月一杯は「熱いぜ!」と怒鳴りたくなる夏が続く。梅雨明けして1週間から10日ほど過ぎて、本格的な夏になって、春にわんさかいたゾウムシ類、サルハムシ、テントウムシ類は少なくなったが、バッタ類がそれをカバーするかのようにぐんと増えた。私が知っているもので、一番に目立つものはタイワンツチイナゴ、これは大きいので目立つ、その他、クルマバッタ、マダラバッタ、ショウリョウバッタなどはその数の多さで目立つ。他にも多くのバッタ類がいるが、何者か不明。

  ミドリグンバイウンカ、淡い緑色をした小さな虫だが、形に特徴があり、体の色が見た目爽やかで、顔に着いたとしてもちっとも気にならない虫で、梅雨の頃よく目にした。参考文献には「成虫の出現は6~10月」とあるので、今も畑のどこかに生息しているかもしれないが、ところが、梅雨明けして暑くなってからは目にしていない。
 あんまりわんさかいるバッタ類に住処を追われているのだろうか?あるいはまた、彼らはオジサン(私のこと)同様、暑いのが苦手な体質かもしれない。ひょっとしたら、「いやいやいや、沖縄の夏って、俺の遺伝子記憶によると、昔はこれほど暑くはなかったぜ、ご先祖様たちは夏の間も畑のあちこちで元気に動き回っていたぜ」かもしれない。
 オジサンも感じている、年々夏の暑さが増していることを。「あんた、それは違うぜ、あんたが暑いって感じているのは年取ったせいもあるぜ」なのかもしれないが。

 
 ミドリグンバイウンカ(緑軍配浮塵子):半翅目の昆虫
 グンバイウンカ科 本州~南西諸島、台湾、中国などに分布 方言名:不詳
 漢字表記の浮塵子は広辞苑にあった。それから想像すると、「宙に浮かぶ塵のように小さなもの」となる。ミドリグンバイの由来については資料が無く不明だが、翅の形が軍配形をしているのでグンバイ、体が淡緑色をしているのでミドリなのであろう。
 体長は6~7ミリ。本州~南西諸島に分布するが、南西諸島での分布の詳細があり、奄美大島、沖縄島、南北大東島、宮古島、八重山諸島とのこと。南西諸島の他に、小笠原にも分布するとのこと。「沖縄では数は少ない、大東島には多い」と文献にあったが、私の畑では5月下旬から6月上旬にかけて数度目にした。成虫の出現は6~10月。
 体は淡緑色をしていて、翅は透明でその淡緑色が透けて見える。翅も淡緑色を帯びており、前翅の脈は緑色をしている。見た目爽やかで、農夫の害にもならない。
 寄主は、「本土ではクワにつくと言われている」とあり、沖縄では「シマグワ?」と?マークがついており、はっきりしていないようだ。畑ではハマイヌビワの葉上にいた。

 記:2014.9.1 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供の心は空を飛ぶ | トップ | イソカネタタキ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。