ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オオジョロウグモ

2011年05月06日 | 沖縄の動物:クモ類・その他

 家の外の大きなクモ

 ジョロウグモは漢字で女郎蜘蛛と書く。男としては当然、女郎が気になる。時代劇などを観ているとたびたび耳にする女郎、「岡場所」やら「吉原」とかの女郎、この女郎はつまり、遊女のことで、遊女のような蜘蛛とはいったいどういうことかと気になる。
  女郎には遊女とは別の意味があるかもしれないと思って、改めて広辞苑をひく。別の意味があった。第一義は「身分のある女性」であった。次に「若い女。また、広く女性をいう」で。三番目に「傾城けいせい。遊女」があった。

 そこで、私の興味は女郎からいったん離れる。遊女と併記されている「傾城」とはいったい何ぞや?となる。城を傾けるとは穏やかではない。で、再び広辞苑。
 傾城とは1に「美人」、2に「遊女。近世では、特に太夫を指す。」とあった。城を傾けるのが何故 「美人」なのかについての記載もあった。そのまま引用する。
 漢書「一顧すれば人の城を傾け、再顧すれば人の国を傾く」(美人が色香で城や国を傾け滅ぼす意。)とのこと。一目見ただけで城を傾けるほどの美人ってすごい。
 そんな美人と併記される遊女、遊女はだから、蔑んだ言葉では無いかもしれない。女郎もまた同じで、「魅力的な女性一般」を指すのかもしれない。ジョロウグモの雌は大きくて、体の模様も目立つ。それは「魅力的な女性」といえるかもしれない。

 
 オオジョロウグモ(大女郎蜘蛛):クモ目の節足動物
 コガネグモ科 琉球列島、台湾、インドなど熱帯、亜熱帯各地に分布 方言名:クブ
 女郎というと遊女、しか私は連想しなかったが、念のため広辞苑をみると、遊女の前に「身分のある女性」、「若い女性」などの意味があった。ジョロウグモは黒地に黄色の模様がある。黒と黄色の組み合わせは警戒色であり、よく目立つ。ジョロウグモのジョロウの由来が、容姿に目を惹かれてうっかり触ろうもんなら怪我するよ、ということなら、遊女よりも「身分のある女性」や「若い女性」の方が当てはまるかもしれない。
 本種はジョロウグモよりずっと大きいのでオオ(大)が付く。体長では日本最大のクモとのことで、雌は45ミリ内外もある。雄は小さく、8ミリ内外で、 「成熟した雄は雌の網の中で生活している」らしい。雌に養われているようだ。
 ジョロウグモはあまり見ないが、オオジョロウグモはちょっと田舎へ行けば多くいる。私の住む首里石嶺にもいて、末吉公園でもよく見かける。写真も何枚か撮っているが、それぞれ体の模様が違う。「雌の体色にはいろいろな変異がある」とのこと。
 
 腹側
 
 背側2

 ジョロウグモ(女郎蜘蛛):クモ目の節足動物 ※写真無し
 コガネグモ科 本州以南、琉球列島、台湾、東南アジアなどに分布 方言名:クブ
 広辞苑には女郎蜘蛛の他、絡新婦という漢字も充てられていた。新婦とは言うまでも無く、結婚したばかりの女性のこと。「絡む」は、蜘蛛なので糸で絡めるということなのだと思うが、絡める相手は獲物だけでは無いようだ。新婦は夫も絡めるようだ。「成熟した雄は雌の網の中で生活している」とのことである。
 絡める雌の体長は20ミリ内外、絡められる雄は8ミリ内外、女性上位ということに疑いは無い。さらに一婦多夫性とのこと。夫たちは妻に養われ、奉仕する。
 その他、「幼体とは成体とでは色彩斑紋がかなり異なる」とのこと。
 「幼体時は雌も雄も同じような色彩をしている」とのこと。

 記:ガジ丸 2010.2.8 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミナミトビハゼ | トップ | チブサトゲグモ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。