ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ジーマーミ

2011年03月28日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

  新ビールのつまみ

 10月のある日、近所の、地産地消のコーナーがあるスーパーへ買い物へいったら、その地産地消のコーナーに生ジーマーミ(地豆=落花生)があった。莢付だった。子供の頃の微かな記憶だが、祖父が家の庭にジーマーミを植えてあって、その収穫を手伝った覚えがある。生ジーマーミを見るのはその時以来。さっそく購入する。
 購入はしたが、さて、それをどう調理すれば良いかが分らない。参考文献には調理法まで載っていない。で、ネットで検索する。
 産地では莢ごと茹でて食しているとある。そういえば2、3年前(写真があった、2006年の9月) に、伊江島産莢付ジーマーミを同じスーパーで購入している。その袋には茹でジーマーミと書かれてあり、確かに茹でられてあった。
 ということで、私も茹でて食すことにする。ネットには「40分間茹でる」とあったので、その通りにする。「40分は長い、ガス代が勿体無い。」と思いつつ、茹で上げる。ネットにはまた、「莢ごと食べられる」とあったので、その通り、莢ごと齧る。しかし、莢は筋が多く、たいして美味くも無く、食って食えないことは無いかもしれないが、私は食えなかった。すぐに吐き出した。莢を剥いて食べる。
 伊江島産莢付茹でジーマーミを食った時は、茹でられたジーマーミは、予想したとおり水分を多く含んでおり、特に美味とは感じなかった。「炒った方がカリカリして美味しいのでは。」と思った。がしかし、茹でたて莢剥きジーマーミは美味だった。「エダマメ、ソラマメに匹敵する美味いビールのつまみ新発見!」という感想を持った。
 
 ジーマーミ、予想以上に美味かったので、近所の、地産地消のコーナーがあるスーパーへ再び生ジーマーミ(糸満産)を買いに行く。が、もう、無かった。旬が終わったみたいである。ところが、その2週間後、10月末、脱サラ農夫Tの店を訪れる と、莢の剥かれた生ジーマーミがあった。面倒な莢剥きが省ける。1袋購入する。
 Tによれば、ジーマーミの収穫は8月から9月とのことで、今売っているものはその時に収穫して、莢を剥いたものとのことであった。『沖縄園芸百科』を見ると、2月下旬から3月に植え付け、7月頃収穫とある。Tの情報とは少し違う。まあ、4月に植えれば8月、5月に植えれば9月の収穫ということなんだろう。
 
 Tから購入した莢剥き生ジーマーミ、蒸した方が美味いのではないかと予想し、蒸してみた。茹で時 間は40分だったが、蒸時間は12分とした。食に対する私の感性は正しかった。莢剥き蒸ジーマーミは美味かった。

 ラッカセイ(落花生):豆類
 マメ科の一年草 南アメリカ原産 方言名:ジーマーミ
 開花、受精した後、地面に潜って莢を発達させることからラッカセイ(落花生)という名前。方言名のジーマーミは地豆という意味、地面の豆ということ。
 世界中で広く栽培され、豆類の中では大豆に次ぐ生産量とのこと。日本では関東地区の千葉県、茨城県が有名で、沖縄では宮古島や伊江島などが特産地となっている。
 
 
 
 →植物としてのラッカセイ

 記:ガジ丸 2008.12.15 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パパイア | トップ | 三枚肉 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。