ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

やぶれまんじゅう

2011年03月25日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 はち切れそうな脳

 私の机の上には何やら書いてある紙が、常時数枚ある。気付いたこと、調べなければならないことがいくつも書かれてある。それらのメモは定期的に整理され、済んだことは消され、まだなものは新たな紙に記入され、それが机の上に置かれる。そうやって私の作業は何とかかんとか、少しずつ進んでいっているのである。メモが無ければその進み具合もずっと遅れるであろう。記憶だけには頼っていられない。私の脳は衰えている。
 パソコンを購入して2年半になるH、まったく進歩していないわけでは無い。ネットのサイトを見るのは上手になった。であるが、私がいる間、彼がパソコンでやっていることといえばそれだけである。ワードやエクセルを開いたり、HP作成ソフトをいじったりしているのを見たことは無い。メールさえほとんどやらない。彼もまた、自分の脳味噌が衰えていることに気付き、彼の場合は、努力しても無駄、と開き直っている。

 2個買って1個しか食えなかった”のまんじゅう”の残りの1個を土産に、先週の土曜日、Hの店へ行った。店には彼の女房のE子と、昔は美人だった、今でもそれなりのAE子がいた。衰えた脳味噌を持った4人でしばしユンタク(おしゃべり)する。
  土産の”のまんじゅう”の話から、首里高生のおやつ”山城まんじゅう”の話になり、そして、”やぶれまんじゅう”の話になった。”山城まんじゅう”について、私はそほどの思い出も無く、美味しかったという記憶も無い。が、”やぶれまんじゅう”についてはよく知っている。ケーキの甘さは苦手な私だが、アンコの甘さは好物である。”やぶれまんじゅう”は皮が薄く、その体積のほとんど、9割以上がアンコでできていた。祖母がよく買ってきてくれて、子供の頃から慣れ親しんでいる饅頭であった。
 ”のまんじゅう”もアンコの量は多い。全体に大きく、皮が厚いので、アンコの比率は5割ほどであろうか。”やぶれまんじゅう”と”のまんじゅう”を見比べていたら、子供の頭と年取った頭みたいだと思った。子供の頭には脳味噌がはち切れそうなほどに詰まっている。衰えた頭は脳が萎縮して、その分皮が厚くなっている。

 やぶれまんじゅう、沖縄の食い物かと思っていたが、宮崎や鹿児島など南九州の名産らしい。そういえば、やぶれまんじゅうは和語である。ウチナーグチ(沖縄口)では無い。沖縄のものであれば、パップギ(はち切れる)まんじゅうとかいう名前になろう。
      
 記:ガジ丸 2006.8.30 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キセル | トップ | やまぐすくまんじゅう »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。