ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

チブサトゲグモ

2011年05月06日 | 沖縄の動物:クモ類・その他

 セミ撮りに使われたクモ

  子供の手に握りやすい細さの、長さ1~2mほどの竹、その先端を10センチばかり2つに割いて、先を広げ、間に10センチばかりの竹片を挟む。そうすると竹の棒の先は、一辺が10センチほどの正三角形となる。別に正三角形でなくても、一辺が10センチでなくてもいいが、とにかく、竹の棒の先に三角形の面を作れば良い。
 蜘蛛の巣を探し、その三角形の面で蜘蛛の糸を絡める。2つ、3つの巣を絡めると、三角形の面にはくまなく蜘蛛の糸が張り付くようになる。
 蜘蛛の糸がびっしり絡んだ竹の棒を持ち、今度はセミを探す。竹の棒が届きそうな場所にいるセミ を見つけたら、そっと竹の棒を伸ばし、蜘蛛の糸の絡んだ三角形でセミを捕らえる。その竹の棒を何て言っていたか思い出せないが、子供の頃よくやった遊びだ。

 竹の棒に絡める蜘蛛の巣はほぼ決まってクーバーであった。クーバーとはウチナーグチでクモの総称であるが、我々がその頃そう呼んでいたのはある一種のクモ、和名は今回調べて初めて知ったが、チブサトゲグモ。クモといえば屋内ではアシダカグモで、屋外ではチブサトゲグモしか思い出せないくらい、その頃はたくさんいた。

 
 チブサトゲグモ(乳房棘蜘蛛):クモ目の節足動物
 コガネグモ科 九州以南、琉球列島、台湾、インドなどに分布 方言名:クーバー
 名前の由来は『沖縄大百科事典』に、「腹部周縁の3対の蕀状突起は先端部がとがり乳房状である。和名はこの形状にある。」とあった。私の撮った写真を見ると確かに、根元から円錐状に盛り上がり本体、先端部でもう一段盛り上がりがあって乳輪、先端は小さな棘となって乳首みたいになっている。鏡餅のミカンが円錐になったみたいな形。
 木の枝だけでなく、人家の軒先などにも巣を張る。で、最もよく見かけたクモの一つ。見かけたと過去形なのは、私が子供のころは実家のある那覇市の市街地でも多く見たのだが、最近、実家の周辺でも、割りと田舎である私の住まいの周辺でも見ることがない。ただ、田舎に行けば、今でもよく見かけるクモの一つである。
 体長は雌10ミリ、雄4ミリ。体の色彩斑紋にさまざまな変異がある。
 

 記:ガジ丸 2010.2.15 →沖縄の動物目次
 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオジョロウグモ | トップ | アシダカグモ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。