ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ツナ缶

2011年03月20日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 トゥーナー

 職場での私の仕事はほとんどがパソコンによる作業となっている。パソコン作業は目が疲れ、肩がこる。で、1時間に1回は10分ほどの休みを取っている。外に出て、肩を回したり首を回したりのストレッチをやっている。今日(11月1日)、4時半頃の、その日最後のストレッチをやっていたら、見知らぬ女の人二人(残念ながら若くは無い、が、優しそうな顔立ちのお姉さん二人)に声をかけられた。

 「あのー、隣のものですが、私たちのところからお宅の裏庭にあるパパイアが見えるんですが、その実がたくさんなっていて、それが収穫されずに、熟してどんどん落ちていくのを見て、勿体無いなあと思って・・・」と言う。彼女らの言っていることの、言葉にしなかった「・・・」の部分の意味が、私にはすぐに解ったので、
 「あー、そうですか。向こうは木が茂っていて、こちらからは見えなかったですね。どうぞ、いいですよ。好きなだけ持って行ってください。」と私は、パパイアが私のものでは無いのにも関わらず、勝手にそう応える。しばらくして彼女らは、大きなものはラグビーボール(形がそれに似ている)の1.5倍くらい、小さなものはラグビーボールの半分くらいのもの十数個を2つの籠に入れて、私のもとへ持ってきた。
  「たくさん採れました。どうぞみなさんでも分けてください。」と彼女らは勧めるが、
 「いやいや、みなの分はいいですよ。私の分だけ1個頂きます。」と私は言い、小さなものを1個だけ取る。事務所には社長、部長に若いMの3人がいたが、3人とも子供の口(カレー、ハンバーグ、焼肉といったものが好き)なので、沖縄の伝統料理パパイアは好まないのだ。よって、あとで文句を言われることは無い。

 持ち帰った1個のパパイア、小ぶりとは言っても、メロンほどの大きさはある。その半分をシリシ リーにして、どんぶり1杯の量。炒めて、トゥーナーと魚肉ソーセージを加え、酒、みりん、醤油で味付けしてできあがり。上出来だった。前に作ったパパヤイリチーに比べると数段上。やはりシリシリーにすると柔らかくなり、食感も良く、味も十分染みたのであろう。料理屋で食うものより旨い、と自画自賛する。
 倭人には耳慣れないかもしれない言葉が二つある。シリシリーについては「ニンジンシリシリー」に詳しく書いてある。もう1つ、トゥーナーって何?と思う方もいらっしゃるだろう。トゥーナーは英語のTUNA、日本語読みするとツナ。トゥーナーの方がツナより英語の発音に近い。ウチナーンチュはシーチキンのことを60年(確認はしていないが、たぶん、ツナ缶は戦後すぐ、ポークランチョンミートなどとともに米軍によってもたらされた)前から知っており、食べてきた。そして、それをトゥーナーと呼んだ。
      
      
 記:ガジ丸 2005.11.1 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイナップル | トップ | アテモヤ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。