ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ピタンガ

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 赤くならないピタンガ

 去年までほとんど実をつけることの無かった職場のピタンガ(タチバナアデク)に、今年はたくさんの実がついた。私は一ヶ月ほど前にそれに気付き、大きくなるのを見守りつつ、赤くなるのを待ち続けた。ところがその実、緑色から白っぽくなって、鮮やかなオレンジ色にまではなるが、いつまでたっても赤くならない。オレンジ色の時点で、鳥か何かに齧られた跡がついてしまう。「どーゆーこと?」と不思議に思い、調べた。

  タチバナアデクと和名がついているのは2種あった。
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』はピタンガという名に、別名としてタチバナアデクと記されており、『沖縄植物野外活用図鑑』にはタチバナアデクと名があって、括弧の中にピタンガという名が書かれてあった。そして、どちらも学名はEugenia uniflora L.
 『沖縄園芸植物大図鑑』はタチバナアデクと名があって、別名にピタンガとあり、これの学名はEugenia michelli Lamarck。
 学名Eugenia uniflora L.の果実の色は深紅色で、学名Eugenia pitanga Kiaerskの果実の色はオレンジ色、両者とも大きさは25ミリ内外で、カボチャ型をしている。職場のものは、したがって、後者のEugenia pitanga Kiaerskということになる。

  職場のピタンガ、オレンジ色で十分熟しているということだ。もいで、食べた。同僚たちの話では、ピタンガに近い大きさで赤い実のアセローラの方が美味しいとのことであったが、それはアセローラと同じく赤くなる方の、学名Eugenia uniflora L.の実と比べての話である。オレンジ色のピタンガを、同僚の誰も食った経験は無い。
 さて、その味、アセローラと比べて、甘みも酸味も少ない。つまり、パンチが効いていない。水分は十分、滴り落ちるほどに含んでいるので、酸味が少ない分食べやすいではある。が、別に食わなくてもいいか、という感じ。香りはあるので、文献で紹介されている通り、ジャムなどに加工すると良いかもしれない。食感はアセローラに似る。
 アセローラと比べたが。アセローラはキントラノオ科で、ピタンガはフトモモ科。
      
      
 →記事(植物としてのピタンガ)

 記:ガジ丸 2006.4.21 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 玄米 | トップ | アセローラ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。