ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ミナミトビハゼ

2011年05月06日 | 沖縄の動物:魚貝類

 トントンミー

 トントンミーとはウチナーグチ(沖縄口)で、干潟や浅い潮溜まりにいてピョンピョン飛び跳ねる小さな魚のことである、ということを子供の頃から私は知っている。子供の頃から近場の海でよく目にしていて、トントンミーという名前も、その飛び跳ねる姿にピッタリ合っていてすぐに覚えた。姉の親しい友人にトントンミーという渾名で呼ばれていた人がいた。女子である。よく飛び跳ねる人だったのかもしれない。

 トントンミーとは和語でトビハゼのこと。それも子供の頃に知ったと思う。トントンミーは飛んでいる 様の擬態的表現で、飛びハゼは直接的表現、どちらも解りやすい。
 トビハゼのことを子供の頃からトントンミーと呼んではいたが、それが正しいのかどうか今回改めて調べてみた。沖縄語辞典にあった。トントンミーは確かにトビハゼのことでもあるが、もう一つ、「水切りのこと」ともあった。「水切り」とは、「水面に小石を水平に近く投げ、石が水の上を飛びはねて進むのを興じる遊戯。」(広辞苑)のこと。

 トビハゼは砂や泥の上をピョンピョン飛び跳ねるが、浅い水面の上でもよく飛び跳ねている。水切りのように見えるといっても間違いでは無い。参考文献の一つに、「干潮時にはマングローブの根元・・・満潮時にはマングローブの枝の上にとまっています。」とあった。木の枝にとまっているところもぜひ見てみたい。

 
 ミナミトビハゼ(南跳鯊):海産の硬骨魚
 ハゼ科の海産硬骨魚 方言名:ハーグヮー、トントンミー
 トビハゼが広辞苑にあり、跳鯊と書いて「胸びれは丈夫で干潟を歩くことができる。驚くと跳んで水中に逃げる。南日本沿岸に産。」などとある。本種はより南方に生息するのでミナミ(南)がつくものと思われる。方言名のハーグヮーは、私は初めてこの名を知ったが、ハゼ科のいくつかの総称のようである。
 方言名のもう一つのトントンミー、これは子供の頃から耳に親しんでいる。沖縄語辞典によると、トントンミーはトビハゼの総称で、「地上をトントン飛んでいくので」とのこと。同書には無かったが、私の感覚としてはミーにも意味がある。ミーはウチナーグチで目のこと。トントン飛び跳ねる目ん玉ということだと思われる。
 「水の中にいるのが苦手」とのことで、私の経験でも浅瀬の砂の上にたいていいる。近付くと水の上を飛び跳ねながら逃げ、水にはあまり潜らず、砂の上に止まっている。
 体長7センチ、生息場所は干潟。「小動物を捕らえて食べる」とのこと。
 
 横顔 何とも眠そうな目。

 記:ガジ丸 2009.10.25 →沖縄の動物目次
 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『沖縄釣魚図鑑』新垣柴太郎・吉野哲夫著、新星図書出版発行
 『水族館動物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団監修・発行
 『磯の生き物』屋比久壮実著・発行、アクアコーラル企画編集部編集
 『沖縄海中生物図鑑』財団法人海中公園センター監修、新星図書出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベニシオマネキ | トップ | オオジョロウグモ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。