ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イシガキトカゲ

2011年04月28日 | 沖縄の動物:両性・爬虫類

 懐かしの見た目

 「八重山スケッチの旅」で西表島ジャングル探検をした時、縦に白線の入った、尾の青いトカゲを見た。名前は忘れたが子供の頃には何度もお目にかかっているトカゲ、ヤンバル(沖縄島の北部地方の俗称)の親戚の家でも、南風原(那覇市の東隣の町、私が子供の頃は畑の広がる田舎)の親戚の家でも頻繁に見たトカゲ。色模様がきれいなので見間違いなどでは無い。確かに、沖縄島でも昔はどこにでもいたトカゲであった。
  そういえば最近、というか、ここ20年以上も見ていなかったことに気付く。沖縄島のヤンバルに行けばまだたくさんいるかもしれないが、私の住む首里近辺では、あるいは実家のある泊近辺ではもう緑が少なくなって、住み辛くなったのかもしれない。などと思いながら図鑑を開いて名前を調べる。イシガキトカゲであった。

 沖縄島にもたくさんいるというのに名前はイシガキトカゲ、何故か。図鑑にはオオシマトカゲ、オキナワトカゲ、イシガキトカゲと色模様の似たトカゲが3種あった。それぞれ奄美大島近辺、沖縄島近辺、石垣島近辺に生息する亜種なのだそうである。
 オキナワトカゲも縦に白線の入った、尾の青いトカゲであるが、成長するとその色模様は消えるらしい。懐かしの見た目は、オキナワトカゲの子供であったようだ。

 
 イシガキトカゲ(石垣蜥蜴)
 トカゲ科の爬虫類 石垣島、西表島に分布する固有種 方言名:不詳
 石垣島で最初に発見されたのでイシガキと名がつく。沖縄諸島にはオキナワトカゲ、奄美諸島にはオオシマトカゲという種があり、本種と色形が似ている。
 文献に7本の白い縦線があると書かれてあったが、写真のものは5本しかない。それでもイシガキトカゲ。本種は住む場所によって色や模様が微妙に変わるそうで、山地のものは白線が5本になるとのこと。成長によっても色が変わるらしい。
 体長15センチ前後の小型のトカゲ。石垣島、西表島の林内では普通に見られる。

 記:ガジ丸 2005.12.16 →沖縄の動物目次
 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キノボリトカゲ | トップ | オキナワトカゲ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。