ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

強力な暖房器具

2007年05月11日 | ガジ丸通信-社会・生活

 今年(2005年)も沖縄は暖冬で、部屋の中ではパンツ姿だ、という内容の別項「トタン屋根の上の太鼓叩き」を書いたのは1月29日。確かに、その日の前後は暖かくて、散歩に出ると、少し汗が滲むほどであった。その暖かさは31日まで続いた。
 ところが、南国沖縄も突然、この2月1日から寒くなった。全国的に寒くて九州四国でも雪が降ったらしいが、のんきな私もまた、今季初の冬の動きをいくつかやった。

 部屋には5箇所の窓がある。その5箇所の窓全てを冬でもほんの少し開けている。タバコ吸うので換気の意味もあるが、基本的に外の空気を私は好んでいる。それらの窓の隙間を今期初めて、全て閉じた。夏場は38度、春秋には39度に設定してあるシャワーの温度を、これもまた今期初の40度に上げた。羽毛掛布団1枚の寝具にタオルケット(毛布を掛けるにはまだまだ)を加えた。そして、焼け石に水でしかない小さな温風ヒーター以外の暖房器具、私の部屋にある最も効果のある暖房器具を、今期初めて使用した。
 窓の隙間を全て閉じても、築40年になろうかというアパートの古いサッシなので、目張りしない限り隙間風は入る。ビュービューとは入らないが、ジワジワとは入ってくる。だから、室内の気温は外とあまり変りが無い。「うーーー、さぶっ」と口にしながら夜の数時間を過ごす。我慢は十分にできる。なぜなら、その後には春のような暖かい眠りが待っているからだ。最も効果のある暖房器具、それは、布団乾燥機。
 寝る前の1時間ほども布団乾燥機をかけておくと、敷布団も掛け布団もすごく暖かい。冷えた体をその中に潜り込ませると、思わず笑いが出るほど、ついでに涎(よだれ)が出るほど気持ち良い。「うーーー、さぶっ」と口にしながら旨い酒を飲み、美味い肴を食い、ほろ酔い気分になったところで暖かい布団。寒い冬にはそんな幸せが、私にはある。
 2月1日からの寒さは、2日間、一昨日で終わった。昨日、シャワーの温度は39度に戻り、窓は少しずつ開けられ、タオルケットはベッドの傍に丸められた。全国的には寒さが続いていて、雪国の人は大変な思いをしているようだが、冬来たりなば春遠からじ、などとも言う。ぬるま湯に浸かった状態の沖縄からだが、新潟の人、頑張ってね。

 記:2005.2.4 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僧三句の空 | トップ | 粗忽塚 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。